お手ごろ価格だったので 勢いで XC15-45mmを購入してきた

こんにちは。またしても追加レンズを購入してしまった岩崎です。

先日購入した XF35mmF2にて、画質は満足しているのですが、より広角なレンズが欲しくなってしまい「XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」を購入しました。

XCシリーズなので、全体的なチープ感は否めませんが、わずか 135gながら、23mm~69mm相当(35mm判換算)の焦点距離をカバーしつつ、3段分の手振れ補正も搭載。

これが 3万円台で入手できると言うことで、とりあえず購入してみることにしました。

お手ごろ価格だったので 勢いで XC15-45mmを購入してきたのメインビジュアル
手に収まるコンパクト設計の「XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」。X-E3との組み合わせを考慮すると シルバーを選択したかったのですが、伸びてくる鏡胴が黒いためブラックを選択しました。

高額で巨大な広角レンズ

物取りしようと Blog用に購入した X-E3ですが、なんだかんだで風景写真も撮りたくなってきました。
とは言え、外出先でレンズ交換を行うイメージがなく、扱いやすいズームレンズの検討を開始。

関連記事:

フルサイズでも APS-Cでもない "FUJIFILM" という 3つの魅力

フルサイズでも APS-Cでもない "FUJIFILM" という 3つの魅力のメインビジュアル

広角よりのズームレンズとなると、XF10-24mmF4 R OISXF16-55mmF2.8 R LM WRあたりですが、大きい上に高額。質量も 410gに 655gと、カメラ本体よりも重量があります。

購入した「XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」は、青いバーの位置に属します。標準ズームレンズよりも広角よりで、同様の画角のレンズと比べても携帯性が高いのが特徴。

改めて、レンズキットに付属する XF18-55mmF2.8-4 R LM OISのバランスの良さが垣間見えますが、広角側が 35mm判換算で 27mm相当。これでは iPhoneと大差がなく、もう少しワイドに撮影したいという欲が出てきます。

圧倒的な機能性、おまけに低価格

そこで登場するのが、3月に発売されたばかりの XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ

  • ○ 非球面レンズ 3枚 & EDレンズ 2枚を含む 9群10枚のレンズ構成
  • ○ すべてガラス製レンズを採用
  • ○ 23mm~69mm相当(35mm判換算)の焦点距離をカバー
  • ○ 電源OFF時 全長 44.2mm、質量 135gの小型軽量設計
  • ○ 先端から 5cmまでの接写が可能
  • ○ 3.0段分の光学式手振れ補正機能
  • ○ 3万円台で購入できる値ごろ感

非球面はもちろん、色収差を抑える EDレンズも含めながら、この価格帯。
3段分の手振れ補正も搭載しながら、小型軽量の取り扱いの良さ。

XCシリーズならではのチープ感は否めませんが、レンズはすべてガラス製など 画質の面では抜かりなし。費用対効果は高いと考え購入してみました。
本当に広角レンズが必要になれば、改めて高額なレンズを検討すれば良いですし、自分に必要な機能を見極める上では悪くない選択肢です。

  • × プラスチック外装で安っぽい
  • × プラスチックマウントなので耐久性に不安
  • × 富士フイルム初の電動ズームレンズ
  • × F3.5-5.6と暗い
  • × フォーカスリングが軽い
  • × レンズフードの取り付けができない

1つめ 2つめは、XCシリーズに共通した部分。
外装がプラスチックなので、XFシリーズのような高級感は "無"。ズームリングなどはカチャカチャし、手にした瞬間に 圧倒的なチープさを感じます。

ただ、明確に違いを感じているのは操作している自分くらい。他メーカーでもプラスチック外装は増えていますし、遠目で見る分には ギリ耐えられるかと思います。

関連記事:

広角レンズとしても魅力的な XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ

広角レンズとしても魅力的な XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZのメインビジュアル

長くなってしまったので、実際に利用してみた感想などは 上記の記事に分けることにしました。作例と合わせて、実際の使用感などをまとめています。

関連記事:

新センサーだけではない 撮影の心地よさが魅力の X-T3

新センサーだけではない 撮影の心地よさが魅力の X-T3のメインビジュアル
危うく高額なロープ系カメラストラップを購入するところだった
広角レンズとしても魅力的な XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ