iPhone X レビュー
気が付いたときには離れられない Face IDの利便性

iPhone Xに新しく搭載された顔認証システム「Face ID」

全力で 先行テストに参加するつもりでしたが、思っていたよりも高い完成度。
使い続けるうちに、Touch IDよりも使いやすいことに気が付いてしまいました。

「Face IDで認証するぞ」という気持ちを忘れることが、利便性アップの近道。利用していることを忘れるほど、自然に溶け込む認証システムでした。

気が付いたときには離れられない Face IDの利便性のメインビジュアル
ハードウェアとソフトウェアを自社だけに開発する Appleの強みが、最大限に発揮されたと感じる「Face ID」。

いちいち覗き込むとか面倒すぎる!

認証が完了しても 鍵アイコンが開錠になるのみで、ロックは解除されない。

ロック解除のたびに「構える」必要がある Face ID
iPhoneを利用するたびに顔の正面に構え、視線を向ける必要があります。

その点、どのような体勢でもノールックで解除できる Touch IDは優秀。
ポケットから構える合間に、Touch IDの認証を済ませておくことさえもできます(時短)。

おまけに、認証が完了した後はスワイプアップをしなければならないという手間さ。
メッセージを見るたび、地図をみるたび、1日に何度も何度も “構えて→認証して→スワイプアップ”なんて、お世辞にも使いやすいとは思えません。

指を「当てるだけ」でロック解除される Touch IDと比べて、雲泥の差。そう考えていました。

気が付けば自然に利用していた

起動時に認証機能を利用する 1Passwordなど、親指の位置を移動しなくて便利。

とてもじゃないが使い続ける自信がない…。
購入するまではそう感じていましたが、利用を始めてしばらくすると誤っていたことに気が付きました。

「あれ… Touch IDより使いやすい…!」

“構えて→認証して→スワイプアップ”と、1つ 1つのタスクを意識する必要がありませんでした。
スワイプアップと平行して認証処理が行われるため、これらのステップはほぼ同時に行われます。実際、認証前にスワイプアップしてしまってもスムーズにロック解除されます。

結局、iPhoneを利用する時にはスクリーンを覗き込んでおり、自然にロックが解除されている感覚です。

自然とセキュアを保つ通知表示

Face IDの利便性を分かりやすく感じられるのが、通知のプレビュー表示。

スリープを解除しただけでは通知の詳細が表示されず、持ち主が直視している時のみプレビューが表示されます。

手前に傾けるとスリープが自動的に解除され、最新の通知が表示されます。
それと同時に Face IDが機能し、本人の場合のみ通知のプレビューが表示されます。

この時、プレビューが表示されるまでに特別な操作をしていない点がポイント。傾けてスクリーンを見るだけです。

注視が必要かを設定できるため、寝顔で解除される心配はありません。
見ているだけで認証されてしまうので、アプリをインストールする場合は、サイドボタンをダブルクリック。

久々に Appleの真骨頂を体感

ハードウェアとの一体感に物足りなさを感じる Windowsの顔認証。

正直、こんなにも完成度が高かったとは想定外でした。

先行テストなんて言ってしまい、本当に申し訳ない。
(承認さえすれば)診断データの送信も可能だそうなので データを集めていることは確かですが、発売直後でこの完成度であれば、より快適になっていくことは間違いないです。

特に、手前に傾けてスリープ解除する機能、スワイプアップの操作、顔認証…の融合が素晴らしい。
スワイプアップが速すぎた場合や、エラーだった時のフィードバック。それぞれの機能を絶妙に絡み合わせ、実に自然な認証システムを構築しています。

まさに、Appleの強みが発揮されています。
Androidにも顔認証がありますし、以前 Windowsで顔認証も利用していましたが、このレベルのエクスペリエンスを実現することは難しいのではないでしょうか。

さすが、10年目を記念するモデル。まさに、未来がここにありました。

iPhone SE から iPhone X に乗り換えた!