そろそろ購入したい新型パソコンの検討ポイント 2016

こんにちは。新しいノートパソコンが欲しい岩崎です。

平日や土日に関わらず、毎日持ち歩いている VAIO Pro 11。購入してから 1年半程度が経過し、使用時間も 6,000時間を超えてきました。
大好きなモデルではあるのですが、そろそろ疲れてきた感じも否めない為、来春くらいには新しいモデルが欲しいところ。
VAIO S11 がイマイチだったこともあり、もう少し視野を広げて検討中。それらに備え、ひとまず検討ポイントをまとめておこうと思います。

そろそろ購入したい新型パソコンの検討ポイント 2016のメインビジュアル

外出や移動が多い仕事の為、軽量モデルであることは必須。
一部では Surfaceが好評のようですが、仕事柄キーボードを多用するため、MacBookのような「クラムシェル型」の方が使い勝手は良さそうです。

必須要望

14nmのプロセスルールが採用された「Skylake」。
  • 重量 1kg以内(800gあたりがベスト!)
  • 高速SSD搭載(もちろん PCIe接続)
  • CPUは 第6世代の Skylake搭載

Skylakeはパフォーマンスというよりも、向上したグラフィック性能と 削減された消費電力が魅力的。
普段使いのパフォーマンスを向上したい場合は、CPUを高速化するより SSDを高速化した方が効果的。SSDは速ければ速いほうが望ましいです。

可能であれば叶えたい

今の仕事にマッチしていそうな YOGAタイプ。
  • メインメモリ DDR4 16GB 搭載可能
  • HDMI端子は本体に搭載
  • YOGAタイプ & タッチパネル

16GBもメインメモリを搭載できるモデルは滅多に見かけませんが、そろそろ出てきて欲しいなぁ…という要望。Skylakeにて、より高速で低電圧な DDR4にも対応となったため、DD4が搭載が望ましいです。

あわよくば選択したいのが YOGAや 2in1モデルと呼ばれる キーボードが回り込むタイプ。
予想外にタッチパネルが使いやすいことを知ってしまい、Windows10になって タブレットモードの使い勝手が大幅に向上している事を鑑みると、YOGAタイプという選択肢もアリかな…と感じています。

その他 気にする部分

シフトー周りに食い込まないカーソルキーがお好みです。
  • シンプルなデザイン
  • キーボードの配置
  • 綺麗な液晶
  • 小さな ACアダプタ

この辺りは気にする程度ですが、合わせて確認したい部分。
デザインや綺麗な液晶…という部分は好みもあるのでモデル次第ですが、タッチパネル & 高解像度モデルを選択するなら IGZO液晶は選択したいところです。

まとめ

これらの条件が満たせているのであれば、20万以上の価格でも余裕で購入してしまいそうな予感。

世界最小の13.3型ノートとして登場した「New XPS 13」。デザインも良さげで 実に惹かれる…。

DELLの New XPS 13などは、コンパクトで見た目も良いのですが、1.29kgと重めなのが残念。もちろん、スペックから比べれば充分な軽さなのですが、VAIO Pro 11 の 770gに慣れすぎてしまった身からすると ペットボトル 500ml以上の差があります。

今のところ YOGAタイプで 1kgを切れているのは、Panasonicの Let's note RZや NECの LAVIE Hybrid ZEROあたりでしょうか。
Let's note は 745gと圧倒的な軽さですが、さすがに 10.1型は小さすぎる…。対する LAVIEは 13.3型のワイド液晶を搭載しながら 926gと魅力的な為、春には Skylake搭載モデルが出てくれることに期待です。


…ということで、あれこれ選んでいるときが 1番楽しい今日この頃。CES 2016も近いですし、様々な新モデルがザクザク出てくれることに期待しています。

関連記事:

購入に踏み切れない 新型 VAIO S11

購入に踏み切れない 新型 VAIO S11のメインビジュアル
見た目がイマイチなので 購入を断念した VAIO S11
2016年 春夏モデルの薄型ノートPCを比較(クラムシェル編)