手ブレ補正搭載 X-T5 登場か?! X-T3 後継機を 勝手に考える

X-T4X-T5か。
2020年春に X-T3の後継機が登場するという情報が、FujiRumorsに掲載されました。

According to our trusted sources, the Fujifilm X-T3 successor will start shipping in March/early spring.
This comes surprising, as if we take a look at the complete Fujifilm X cameras release timeline, if Fujifilm would have kept their usual X-T refresh-pace, it should have come around September 2020.

引用元:BREAKING: Fujifilm X-T3 Successor Shipping in March/Early Spring 2020 – TRUSTED SOURCE

意訳すると、信頼できる情報源によると、X-T3の後継機は3月か早春に出荷される。通常のリリースサイクルであれば、X-T3の後継機は 2020年9月頃になるはずなので、驚くべきことです。…といった感じでしょうか。

手ブレ補正搭載 X-T5 登場か?! X-T3 後継機を 勝手に考えるのメインビジュアル
大成功となった「X-T3」の後継機が、手ブレ補正を搭載して登場か??まだまだ噂レベルですが、人気モデルだけに期待は高まるばかり。

X-Pro3が登場したばかりですし、X100Vも発表もされていませんから、さすがに新世代の X-Transが搭載されることはないと思います。

噂を聞いたときには、T3からの感覚も踏まえると、クラシックネガや AFリミッターといった X-Pro3の要素を追加した改良版かと感じたのですが、待望のボディ内手ブレ補正を搭載した「X-T5じゃないかと期待しています。

尚、X-T4は飛び番になると予想。実際、Aシリーズも X-A3の 後継機は X-A5でした。

X-T3や X-Pro3を比較しながら、X-T5の主な仕様を予想
型番X-T3X-Pro3X-T5 ?
イメージセンサーX-Trans CMOS 4X-Trans CMOS 4X-Trans CMOS 4
有効画素数約2,610万画素約2,610万画素約2,610万画素
画像処理エンジンX-Processor 4X-Processor 4X-Processor 4
TIFF出力×○ 16 bit○ 16bit
測距輝度範囲- 3 EV- 6 EV- 6 EV
フォーカスリミッター×
手ブレ補正××○ 5軸補正
EVF リフレッシュレート最大 100 fps最大 200 fps最大 200 fps
フィルムシミュレーション16 モード17 モード(クラシックネガ)17 モード(クラシックネガ)
多重露光最大 2 枚最大 9 枚最大 9 枚
液晶モニター3方向チルト式Hidden LCD3方向チルト式
本体外形寸法132.5 × 92.8 × 58.8 mm140.5 × 82.8 × 46.1 mm139.8 × 97.3 × 85.5 mm ??
撮影時質量約 539 g約 497 g約 673 g ??

X-T3sとして平行販売される?

X-T3s」という噂もあります。
もしかすると、X-H2X-T3sとして発売することになったのではないでしょうか。

Hシリーズは色々な兼ね合いでネガティブな印象を持たれてしまうシリーズになってしまったため、Hシリーズではなく「手ぶれ補正がついて、少し大きい X-T3」という位置づけにした可能性があります。

そうすれば、Hシリーズ特有のフェザータッチシャッターなども Tシリーズに継承せずに発売できますし、T3との差別化や平行販売も可能です。

なにより、X-H1は 2018年 3月に発売されているため、X-H2X-T3sにしたとするならば、この時期の発売も合点がいきます。

関連記事: ミラーレスレビュー

新センサーだけではない 撮影の心地よさが魅力の X-T3

新センサーだけではない 撮影の心地よさが魅力の X-T3のメインビジュアル

関連記事:

XF33mmF1 が巨大化し開発中止。代わりに XF50mmF1が爆誕!!!(随時更新)

XF33mmF1 が巨大化し開発中止。代わりに XF50mmF1が爆誕!!!(随時更新)のメインビジュアル

関連記事:

大幅に改善されたが 所有感が満たされない X100V

大幅に改善されたが 所有感が満たされない X100Vのメインビジュアル
2019年 最もアクセスが多かった記事 TOP10
大幅に改善されたが 所有感が満たされない X100V