iPhoneケース レビュー
iPhoneSEに Suicaを仕込める 背面テクスチャーシートを使い始めた

こんにちは。Simplismの Rear Card Pocket Texture Sheetを利用している岩崎です。

iPhoneの背面に、Suicaなどのカードを収納できる背面テクスチャーシート。
一般的な iPhoneケースと違い 裏面に“貼り付ける”タイプ。縦横の大きさが変わらず 厚みのみが増すため、スッキリとカードを収納できるというのが特徴です。

基本的にケースは利用せず、スグに飽きてしまうタイプですが、2ヶ月ほど利用できているのでご紹介。
品質の悪さが気になりますが、やはり iPhoneに Suica機能があると便利。その利便性と 他にめぼしい製品がない結果、やむなく利用を続けています。

iPhoneSEに Suicaを仕込める 背面テクスチャーシートを使い始めたのメインビジュアル
iPhoneの裏面に貼り付けることで、Suicaなどのカードを 1枚収納できます。勝手に出てきてしまわないか心配しましたが、適度にホールドされているようです。

先日、Apple Watchを卒業し、モバイルSuicaが利用できなくなってしまいました。

関連記事:

iPhoneの通知に気が付けない Apple Watchを失う影響

iPhoneの通知に気が付けない Apple Watchを失う影響のメインビジュアル

通常のカードSuicaに戻ってしまい、これまで通り財布に入れたままでも良かったのですが、iPhone側に Suica機能があるとどんな利便性があるのかを疑似体験してみることにしました。

革的な質感のものやスエード風、木目という 3パターンで、合計 8種類が発売中。岩崎は「スエードグレイ」を選択しました。

…ということで選択してみたのが、Simplism Rear Card Pocket Texture Sheet for iPhone SE/5s/5(カードポケット背面テクスチャーシート)正式名称が長すぎる。。。
» Simplismの製品情報

最大の特徴は、フットプリントが変わらないこと。
思ったよりも厚みが増しますが、1週間くらいで慣れます。

防磁シートなどもある関係か、実際はカード 2枚分くらいの厚みがあります。
カメラ側からみると厚みがあるのが分かります。ホコリが溜まりやすいのが難点。

厚みよりも気になるのは、作りの悪さ。
エッジの処理が甘いのか、1週間程度でダメになってしまい、2mmくらいめくれてきます。

未使用の状態で、既に緩んでいる雰囲気。10日もしないうちにエッジの部分が剥がれてくるので、長く利用するのは難しそう…。

あっという間に安そうなケースをつけているチープ感が出るので、見た目が気になる人は辞めておいた方が無難。岩崎は僅差で便利さが勝っている状況ですが、次の iPhoneが出るまで使い続けられるかは微妙なところ。

もう少し良いケースがあればスグにでも乗り換えたいのですが、今のところ良い選択肢がないという現状です。

カフェで仕事をする時に 最適すぎる AirPods