MPA-ACCEN009 レビュー
Type-C 移行時に便利な USB充電器が発売された!

こんにちは。新たな USB充電器を購入した岩崎です。
新しいパソコンを購入し、日々 USB Type-Cに悩まされる今日この頃ですが、また 1つ問題を軽減できました。

購入した MPA-ACCEN009BKは、一般的な USBポートに加え、Type-Cポートも備えた AC充電器。USB Type-Cへの移行時にピッタリのアイテムです。

一見、目立った特徴も無さそうですが、なにげにステキな USB充電器のご紹介。

Type-C 移行時に便利な USB充電器が発売された!のメインビジュアル
新たに購入した USB充電器「MPA-ACCEN009BK」。表面はシボ加工されていて傷がつきにくいのもポイント。

相反する 充電時間と携帯性

USB充電器に求める要素は、下記の 2点。

  1. 急速充電に対応
  2. 可能な限りコンパクト
スマートフォンの急速充電に対応するには、出力電圧(アンペア)を高くすれば良いのですが、その分サイズが大きくなります。充電時間と携帯性は、相反する関係であるところが USB充電器の悩ましいところ。

しかし、iPhoneを利用している分には 1.8Aあれば充分。
それ以上の電圧があっても充電時間は変わらない為、「1.8A出力が可能で、できるだけコンパクトな USB充電器」を探せば良いわけです。

大きめサイズが多い Type-C充電器

Type-C対応の「Nexus 5X」。高電圧 3Aに対応した USB充電器が付属する。

一般的な USBプラグの場合、山ほど選択肢が出てくるのですが、Type-C対応は大きなサイズばかり。

恐らく、Type-C端子の Android端末が発売されたことが影響しています。
それらの多くが 3.0Aの高出力に対応しており、自然と USB充電器も大きくなってしまいます。

そもそも、高電圧に対応している Type-Cにも関わらず、1.8A程度というのは非常に中途半端。大は小を兼ねるわけで、3.0Aに注力されるのは必然的な流れでしょうか。

USB-Aに対応しながらもコンパクト

そんな状況の中で、登場したのが ELECOMの MPA-ACCEN009BK
以前利用していた MPA-ACCFS103BKから USBポートが増えながらも、3割以上もコンパクトです!

左下が新たに購入した「MPA-ACCEN009BK」。右上が利用していた USB充電器。奥にあるせいか、大きさの違いがイマイチ分かりにくいですが。
ELECOM製 USB充電器の比較表
型番新製品
MPA-ACCEN009
旧製品
MPA-ACCFS103
参考製品
MPA-ACUEN000
出力電流2.4 A3.0 A2.4 A
外形寸法50 x 50 x 22 mm58 x 58 x 25 mm39 x 35 x 30 mm
USB-A○ x1×○ x2
Type-C○ x1○ x1×

同じく 2.4Aで 2ポートを搭載している MPA-ACUEN000BKが 1年以上も前から発売されているので、もう少しガンバれそうな気もするのですが、これが Type-Cの難しさでしょうか。
…とは言え、一般的な USB充電器も不要となり、荷物の量を軽減できそうです。

USB Type-C 移行時に どのケーブルから購入すべきか?