意外と高額で売却できた 3年目の VAIO Pro 11

こんにちは。2年に渡って愛用していた VAIO Pro 11を売却してきた岩崎です。

2014年に購入し、毎日のように酷使してきた VAIOですが、先日HP EliteBook Folio G1を購入したので、じゃんぱらにて買い取ってもらいました。

かなりの使用感があり心配していたのですが、56,000円で売却することができました。発売してから数年が経過しているにも関わらず、想定以上の高額ぶりに嬉しい限り。VAIOの人気の高さを伺えます。

意外と高額で売却できた 3年目の VAIO Pro 11のメインビジュアル
3万円くらいになれば良いかなーと考えていたので、とっても嬉しい臨時収入!じゃんぱらさん、さすがだわー。

満足度が高かった VAIO Pro 11

Webサイトの上限価格は 66,000円。2年も使い倒して 1万円程度の減額なら許容範囲です。

3年ワイドの長期保証に入っていたので、売却前にクリーニングを依頼。
外れていたゴム足や、外れかけていたキーボード等もキレイに整備してもらい、そのまま じゃんぱらに持ち込みました。

さすがに毎日持ち歩いて酷使しただけあって、液晶のキズやムラ、天板のスレなどがあり減額要素が多数…。
ただ、それでも 1万程度の減額にしかならず、充分な価格でした。

もともと 168,000円で購入したので、実質 11万円ほど。
デザインも機能も非常に満足していた VAIO Pro 11。費用対効果は非常に高かったと感じています。

OSアップグレードという罠

急きょ近くのカフェで、リカバリ開始。レスキューモードを利用することで、無事にダウングレードが行えました。

買取自体はスムーズだったのですが、1つだけ問題がありました。

Windows 10にアップグレードして利用していたのですが、購入時の OSと異なる場合、買い取り価格が半額になってしまうのだそうです。

え、それだけで?!…という気持ちになりましたが、アップグレードにより動作しないソフトウェア等も出てくるので、買い取り価格に大きく影響するのだそうです。

幸いリカバリ領域が残っていたので、近くのカフェにてダウングレードが成功。なんとか半額を逃れることができました。泣

じゃんぱらさんに限らず、OSのアップグレードは査定価格に響くらしいので、同じくパソコンの売却を考えられている方は要注意ですね。

HP EliteBook Folio G1は MacBook対抗馬ではない