無償版 Google Appsを継続しながら ストレージ容量を追加する方法

こんにちは。無償版 Google Apps を愛用している岩崎です。

なにかと Google Apps for Workへのアップグレードを促されますが、1ユーザーごとに 500円/月のコストがかかります。かつ、無償版に戻ることができません。
Google Apps の各エディションの比較

今回は、無償版 Google Appsの契約を維持しつつ、ストレージの容量だけを追加する方法です。手順は、たったの 3ステップ。

無償版 Google Appsを継続しながら ストレージ容量を追加する方法のメインビジュアル
無償版 Google Appsを継続しながらも、ストレージの容量「だけ」をアップしたい!

結論から言えば、「ユーザー別の保存容量」アプリを有効にするのみ。
Appsユーザーに権限を開放することで、容量の追加を行うことができるようになります。

1. ストレージ状態の確認

通常、Appsユーザーのストレージは 管理者によって管理されているので、個別に追加することはできません。

通常、Appsユーザーのストレージは管理者によって管理されています。
ドライブ ストレージにアクセスしても、以下のメッセージが表示され、容量の追加が行えません。

ストレージ:ドメイン管理者が管理
さらにストレージが必要な場合は、ドメイン管理者にお問い合わせください。

引用元:www.google.com/settings/storage

この権限をユーザーに開放することで、Google Apps for Workにアップグレードせずとも、ストレージの容量追加を行うことが可能になります。

2. 「ユーザー別の保存容量」アプリの追加

「その他の Google サービス」から、「ユーザー別の保存容量」アプリを有効(オン)にします。

以下の手順で、「ユーザー別の保存容量」アプリを有効にします。

  1. 対象 Appsの管理コンソールにログインします。
  2. アプリその他の Google サービスへと進みます。
  3. 画面上に「フィルタ: 主なサービス」と記載があるので、×ボタンでフィルタを解除します。
  4. 一覧から「ユーザー別の保存容量」というアプリを探し、オン(すべてのユーザー)を選択。

ようはドライブ ストレージの画面が、「ユーザー別の保存容量」のアプリに該当します。このアプリを有効にすることで、各ユーザーが ドライブ ストレージを利用できるようになります。

3. ドライブ ストレージの追加

「ユーザー別の保存容量」アプリが利用できることで、Appsユーザーが個別にストレージを増加することが可能になります。

「ユーザー別の保存容量」アプリの追加が完了すると、ドライブ ストレージの画面が、図のように変化します。

あとは、必要な容量の選択を押すのみ。
Google ペイメントにて支払方法の設定を済ませておけば、スムーズに容量の追加を行うことが可能になります。

※Google ペイメントのアプリが利用できない場合は、エラーが表示され購入に失敗します。その場合は、下記を参考にペイメントのアプリを有効にしてください。

※決済時にエラーが出る場合

「その他の Google サービス」から「Google ペイメント」アプリを有効(ON)にします。

決済時にエラーが発生し、容量の追加が行えない場合は、「Google ペイメント」アプリが有効になっていません。

「ユーザー別の保存容量」と同様の手順で、「Google ペイメント」アプリも有効にします。3番目まで同じ手順です。

  1. 対象 Appsの管理コンソールにログインします。
  2. アプリその他の Google サービスへと進みます。
  3. 画面上に「フィルタ: 主なサービス」と記載があるので、×ボタンでフィルタを解除します。
  4. 一覧から「Google ペイメント」というアプリを探し、オン(すべてのユーザー)を選択。

支払方法の事前設定

Google ペイメントのページから、支払方法を 事前に登録しておくとスムーズです。

支払方法を 事前に登録しておくとスムーズです。

ドライブストレージのページでも入力することは可能ですが、アプリが正しく有効になっているかの確認も含め、事前に済ませておくことをオススメします。

  1. Google ペイメントのページにアクセス。
  2. 右上の「SIGN IN」をクリック。
  3. 支払方法を追加するように促されるので、支払方法を入力。

無事に支払方法が完了したら、再度 ドライブ ストレージで容量の追加を試みてください。

あとがき

200ユーザーが無償で利用できる、初期の Appsライセンス。ちょっとしたプレミア感。

素直に Google Apps for Workへアップグレードも検討したいところですが、1度切り替えてしまえば 永久的に課金が続いてしまうのが悩ましいところ。
そこまで高額ではないものの、二度と無償版の Google Apps(Standard Edition)に戻ることができません。

200ライセンスが利用できる Google Appsの初期ライセンスでもある為、まだ維持しているプレミア感もあり、そのまま for Workに移行することに躊躇していました。

しかし、無償版 Standard Editionでは 15GBしか容量がないので、ストレージの枯渇は時間の問題でした。
このたびストレージの追加方法が発見できて非常に嬉しいところ。無事 100GBに拡張できたことで、ますます Appsの利用価値が高まりそうです。
そもそも、個人で利用するものじゃないという話もありますし、Googleさんとしても さっさと移行して欲しいところだとは思いますが…。

“従量制課金接続”を設定し テザリングのパケット代を節約しよう