アースグレーの カシオーク GA-2110ET-8A を購入した!

こんにちは。久しぶりに G-SHOCKを購入した岩崎です。

定期的に欲しくなる腕時計ですが、最近は利用する機会も少ないので、購入は控えるようにしています。

そんな中、ついつい購入してしまったのが、アースカラートーンシリーズ GA-2110ET-8A
八角形ベゼルな印象的で“カシオーク”と呼ばれる人気モデル。以前から気になるモデルではありましたが、アースグレーの色合いに惹かれて思わず購入してしまいました。

アースグレーの カシオーク GA-2110ET-8A を購入した!のメインビジュアル
アッという間に完売してしまったというアースグレーのカシオーク GA-2110ET-8A。デザイン性と着け心地が気に入ってしまい、久しぶりに G-SHOCKを購入しました!

滑らかな着け心地で購入を決定!

G-SHOCKの新スタンダードとして開発されたという GA-2100シリーズ。G-SHOCKの初号機 DW-5000や、初のアナログモデル AW-500などからコンセプトを引き継ぎ、現代のライフスタイルと調和するカタチに再構築されました。
G-SHOCKの新スタンダードとして開発されたという GA-2100シリーズ。G-SHOCKの初号機 DW-5000や、初のアナログモデル AW-500などからコンセプトを引き継ぎ、現代のライフスタイルと調和するカタチに再構築されました。

2019年に発売され、大人気となっている GA-2100シリーズ
八角形のオクタゴンベゼルをまとったミニマムデザインが魅力的ですが、個人的には立体的なインデックスで、深みのある文字盤も気に入っています。

薄型化と小型化を優先した結果、文字盤の深みが薄れてしまう時計も多い中、力強さを感じる立体的な文字板で高級感さえも感じます。

ゴツゴツした印象がありましたが、実際に腕に乗せてみたところ、着け心地もバツグン。
柔らかいバンドと、可動域の広いストラップの影響か、しっかりと定着しながらも、窮屈さを感じない着け心地。店頭で腕に乗せた瞬間に、購入を決定したといっても過言ではありません。

カシオークが売れているのは、決してデザインだけではないことを実感しました。

別の時計を見に行ってました

以前から気になっていたカシオークですが、店舗に足を運んだ理由は G-LIDEシリーズでした。
G-SHOCKの液晶は影ができやすく、視認性の悪さが気になっていたのですが、G-LIDEシリーズは大きく改善されています。

ステンレスと樹脂を融合したダブルガードベゼルが採用された GBX-100NS-1JF 。サーファー向けのモデルですが、シンプルなデザインで普段使いでも問題なさそう。
ステンレスと樹脂を融合したダブルガードベゼルが採用された GBX-100NS-1JF。サーファー向けのモデルですが、シンプルなデザインで普段使いでも問題なさそう。
TiCTACオリジナルカラーの ANA-DIGI TEMP クリアグレー。うっすらと見えるムーブメントに加え、珍しいグレー色のバンドが魅力的。
TiCTACオリジナルカラーの ANA-DIGI TEMP クリアグレー。うっすらと見えるムーブメントに加え、珍しいグレー色のバンドが魅力的。

G-SHOCKと合わせて気になっていたのが、CITIZENの ANA-DIGI TEMP

1980年代に人気だったモデルのリメイクモデル。
レトロ感が流行っていることもあり、様々なバリエーション(色違い)が発売されています。

特に TiCTACオリジナルのクリアグレーがめちゃくちゃ可愛い!

G-LIDEシリーズと合わせて実際に確認してみたい!と言うことで、店頭に足を運んでいました。

店頭には、夏にピッタリのスケルトンカラーの GA-2100HC-2AJF なども発売されていました。
店頭には、夏にピッタリのスケルトンカラーの GA-2100HC-2AJFなども発売されていました。

どちらも 2~3万円程度。
もしかしたら購入しちゃうかも?という気持ちで向かったのですが、どちらも購入しませんでした。

G-LIDEは思っていたよりも大きすぎてしまい、ANA-DIGI TEMPは小さすぎる。どちらも手にした質感は申し分ないのですが、大きさがフィットしませんでした。

そんな中、話題のカシオーク GA-2100-1AJFを発見。
実際に手にするのは初めてでしたが、程よい良い大きさと、装着感の良さ。14,850円という安さも相まって、欲しい気持ちが大爆発。

ただ、店頭には GA-2100HC-2AJFGA-2100HC-4AJFといった、スペシャルカラーが列んでおり、「他にも良いカラーバリエーションがあるのでは?」と考え、ひとまず店頭を出ることにしました。

様々な種類が存在する GA-2100シリーズ

自宅に帰るなり、さっそく GA-2100のカラーバリエーションを調べていると、GA-2110もあることが判明。

GA-2100は、ベゼルや本体が同じ色で成型されているのに対し、GA-2110は、別樹脂を二重成形しているモデルなんだそう。
店頭で GA-2100-1AJFを手にした際に、ベゼルの部分を別にすれば良いのになぁ…と感じていたので、GA-2110は願ったり叶ったりのモデルです。

単色ベゼルを採用していた <dfn>GA-2100</dfn>から、別樹脂を二重成形したベゼルを採用するのが GA-2110。
単色ベゼルを採用していた GA-2100から、別樹脂を二重成形したベゼルを採用するのが GA-2110
通常モデルよりもケースサイズがひと回り小さい“ミッドサイズ”GMA-S2100 も存在します。
通常モデルよりもケースサイズがひと回り小さい“ミッドサイズ”GMA-S2100も存在します。

気がついた時には、既に生産終了となっていた アースカラートーンシリーズの GA-2110ET-8AJF。印刷に頼らない立体的で深みのあるインデックスが魅力的。
気がついた時には、既に生産終了となっていた アースカラートーンシリーズの GA-2110ET-8AJF。印刷に頼らない立体的で深みのあるインデックスが魅力的。

そんな中で発見したのが、今回購入したアースカラートーンシリーズの GA-2110ET-8AJF
アースグレーめちゃくちゃ可愛い!

1983年の発売以来、飽くなき強さを求めて進化を続けるタフネスウオッチG-SHOCKから、都会とアウトドア、日常と非日常のクロスオーバーな考え方で都市に生活基盤を置き、自然に旅に出るライフスタイルに向けたアースカラートーンシリーズを発売します。
薄型ケースとオクタゴンの二重成形のベゼルで人気のGA-2110ETに、波しぶきが激しく立ち込める岸壁を表したダークネイビーとアースグレーの2カラーをラインアップしました。
アーバンアウトドアのファッションにもマッチし、都会でもアウトドアでも活用範囲の広いアースカラートーンシリーズの誕生です。

引用元:GA-2110ET-8AJF 製品情報

都市とアウトドアの掛け合わせは、以前購入した COLE HAANの ZerøGrandに通じるモノがありますね。

関連記事:

COLE HAANの ゼログランド コミューターパックを購入した!

COLE HAANの ゼログランド コミューターパックを購入した!のメインビジュアル

既に生産終了で価格が高騰状態...泣

人気モデルで品薄なのか、2万円オーバーで販売されている様子。なんと定価の倍以上で販売するという強気価格のショップもありました。
人気モデルで品薄なのか、2万円オーバーで販売されている様子。なんと定価の倍以上で販売するという強気価格のショップもありました。

着け心地も色も良い!コンセプトも素敵!と盛り上がったのも束の間。
さっそく購入しようと思ったところ、ぜんぜん定価で売っていません。完全な出遅れ感。。

定価は 税込み 15,950円のはずですが、Amazonでは、23,000円、楽天などでは 3万円越えのショップもあるようです。
既に生産終了となっているモデルとは言え、2倍以上とは高過ぎる...泣。

定価以上の価格で購入するのは気乗りしないなと考えていたところ、END.というオンラインショップで安く販売されていることが判明。
海外モデルなので、国内での修理などが受けられないそうですが、そんなに壊れることはないだろうということで注文しました。

ですので、正確には GA-2110ET-8AJFではなく、海外仕様 GA-2110ET-8AERを購入しています。

製品ページには型番の記載がない為、本当に GA-2110ET-8A なのかが判断できないのですが、URLに型番が含まれているので注文してみることに。
製品ページには型番の記載がない為、本当に GA-2110ET-8Aなのかが判断できないのですが、URLに型番が含まれているので注文してみることに。

製品ページには型番の記載がない為、本当に GA-2110ET-8Aなのかが判断できず、価格も安い為、少し不安ではありましたが、1週間ほどで無事に到着。
海外モデルは細部の作り込みが甘いという噂もあるようですが、今のところ気になる箇所はありません。

最終的に支払った価格は、送料を含めても 16,045円のみ。定価と 100円も差が無いので大満足です!

腕時計は写真と異なることが多いので、できるだけ実際に見てから購入した方が良いのですが、入手困難ということで現物を見ずに購入。実際に届いてみると、落ち着いたカラーリングで非常に良い色味でした!
腕時計は写真と異なることが多いので、できるだけ実際に見てから購入した方が良いのですが、入手困難ということで現物を見ずに購入。実際に届いてみると、落ち着いたカラーリングで非常に良い色味でした!

関連記事:

Zenith × Land Rover パートナーシップイベントに行ってきた

Zenith × Land Rover パートナーシップイベントに行ってきたのメインビジュアル
高い 遅い 部屋も広くならない サマリーポケットの実態