手磨きとの違いを痛感! 低価格モデルでも充分な 電動歯ブラシ

こんにちは。今さらながら電動歯ブラシに感動している岩崎です。

ハイエンドモデルは 3万円も超える電動歯ブラシ。ただモーターが振動しているだけですし、プラシーボ効果や自己満足の世界だと思い込んでいました。

ところが、低価格なラインナップも存在しており、実は大した機能差がないことが判明。
さっそく Panasonicの普及モデルを購入してみたのですが、従来の手磨きとの違いを痛感しました。電動歯ブラシが、こんなにも便利なアイテムだったとは。

上位モデルとは 6倍以上の価格差ですが、機能性は充分。数千円の普及モデルでも充分な洗浄能力があるので、電動歯ブラシ未経験の方は ぜひ購入されることをオススメします!

手磨きとの違いを痛感! 低価格モデルでも充分な 電動歯ブラシのメインビジュアル
購入したのは Panasonic「EW-DM61」。充分な洗浄能力ながら、販売価格は 3,000円程度と お手軽価格です。

購入の経緯

販売価格でも 3万円を超える Sonicareの上位モデル。どんだけ高いのか。

最近、改めて歯医者に通い始め、数年ぶりに口内環境の改善に努めています。

電動歯ブラシも勧められるのですが、モーターが振動するだけですし、本当に効果があるのか懐疑的。10年以上前に購入した記憶もあるのですが、あまり効果を得られず良い印象がありませんでした。

しかし、周りの人も利用している人が多く、低価格なモデルも存在していることが判明。また、低価格なモデルでも洗浄機能に大差がなく、充分な効果が得られそうです。

Panasonicの「EW-DM61」も、たったの 3,000円程度。モノは試しということで、とりあえず購入してみることにしました。

※ 実際、日本での電動歯ブラシの普及率は 20%にも満たないそうですが、岩崎がグローバル部署に異動した影響もあり、周りでの利用率が高まりました。

性能差が見えにくい比較表

現在、Doltzには 4つのシリーズが存在しています。

  • DPシリーズ … タタキ振動に対応した最上位モデル
  • DAシリーズ … クイックチャージに対応したハイグレードモデル
  • DLシリーズ … 多彩なブラシに対応したスタンダードモデル
  • DMシリーズ … 手軽に始めるスリムモデル
よくよく見ると比較軸がイマイチの機能比較表。上位モデルが目立つよう、なんとか違いを明確にしている感じが否めません。
様々なブラシを利用することに、2万円の価格差を埋める価値があるのかが謎。

1番右の DMシリーズ「EW-DM61」が、今回 購入した電動歯ブラシ。
比較表を見ると 随分と機能が劣って見えますが、ほとんどが付属ブラシの比較。なんとか違いをひねり出そうとしている感じが否めません。

おまけに、DMシリーズのブラシが 1つ消えています。
この表では に 2種類しかブラシがないように見えますが、実際は 3種類。ポイント磨きブラシが存在しているにも関わらず、上位モデルとの違いを出すためか 丸がついていないのです。

付加価値で価格差を図る 上位モデル

シリーズ別の機能差が明確に出るよう、以下の比較表に整理しました。

Doltz シリーズ別 機能一覧
型番EW-DP51EW-DA51EW-DL53EW-DM61
ヨドバシ価格¥ 24,590¥ 16,640¥ 10,560¥ 3,840
音波振動数約 31,000 /分約 31,000 /分約 31,000 /分約 31,000 /分
タタキ磨き○ 対応× 非対応× 非対応× 非対応
リニア音波○ 対応○ 対応○ 対応× 非対応
パワーコントロール○ 対応○ 対応○ 対応× 非対応
急速充電○ 対応○ 対応× 非対応× 非対応
防水設計○ IPX7○ IPX7○ IPX7○ IPX7
持ちやすさ○ アーチデザイン○ アーチデザイン× スタンダード○ スリムモデル
日本歯科医師会○ 推奨○ 推奨○ 推奨- 未評価
電源の種類Li-ionLi-ionLi-ionNi-MH
奥行き約 3.5 cm約 3.3 cm約 3.0 cm約 1.9 cm
質量約 110 g約 105 g約 90 g約 55 g
まるで太巻きのような DLシリーズ。

最低クラスに位置する DMシリーズも、洗浄性能(ブラシ振動数)や防水設計などの実用機能に差異はありません。急速充電やパワーコントロールなどの付加価値で機能差を出しています。

歯ブラシが終わったらスタンドに置けば充電されるので 急速充電の必要性がないですし、よほど押しつけない限りパワーコントロールも不要そう。
この程度の違いにも関わらず、2万円以上の価格差があるとは恐ろしい限り。

それよりも「スリムで持ちやすい」という点に注目です。
上位モデルが 直径 3cm以上と、まるで太巻きを持ちながら歯ブラシをするような勢いですが DMシリーズはスリムかつ軽量。初めての電動歯ブラシでも、違和感なく利用できます。

お手ごろ価格で始める電動歯ブラシ

軽量 & スリムで持ちやすい DMシリーズ。初めての方にもオススメです!

勢いで購入してみた電動歯ブラシでしたが、結果としては非常に満足でした。

磨き終わった後のツルツル感に差がありますし、舌触りが全然違います。担当の歯科医さんからも、「最近、しっかり磨けていますね」と言われるほど。
“ただモーターが震えているだけ” とか言ってしまって、本当に申し訳ない。

替えのブラシが高額なイメージもありますが、2本で 500円程度。
歯ブラシの時間も随分と短縮できましたし、こんなことなら もっと早めに購入しておくべきでした。そうすれば、今の虫歯も事前に防げたかも知れません。泣

まだ電動歯ブラシを未体験という方は、ぜひ購入してみることをオススメ。

今回は Panasonicの Doltzを比較しましたが、PHILIPSの Sonicareも同様。低価格モデルでも 洗浄能力に大差がなく、無駄に高額モデルを購入する必要性がありません。
PanasonicのEW-DM61なら 価格が安いだけではなく、本体も軽量という点も初心者向け。手磨きとの違和感も少ないので、始めやすいと思います。

広角レンズとしても魅力的な XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ