2016年 春夏モデルの薄型ノートPCを比較(2in1 YOGA編)

こんにちは。引き続き CES 2016にて発表されたノートパソコンが気になる岩崎です。

ちょうど春ごろにパソコンを買い換えようと考えており、続々と発表される新モデルが気になるばかり。

先日はクラムシェル型を比較しましたが、今の流行に乗っかるのであれば 2in1も見逃せない選択肢。次回の購入に備え、発表された中から めぼしい端末を比較検討してみたいと思います。

2016年 春夏モデルの薄型ノートPCを比較(2in1 YOGA編)のメインビジュアル
CES 2016にて続々と発表される新モデル。写真は OLED液晶採用で軽量化されるらしい「HP Spectre x360 13.3"」。

2in1型には、ディスプレイ型が360度回転するYOGAタイプと、キーボードが取り外せるタブレットタイプの 2種類に分類されます。2in1編では YOGAモデルに絞り込みました。

話題性も相まって NECや DELL辺りのタブレットに惹かれていたのですが、実際の利用シーンを鑑みると スペックが伴わず候補から外れました。ビジネスで 2in1モデルを選択するメリットが薄いのも理由の 1つです。

キーボード込 798gを実現する NECの「LAVIE Hybrid ZERO HZ750」。軽量化を優先するあまり スペック不足が否めず。
DELLも軽量タブレット「Latitude 11 5000」を発表していましたが、まだ詳細が見えず保留としました。

2in1型 YOGAタイプの 4候補

1kg前後の薄型軽量タイプで、2in1型 YOGAタイプ 候補は 4モデル。

  • HP Spectre x360 13.3"
  • NEC LAVIE Hybrid ZERO
  • Lenovo YOGA 900S
  • Panasonic Let's note RZ

YOGAモデルへの興味は高いものの、まだ詳細スペックが見えないモデルが多く、現時点での決定打が見えにくいのが正直なところ。あえて絞れば、デザイン重視で Lenovoの「YOGA 900S」でしょうか。

「Spectre x360 13.3"」は、現行モデルから OLED液晶採用で軽量化されるとのウワサ。
「NEC LAVIE Hybrid ZERO」も、現行モデルの Skylake版。SSDが 256GBに容量UP。11型モデルはリメイクされず。
「Lenovo YOGA 900S」は、人気 YOGA 900から Core mに変更し 999gを実現。大きすぎない 12.5型が良さそう。
「Panasonic Let's note RZ」は、現行モデルの Skylake版。直販サイトなら 16GBメモリの増設が可能!

2016 春夏モデル 比較(2in1型 YOGAタイプ)

CES 2016 前後に発表された新モデルから、岩崎が独断でセレクトした 有力モデルの比較表。2in1型 YOGAタイプ編。

※複数のエディションがある場合、基本は上位スペックを掲載しています。
※不明点が多いため、公式情報が出てきたら順次更新していく予定です。

2016 春夏モデル スペック比較表
モデル名Spectre x360 13.3"LAVIE Hybrid ZEROYOGA 900SLet's note RZ
メーカーHPNECLenovoPanasonic
形状2in1 YOGA2in1 YOGA2in1 YOGA2in1 YOGA
画面サイズ13.3型13.3型12.5型10.1型
駆動方式OLEDIGZOIPSIPS
解像度1,920x1,080
2,560x1,440
2,560x1,4402,560x1,4401,920x1,200
タッチ対応対応対応対応
324mm ?319mm305mm250mm
奥行218mm ?217mm208mm181mm
高さ15.9mm16.9mm12.8mm19.5mm
質量1.4kg 以下?926g999g745g
HDMI11-1
USB 3.03213
USB Type-C--1-
CPU6th Core i6th Core i6th Core m6th Core m
メモリ8GB8GB8GB16GB
接続規格DDR3L ?LPDDR3LPDDR3LPDDR3
SSD1TB(SATA)512GB(PCIe512GB(PCIe512GB(SATA)
駆動時間13時間 ?9時間14.1時間10.5時間
発売日2016春予定国内 2016/2下旬米国 2016/3
国内 2016/6
国内 2016/1/22
参考価格未定¥209,800~¥199,584~¥195,000~

※まだ公式な情報が出ていないモデルもあり、情報には誤りがある恐れがあります。

決定打に欠けるラインナップ

745gを実現しながらも、VGAやHDMI、有線LANなどのインターフェースが充実する Let's note。

デザイン的に「YOGA 900S」に惹かれているのですが、わざわざ買い換えるメリットがあるのかが悩ましいスペック。

こうして比較すると「Let's note RZ」のスゴさが際立ちます。
おまけに、これを 2014年の時点で達成していると考えると、他メーカーも もう少し改善できるのではないかと感じてしまいます。

YOGAモデルが気になっていましたが、素直にクラムシェル型を購入すべきなのか…。イマイチ決定打に欠けるため、もう少し 春夏モデルの情報が出揃うのを待ってみようかと思います。

ビジネスに不向きなSurface タブレットPCは仕事で使いにくい
Skylake世代の Core mプロセッサで満足に仕事ができるのか