USB Type-C 移行時に どのケーブルから購入すべきか?

MacBook Proも USB Type-Cのみとなり、インターフェースを USB Type-Cに集約するパソコンが増えています。
パソコンの買い換えとともに、USB周りも刷新しよう!と考えている方も多いのではないでしょうか。

岩崎も USB Type-Cのみの HP EliteBook Folio G1を購入し、USBケーブルなどをアレコレ買い揃えてしまいましたが、なかなかの無駄遣いに終わりました。

購入すべきは、USB Type-Cから Standard-Aへの変換ケーブル 1本のみ。
新しいパソコンと共に、ついつい USB Type-Cグッズを揃えてしまいたいところですが、費用や携帯性からしても、変換ケーブルを購入するのみで充分のようです。

USB Type-C 移行時に どのケーブルから購入すべきか?のメインビジュアル

iPhoneを愛用しているので Lightningケーブルは必須。
モバイルバッテリーなどの充電には Micro-Bケーブルを利用するので、以下のケーブルを持ち歩けば充分だと考えていました。

  • USB Type-C → Lightningケーブル
  • USB Type-C → USB Micro-Bケーブル
  • USB Type-C対応 ACアダプタ(充電器)
主な USBの種類。写真のような指す側がオス、指される側がメスとなります。
ベストバイはこちら。USB Type-Cから 一般的な USB Standard-A(メス)に変換するケーブルです。

備え付けの USBが利用できない

カフェに備え付けの USB。もちろん、一般的な Standard-Aが採用されています。

まず直面したのは、カフェや新幹線に備え付けの USBが利用できない問題。

USB Type-Cに揃えてしまった為、備え付けの USB端子(Standard-A)を利用することができません。

ただ、同時にコンセントも用意されていることが多いので、ACアダプタを利用すれば回避は可能。パソコンからも給電は可能ですし、問題としては軽微です。

ケーブルの選択肢が少ない

1本で Lightningと Micro-Bを兼ね備える LOEの Type-Cケーブルは便利。

様々な種類の USBケーブルが発売されていますが、USB Type-Cとなると 一気に選択肢が狭まります。

USB Type-C → Micro-Bケーブル は、まだ選択肢が増えてきていますが、USB Type-C → Lightningケーブル は致命的。

適切な長さで断線しにくく、MFi認証済みであることが望ましいですが、そもそも選べるほどの選択肢がありません。結局、割高の純正品を購入している人も多いのではないでしょうか。

変換ケーブルを購入すれば 一気に選択肢が広がるどこか、これまで愛用していたケーブルが利用可能。追加で購入する必要もないわけです。

ACアダプタにも制約が

岩崎が購入したのは、ELECOMのMPA-ACCFS103BK。高出力3.0A対応の為、58×58mmと少し大きめ。

iPhoneなどを充電する際、パソコンから給電しても良いですが、外出先で時間が限られる際には ACアダプタからの急速充電が便利です。

その為、ACアダプタも持ち歩いていますが、USB Type-Cの場合、コンパクトな ACアダプタがありません。

最近の Androidは 3Aもの急速充電に対応しているため、多くの Type-Cアダプタは 3A対応となり携帯性に欠けます。かといって小型な ACアダプタは 1Aなので急速充電にはなりません。

これらの問題も、変換ケーブルで解決が可能。一般的な USB Standard-A なら、選択の幅が一気に広がります。

変換ケーブルから徐々に移行しよう

外付けHDDや DVDドライブなどを利用する場合、結局変換ケーブルが必要になります。

パソコンに合わせて USB Type-C中心で揃えてしまった結果、予想以上に弊害がありました。

Androidや Macbookでも積極的に利用され、少しずつ Type-Cの対応機器も出揃いつつある状態ですが、時期そうそう感は否めません。

現時点では、手持ちの Standard-Aを活かしつつ、パソコンと接続する用に変換ケーブルを購入するのが無難そう。
さっそく Type-Cに乗り換えることはせず、まずは変換ケーブルから購入するのが、ベストな選択肢だと考えられます。

意外と高額で売却できた 3年目の VAIO Pro 11
Type-C 移行時に便利な USB充電器が発売された!