セールだったので Capture Camera Clipを購入した!

こんにちは。Capture Camera Clipを購入した岩崎です。

Peak Designから発売されているカメラキャプチャー。
カバンのベルトなどにカメラを固定することができるので、ネックストラップのようにカメラがぶらぶらせず、ハンドストラップのように片手が塞がることもありません。

速写性を失うこともなく、スグにカメラを取り外しできることもポイント。
以前から気にはなっていたのですが、1万円近くもするので、なかなか手が出せずにいました。

そんな中、4/1に突然のセールが開始。
Peak Designの商品が 20~40% OFFということで、さっそく購入してみました!

セールだったので Capture Camera Clipを購入した!のメインビジュアル
以前から気になっていた Peak Designの「Capture Camera Clip」を購入。少しだけお安く購入することができました。

とびきり安い!ワケではない

突然告知された Peak Designのセール。

通常価格は $84.90(9,100円相当)。通貨を JPYにする方法が分かりません。
通常価格は $84.90(9,100円相当)。通貨を JPYにする方法が分かりません。
セール時は 7,730円で購入に成功。20% OFFくらいでしょうか。
セール時は 7,730円で購入に成功。20% OFFくらいでしょうか。

Amazonですと 8,500円前後なので、800円くらい安いでしょうか。
20~40% OFF!ということで思わず購入してしまいましたが、冷静に考えると激安!という程でもないですね。

写真で見る Capture Camera Clip

注文してから 2週間ほどで届きました。
新型ウイルスの影響もあり時間がかかるかなと思っていたのですが、予想よりも早めに届いて嬉しい限りです。

Peak Design</dfn>らしいパッケージ。購入したのは V3という 3代目の Capture Camera Clip です。
Peak Designらしいパッケージ。購入したのは V3という 3代目のCapture Camera Clipです。
右奥の「Standard Plate」が付属するタイプを購入。Standard Plateをカメラに取り付けて、 Capture Camera Clip に固定します。
右奥の「Standard Plate」が付属するタイプを購入。Standard Plateをカメラに取り付けて、Capture Camera Clipに固定します。
前モデルの Capture Camera Clip と比べると、かなり小型化されました。見た目もアウトドアから都会的なデザインに変更され、随分と洗練された印象です。
前モデルのCapture Camera Clipと比べると、かなり小型化されました。見た目もアウトドアから都会的なデザインに変更され、随分と洗練された印象です。

実際に手にしてみると、思っていたよりもシッカリとしていました。
90kg以上の重さに耐えられるスペックのようで、カメラを預けられる安心感があります。

作りの精度も高く、高級感のある質感も良い。丁寧に作られていることがうかがえます。
適度な重さもあり、ガジェットとしての所有感も満たしてくれる仕上がりです。

Capture Camera Clip を開いたところ。ゴム製の素材が採用されており、ズレ落ちないようになっています。
Capture Camera Clipを開いたところ。ゴム製の素材が採用されており、ズレ落ちないようになっています。
なにも挟まない状態では、3mmほどネジが飛び出ます。
なにも挟まない状態では、3mmほどネジが飛び出ます。
愛用のメッセンジャーバッグに取り付けてみた様子。このような薄手のベルトでは、カメラを支えきれないので不向きの様子。
愛用のメッセンジャーバッグに取り付けてみた様子。このような薄手のベルトでは、カメラを支えきれないので不向きの様子。

活用するには至らなそう

ぜんぜんハマらなかった CUFF。2日ほどの利用で辞めてしまいました。
ぜんぜんハマらず、Blogの記事にもしないままに終わってしまったCUFF

Capture Camera Clipが発売されたのは 2年以上も前なので、待望の購入!…というワケですが、新型ウイルスの影響で外出できず、あまり活用できておりません。
コンビニなどの近所を散歩しながら利用しています。

しかし、待ち望んでいた 2年間の間に、すっかりネックストラップでの運用が定着してしまったのが悩ましい。

せっかくスマートに装着できているので、ネックストラップとの相性は悪い。Capture Camera Clipを利用するなら、ハンドストラップに切り替えるべきです。

それこそ Peak DesignCUFFを持っていますし、ネックストラップSLIDE LITEも持っているので、アンカーさえ装着すればスグに乗り換えが可能です。

ただ、どのストラップも自分の利用に向いておらず、スグに利用を止めてしまったことを考えると、もしかすると Peak Designのコンセプトにハマっていないのかも知れません。

せっかく購入した Capture Camera Clipも、残念ながら本格的な利用に至ることはなさそう。ただ、モノとしては素晴らしい仕上がりですので、いつか利用するときに備えて大切に保管しておこうと思います。

関連記事:

危うく高額なロープ系カメラストラップを購入するところだった

危うく高額なロープ系カメラストラップを購入するところだったのメインビジュアル
FUJIFILM X-T4 が待ち遠しい!!
Lightroom から Photoshop で編集した TIFFファイルを圧縮する!!