Apple AirPodsは ¥7,800!くらいの衝撃が欲しかった

ついに発表された Appleのワイヤレスイヤホン「AirPods」
スペック等を考慮すれば納得のできる価格ですが、これを「適正」と感じられる人が どこまでいるのか。

本体に付属しているワケでもないし、普通に高い。デザインもイマイチだし、わざわざ AirPodsを選択する必要性が感じられない。岩崎の周りでも、そういった意見が多いです。

見た目の問題は別としても、より多くの人にワイヤレスの良さを知ってもらう絶好の機会。
iPhone 7 で、せっかくイヤホンジャックを廃止したワケだし、このタイミングで iPhoneユーザーの大半がワイヤレスを利用するようなインパクトを、Appleには実現して欲しかったです。

Apple AirPodsは ¥7,800!くらいの衝撃が欲しかったのメインビジュアル
EARINから比べれば、充分にお手頃価格ではあるのですが、、、一般的にみれば、まだまだ高額と言わざるを得ない…。

AirPodsは 身近であってほしかった

同封の「Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」。

iPhone 7 購入者の半分が、AirPodsを利用するような状況が実現したとすれば、まさにヘッドホン(イヤホン)の革命だったなと。

“さらばイヤホンジャック”的な記事も見かけましたが、現時点では 単に「iPhoneのイヤホンジャックが廃止になった」というだけなので、まったく さらば感がない。
大半の人が同封の変換アダプタを利用し、イヤホンジャックを利用し続けることが目に見えています。

「イヤホンジャックが廃止された…」ではなく、「ワイヤレスが便利だ!」という意識の変化を起こすためにも、AirPodsの価格破壊は必要だったと感じます。


もちろん、低価格の Bluetoothヘッドホンは、市場に多く出回っています。
ただ、ワイヤレス入門機として選択するにはベストではない。純正品という安心感と、Apple独自の一貫性が、非常に重要な要素となります。

簡単なようで難しいワイヤレス

Sonyは 3つの音質モードを搭載しており、機種によっては 初期設定で AACやaptXが無効。

挿せばスグに利用できる有線接続(ワイヤード)と比べると、ワイヤレスは少し扱いにくいです。

音が出ないなどのトラブルに見舞われた場合、ペアリングが外れたのか、Bluetoothがオフなのか。そもそもバッテリーが切れたのか。どうしても判断材料が増えてしまい、発生要因の切り分けが難しいです。

テクノロジーに慣れている人でも、接続優先になってしまい「音質が悪い」と判断してしまっている場合もあるようです。

※機種にもよりますが、再生品質を切り替えている(切り替えができる)機器は多いです。aptX/AACへの対応をうたいながらも、音質優先での接続のみ利用できる場合もあります。

Appleだから実現できる快適性

新開発の W1チップにより、Appleデバイスへのスムーズな接続を実現。

ただ、ハードウェアもソフトウェアも、一貫して管理できている Appleなら、多少はそのトラブルを補える仕組みができるはず。
実際、耳に装着されたことを感知し 利用しているハードウェアも識別できるなど、現時点でもかなりの考慮が見受けられます。

他社の Bluetoothヘッドホンでも利用することは可能ですが、トラブルが続いてしまうと「やっぱりワイヤレスは扱いにくい…」という印象になりかねない。だからこそ、より AirPodsを選択してもらう必要があります。

もちろん、それらの使い勝手を実現する為に 独自の W1チップを開発し、それらのコストもかさんでいることは容易に想像はできるものの、さすがに 16,800円ではターゲットが絞られすぎる…。7,800円くらいのインパクトが欲しかったです。

長くなりそうなので…

本当は 同じく W1チップ搭載の BeatsXを購入しようかな…とか、Apple In-Ear Headphones with Remote and Micが出たときなんて、それこそ価格破壊だったよね!…といった話題にも触れようと考えていたのですが、話が長くなりそうなので、この辺で辞めておくことにします。

…ということで、このままだと変換アダプタによって、引き続き有線接続をする人は多そう。

今の Appleなら、それこそワイヤレス革命を起こせそうな勢いがあるにも関わらず残念な限り…。ただ不便になっただけという結末に終わってしまうことがないよう、サードパーティーさんの活躍に期待です。

iPhone 7 不要。Apple Watch Series 2のみで Suica対応が可能!