レンズレビュー
XF56mmF1.2 R 非APDを選択した 3つの理由(作例有り)

こんにちは。XF56mmF1.2 Rを入手した岩崎です。

FUJIFILM Xユーザーなら、一度は検討しただろう 換算 85mm相当のポートレートレンズ。
購入する際に、悩んでしまうのが APD(アポダイゼーションフィルター)の有無ですが、悩みに悩んで 非APDを選択しました。

結論から言えば、どれだけ作品のイメージが確立されているかに尽きると思います。
APDの影響により、ボケ以外にも違いが現れており、それらの特性も踏まえて選択することが望ましいです。明確な目的が定まっていない状況では、APDが裏目に出る恐れもあります。

ボケの美しさを求める一方で、明るさ不足 & フォーカス低下による被写体ブレ、ISO高感UPによるノイズの増加などを招く場合があります。おまけに価格も高いとなると、汎用性の高い XF56mmF1.2 Rがベストバイである可能性も否めません。

XF56mmF1.2 R 非APDを選択した 3つの理由(作例有り)のメインビジュアル
ポートレートに最適と言われる「XF56mmF1.2 R」。F1.2の大口径ながら、手に収まるちょうどいいサイズも魅力的です。

APDによる影響

この記事は、改めて 非 APD版の魅力を伝えるべく書きつづりました。
ボケの滑らかだけに目を向ければ 当然 APD版ですが、APDを搭載することで、以下の違いが生まれます。

  1. 明るさが低下する
    優先するのは ボケか ブレか
  2. フォーカスが遅くなる
    優先するのは ボケか 甘ピンか
  3. コントラストが高くなる
    優先するのは ボケか 柔らかさか

ポートレートに向けて APD版を検討される方も多いと思いますが、夕暮れ時の撮影、動く被写体、柔らかい描画などを想定した場合、APDによる不都合が発生する点も考慮する必要があります。

1. 明るさが低下する

優先するのは ボケか ブレか。

APDフィルターの影響により透過光量が減少するため、白い絞り値の下に 赤い絞り値(実数値)が刻印されています。

本来は F1.2の明るさを持つ大口径レンズですが、APD版の場合 F1.7相当まで明るさが落ちてしまいます。

検討時は APDのボケに魅了され、F値の差が気にならない状態ですが、冷静に考えれば 光量に倍以上の差があります。

明るさは正義。
それだけシャッタースピードを稼ぐことができますし、夕暮れ時の撮影などでも活用できます。

もちろん ISO感度で補うことができますが、せっかくのボケにノイズを足すのは本末転倒感が否めません。

2. フォーカスが遅くなる

優先するのは ボケか 甘ピンか。

X-T3では 画面全体で像面位相差AFが利用可能となりましたが、APDレンズでは利用不可。

APD版は、その特性上 像面位相差AFが利用できません。コントラストAFのみとなるため、フォーカスの速度が大幅に低下します。

(5)APDフィルターの影響で像面位相差AFは使用出来ません。AF動作は自動的にコントラストAFとなります。

引用元:アポダイゼーションフィルター(APDフィルター)の原理と効果

インナーフォーカス式とはいえ、そこまで高速なレンズではないので、体感的に遅さを感じます。

ポートレートなど動いている被写体への撮影時は、ピント合わせに苦労することになります。APDのボケよりも、甘ピンを量産するほうが結果としてはツラいかなと。

3. コントラストが高くなる

優先するのは ボケか 柔らかさか。

それぞれの MTF特性曲線。APDの方がコントラストが高く、波がある。

MTF特性曲線が示す通り、APD版の方がコントラストが高まります。
ボケの柔らかさを優先した結果、コントラストや解像度が高まってしまう点をどう捉えるか。

ただし、女性ポートレート撮影に関しては、コントラストが強すぎる印象を受けた。
女性ポートレートは開放のやわらかい描写を活かすことが多いと思うが、そうした撮り方をしたい場合は、XF 56mm F1.2 Rの方が使いやすいだろう。

引用元:交換レンズレビュー - XF 56mm F1.2 R APD

カリッカリまで高すぎない解像度も、XF56mmF1.2 Rの本来の魅力とも言えます。
作品の方向性にも寄りますが、柔らかいポートレートを目指している場合 APDが裏目に出てしまいます。

関連記事: ミラーレスレビュー

新センサーだけではない 撮影の心地よさが魅力の X-T3

新センサーだけではない 撮影の心地よさが魅力の X-T3のメインビジュアル

作例

百聞は一見にしかず。
分かりやすく、開放よりで撮影した作例を掲載しておきます。

ボケすぎて作品としてはイマイチですが、「非APDでも充分にボケる」ということが伝わればなによりです。

※ 写真は、すべて撮って出しでリサイズのみ。オリジナルデータは、注釈からダウンロード可能です。

まずはラーメン屋さんでの 1枚から。
開放 f/1.2で ピッチャーにピントを当てています。
手前に積まれているコップから 奥の黄色の布巾まで、とても柔らかくボケています。

ISO400 56mm f/1.2 1/140s @東銀座 オリジナルデータ(JPEG)

次はテラス席にあったロウソクを撮影。
APD版では、玉ボケの輪郭がボヤけてしまうので、こういった撮影は難しくなります。

ISO500 56mm f/1.2 1/60s @有楽町 オリジナルデータ(JPEG)

距離が離れていても、被写体を浮き出させることができる F1.2の魅力。
明るさが F1.7相当に落ちてしまう APD版では、被写体を浮き出させる距離に限りが出てきます。

ISO400 56mm f/1.2 1/280s @銀座 オリジナルデータ(JPEG)
ISO400 56mm f/1.2 1/150s @新宿 オリジナルデータ(JPEG)

手前から奥にかけて、なだらかにボケていきながらも、ピントがあっている肘掛けは非常にシャープ。
少し落ち葉のボケにザワつきが感じられますが、先述するデメリットを踏まえれば充分な描画。

ISO200 56mm f/1.2 1/2700s @築地 オリジナルデータ(JPEG)
ISO400 56mm f/1.2 1/3500s @東銀座 オリジナルデータ(JPEG)

ツリーの飾りでボケ像干渉が発生し、少しザワついた感じになっています。
APD版なら滑らかなボケになり、煙突のシャープさも増すので、より立体感が生まれると思います。被写体も動かないので、こういった写真は APDの良さを活かせそうです。

ISO200 56mm f/1.2 1/340s @二子玉川 オリジナルデータ(JPEG)

とはいえ、そもそも玉ボケが得意なレンズではないので、APD版であっても背景は同系色でまとめるのが望ましいです。
同系色でまとめれば、非APD版でも非常に柔らかくボケます。
前ボケのステッカーもそこまで うるささを感じません。充分満足できる画質です。

ISO400 56mm f/1.2 1/60s @銀座 オリジナルデータ(JPEG)

F1.2の明るさを活かせば、ISO感度を上げなくても シャッタースピードをあげられるので、手持ちでも撮影しやすくなります。

ISO400 56mm f/1.2 1/420s @有楽町 オリジナルデータ(JPEG)

しっかりとした玉ボケで、キラキラを活かした撮影も 非APD版ならでは。

ISO640 56mm f/1.2 1/60s @丸の内 オリジナルデータ(JPEG)

ポートレートに最適と言われる 56mm(換算 85mm相当)なので、人物撮影にはベストマッチ。
ここまで大胆にボカしながらも、ピントの合っている部分は毛糸の 1本まで描画されています。

ISO400 56mm f/1.2 1/5400s @葛西臨海公園 / 小板橋みすずさん オリジナルデータ(JPEG)

レモン型のボケを活かしながら、日の丸構図で撮影。
曇り空 & 日陰というシチュエーションですが、ISO400で 1/2200というシャッタースピードを確保できています。

ISO400 56mm f/1.2 1/2200s @葛西臨海公園 / 小板橋みすずさん オリジナルデータ(JPEG)

逆光にも強く、光源を横から受けると良い感じにフレアが発生します。
いずれもレンズフードを利用していません。

ISO400 56mm f/4.0 1/950s @銀座 オリジナルデータ(JPEG)

開放の場合、玉ボケに輪郭が目立ちますが、少し絞ると目立たなくなります。
ただし、絞り羽が 7枚しかないため、場合によっては玉ボケに角が立ってきます。

ISO3200 56mm f/2.0 1/50s @銀座 オリジナルデータ(JPEG)

絞った際の光芒も、均一で綺麗です。
こちらも手持ち撮影ですが、奥の建物や看板まで、しっかりと解像し描画されています。

ISO1000 56mm f/4.5 1/60s @新宿 オリジナルデータ(JPEG)

モノクロでも撮影。
合焦しているゴミ箱やアスファルトのゴツゴツした感じから、背景にかけての なだらかなボケが良い雰囲気を出しています。

ISO400 56mm f/1.2 1/105s @築地 オリジナルデータ(JPEG)

まとめ

12/23 時点の Amazon価格。利用範囲が限られながらも、APDとの価格差は 1.5倍以上。

気がつけば、購入してから 1ヶ月以上が経過しますが、大変満足しています。
「APD版が良かったな」と思うことよりも、「非APD版じゃなかったら撮影できなかったな」と感じる機会のほうが沢山ありました。

作例の通り、非APD版でも充分なボケが得られます。
ついつい APDの「滑らかなボケ」に目が行ってしまいがちですが、APDを搭載することによる影響を鑑みると、手放しで APD版を選択することは難しいと思います。

雑誌カメラマンの「プロ写真家 & 識者が認める 神レンズ」という特集でも、同様の記載がありました。

APD版のレンズも、それはそれは素晴らしいけれど「素のレンズ」でも十分以上にボケはキレイだし、像面位相差AFで快速快適な撮影が楽しめる。APD版は実効F値やAF速度で失うものがそれなりにあります。色々天秤に掛けると素がオススメ!

引用元:モーターマガジン社 カメラマン 2019年1月号 26頁 より

多くの方は APDによるボケの違いよりも、手ぶれや甘ピンの方が敏感です。汎用性が高い 非APD版のほうが、圧倒的に写真の出来高は多いです。

作品の方向性が明確ではない場合、扱いやすい XF56mmF1.2 Rにて経験値を高めていくのが望ましいです。
もしくは XF50mmF2 、サードパーティのレンズを購入し、まずは中望遠の焦点距離を覚えてから購入するのが良いのではないでしょうか。

関連記事:

Xマウントレンズの ロードマップに 発売日と価格を追記しました

Xマウントレンズの ロードマップに 発売日と価格を追記しましたのメインビジュアル

関連記事:

愛すべき X-E3 を 売却してきた

愛すべき X-E3 を 売却してきたのメインビジュアル
FUJIFILMの抽選に当選して バッテリーが贈られてきた!!嬉
X-E3 に続き X-T3 を購入した!