30万円オーバーの New XPS 13 2-in-1 を注文した!!

転職して半年程度が経過。
本業の落ち着きに合わせて兼業の仕事が増加しそうなので、思い切って New XPS 13 2-in-1 (7390)を注文してきました。

携帯性に優れる Microsoft Surface Goですが、さすがに仕事をするには支障が出るレベル。普段使いをしていましたが、遅すぎて時間を無駄にする日も少なくないので、いよいよ刷新することにしました。

また、購入の直前に数十万の無駄遣いをしてしまったことも後押しのキッカケ。無駄遣いするくらいなら資産に残そうかなと、反省したその日の夜に注文しました。
本日は、到着が待ちきれない!というだけの記事です。

30万円オーバーの New XPS 13 2-in-1 を注文した!!のメインビジュアル
本日は勢いで注文して、勢いで Blogを書いた結果、メインビジュアルまで手が回りませんでした。

パフォーマンス重視で選択

携帯性においては不満のない「Surface Go」。

関連記事: Surface Go レビュー

多くが失敗する Surface Go と 満足できる唯一の条件

多くが失敗する Surface Go と 満足できる唯一の条件のメインビジュアル

とはいえ、このパフォーマンスで使い続けるのは限界があるため、Core i5版のSurface Goか、12インチMacBookの新型が出たら、スグに乗り換えることは間違いないでしょう。

引用元:Surface Go レビュー - 多くが失敗する Surface Go と 満足できる唯一の条件

Surface Goのレビューに記載していた通り、もともと長続きしないとは感じていましたが、残念ながら待ち望んでいた後継モデルは発売されませんでした。

関連記事:

Surface Pro X では Photoshopや Lightroomが利用できない

Surface Pro X では Photoshopや Lightroomが利用できないのメインビジュアル

Surface Pro Xが非常に惜しいのですが、肝心の Adobe Photoshop Lightroomが動作しないので再検討。

関連記事:

Ice Lake搭載で期待高まる クリエイティブ重視のモバイルPC

Ice Lake搭載で期待高まる クリエイティブ重視のモバイルPCのメインビジュアル

ちょうど 第10世代の Intel Coreプロセッサ「Ice Lake」が登場したと言うことで、パフォーマンス重視で選択しました。

Surface Pro 7 との比較

Surface Goの低速さを補うため、最近は iPad Pro 11の両方を持ち歩くこともありました。

直前まで Surface Pro 7と悩みに悩んでいたのですが、こちらもスペック重視で XPS 13 2-in-1を選択。

メモリが 32GBまで増設できることと、液晶の品質が高いことが決め手。
Surface Pro 7は sRGB 97% / 400nit / ですが、XPS 13 2-in-1は sRGB 100%で 500nitと、色広域も輝度において優れており、大きさも解像度も高いです。

ただ、重量だけが気がかり。
1.33kgのパソコンは久しく持ち歩いたことが無いので、無事に持ち歩けるのかが心配です。

ここ最近 Surface GoiPad Pro 11を両方持ち歩く(約1.3kg)ことも多かったので、これが一本化されると考えれば、ギリギリいけるかなと。

また、軽装時は Surface Go、仕事が発生しない場合は iPad Pro 11と使いこなせれば良いかなという希望的観測もあります。

カスタマイズ構成

自由にカスタマイズできるのが DELLの魅力でもありますが、32GB メモリを選択した場合の組み合わせは皆無。無条件に最上位モデルを購入するしかありません。
i7プロセッサ、UHD+液晶、1TB SSDなどが固定されてしまうため、選択できるのは本体色くらいです。

購入した XPS 13 7390 2-in-1の構成
 XPS 13 2-in-1
メーカーDELL
OSWindows 10 Pro ( 64 bit )
CPUi7-1065G7
メモリ容量32 GB
メモリ種類LPDDR4-3733
SSD容量1TB
SSD接続PCIe NVMe M.2 SSD
Wi-FiWi-Fi 6
画面サイズ13.4 インチ
解像度3,840 x 2,400 px
色空間sRGB 100%
DCI-P3 90%
輝度500 nit
キーボードUS / International
296.40 mm
奥行207.40 mm
高さ6.94 - 13.10 mm
重量1,330 g
保障アクシデンタルダメージ
盗難対応オプション付き
販売価格¥ 316,798
常に実施されている DELLのキャンペーン。15% OFFくらいは常設レベル。

販売価格は 30万円オーバーですが、ハッピーハロウィンセールセールで 15% OFF。最終的な購入価格は 273,001円(税込)に収めることができました。

少額減価償却資産の特例があるので、30万円を超えるか否かは大きなボーダーライン。

DELLは 四六時中キャンペーンを実施しているので、もう少し我慢すればより安く購入することができるのは間違いありません。
さらに待てばヨドバシカメラの店頭販売も始まるため、ヨドバシポイントも還元されるようになります。ただ、店頭モデルに 32GBモデルは出てこないだろうと予想
兼業のお仕事も本格的になりそうなので、早めに手を打つことにしました。

発送予定日は 2019/11/26。
さっそくセットアップをしたいのですが、まだ 3週間以上も先となると、かなり待ち遠しい今日この頃です。

関連記事:

Ice Lake搭載で期待高まる クリエイティブ重視のモバイルPC

Ice Lake搭載で期待高まる クリエイティブ重視のモバイルPCのメインビジュアル
Ice Lake搭載で期待高まる クリエイティブ重視のモバイルPC