購入に踏み切れない 新型 VAIO S11

こんにちは。さっそく新VAIO S11を確認してきた岩崎です。

コンシューマ向けのデザインから、ビジネスらしいデザインに戻ってきた VAIO Sシリーズ。
VAIO Pro 11を長らく愛用し、現行の HP EliteBookに不満がある身としては、見逃せないモデルです。

課題だった HDMI出力端子も復活し、メモリも最大 16GBの搭載が可能。
「今スグ買い換えるべきノートだわ!」と、さっそく銀座のショールームにやってきました。

購入に踏み切れない 新型 VAIO S11のメインビジュアル
さっそく展示されていた「新型VAIO S11」。

VAIO Pro 11 とは似て非なる 別モデル

期待を胸に膨らませ足を運んだショールームでしたが、残念ながら購入するには至りませんでした。

確かに VAIO Proらしいデザインを踏襲していますが、まったくの別物。似て非なる存在です。

新型VAIO S11の背面には、無数のネジが露出。1本も表に出していなかった VAIO Pro 11から比べると、設計思想が異なる様子が感じられます。

プロフェッショナルに向けた究極ノートから、汎用的なノートにシフト。
専用のカスタム品を多用していた Proのような洗練さはありません。VAIOらしさは見受けられますが、“法人モデル”としてのバランスを優先したオールラウンダーでした。

もちろん、VAIO Pro 11は軽量化を意識するが故に、目に余る部分もありました。
あの頃のエゴが取り払われ、前モデルからの改良点なども踏襲されたとなれば、「間違いない」安定したモデルであることは確かです。

ただ、そんな尖っていた VAIO Proを過度に期待してしまったが故に、思わず落胆。手ぶらでショールームを後にしました。

Type-C 移行時に便利な USB充電器が発売された!