残念すぎる Philipsの Lightning一体型モバイルバッテリー

こんにちは。久々に残念な製品を購入してしまった岩崎です。

Lightning内蔵のモバイルバッテリーを愛用している岩崎ですが、iPhone X の購入に合わせて容量の大きいバッテリーが欲しくなりました。

10,000mAhの大容量バッテリーも 2,000円台で購入できる今日この頃ですが、Philipsは強気の 1万円。
どんだけ優秀なモバイルバッテリーなのかと購入してみましたが、とても推奨できる製品ではありませんでした。

残念すぎる Philipsの Lightning一体型モバイルバッテリーのメインビジュアル
Philipsから発売されている Lightning内蔵のモバイルバッテリー「DLP6100」。ブラックの他に、ゴールド、ホワイトのバリエーションがあります。

大容量のバッテリーが欲しい

不要なケーブルを持ち歩く必要がなく、大変重宝している Lightning一体型のモバイルバッテリー。
このタイプのモバイルバッテリーばかりを買いまくっているのですが、現在は Ye!!というメーカーの AiONE Slim 4000を利用中

普段使いにベストマッチの「AiONE Slim 4000」。スリム & マットな質感ながら、機能性も優れたモバイルバッテリーです。

現在も Amazonなどで ENERGY Slimとして発売されているので、スリムなバッテリーを探している方には非常にオススメです。もちろん、Apple MFi認証を取得済み。

あまりにも気に入りすぎてしまい 3つも所有していますが、4,000mAhと少し容量不足が気になってきました。
3,000mAh近いバッテリーを搭載する iPhone X を充電するには、もう少し余裕が欲しいところです。

欠点ばかりが目立つ Philips

改めて Lightning一体型として購入したのが、他社よりも 5倍も高い Philipsの DLP6100でした。
製品情報:USB モバイルバッテリー

  • ツヤツヤした質感で、キズが目立ち、滑りやすい
  • いちいちボタンを押さないと充電が開始されない
  • Lightningへの出力が 1Aで、充電が非常に遅い

…等など、まったく良い面が見当たらない。
もちろん、Philipsブランドの信頼感はあると思いますが、5倍も出して購入する価値はないと思います。

こっそり記載のある「Output 5V/1A」の文字。製品情報には記載なかったのでイヤな予感はしていましたが、microUSB側は 2Aですし、それなりの価格なので大丈夫だと過信してしまいました。

特に Lightning出力が 1Aだったとは想定外。
これでは iPadは充電できませんし、急速充電が話題に出やすい今日に発売された製品とは思えません。

外出時に充電している時こそ いち早く充電を完了して欲しいのですが、2.1A出力は USBポートのみでした。

手帳型ケース NODUS Access Case 3 を購入してみた