FUJIFILMの抽選に当選して バッテリーが贈られてきた!!嬉

こんにちは。カメラのバッテリーが当選した岩崎です。

先日、勢いで XF56mmF1.2 R を購入してしまい、My FUJIFILMの Myポイントが増加。
4,000ポイントを使って申し込むキャンペーンに応募したところ、見事に当選することができました!やったー!

バッテリーの持ちは致命的ではなかったので、購入に踏み切れていませんでしたが、いつかは欲しいアイテムだったので、実に嬉しい限りです!

FUJIFILMの抽選に当選して バッテリーが贈られてきた!!嬉のメインビジュアル
地味に嬉しいバッテリーの当選。これでバッテリーを気にすることなく、ゆとりをもって撮影に集中することができそうです!
ポイントを消化するキャンペーンとは言え、当選者は 10名まで。実に嬉しい!

撮影をしていて、やはり気になるのがバッテリー。

愛用の X-E3は、スペック上の標準撮影枚数は 350枚。
岩崎は ファインダー(EVF)メインで利用しているので、連続して撮影していると 2~3時間くらいでバッテリーが無くなります。

もう少しバッテリーに余裕があれば、連写や AF-Cなども積極的に利用できるのですが、バッテリーの価格は 9,000円(定価)。

現時点ではギリギリ間に合っているので、いまスグに購入するほどではありません。
ただ、撮影直前まで充電したり、こまめに電源を OFFにするなど、かなり気をつかって撮影していました。

突然届いた茶封筒(簡易包装)。抽選に応募していたことを忘れていたので、なにが届いたのかと思いました。

と思っていたところで、今回無料で手に入ったのだから嬉しい限り!

これで、かなりゆとりを持って撮影できます。
さっそく、消費電力は「ハイパフォーマンス」に切り替えました!ピント合わせが速くなり、よりスムーズに撮影を行うことができそうです。

関連記事: レンズレビュー

XF56mmF1.2 と XF90mmF2 画質に現れる設計思想の違い

XF56mmF1.2 と XF90mmF2 画質に現れる設計思想の違いのメインビジュアル
新センサーだけではない 撮影の心地よさが魅力の X-T3
XF56mmF1.2 R 非APDを選択した 3つの理由(作例有り)