« ディスプレイ購入に、まさかの問題!?ポイントが…。 | 過去の日記ホーム | 更新できない切番ゲッター。 »

気になるデジカメ。導入Diskeeper。DoCoMo2.0?

この日記は Blogになる以前の『今日の日記』を、ムリヤリ Blog形式に変換したものです。
レイアウトが崩れている場合がございます。予めご了承ください。

こんにちは。 Sonyのデジカメが気になる岩崎です。

米国では2月に発表されたいた「DSC-W200」が、ついに国内でも正式に発売されるようです。
《製品情報》//www.sony.jp/products/Consumer/DSC/DSC-W200/

コンパクトデジカメとしては、初の1,210万画素が注目されるW200ですが、ISO6400という驚異の高感度にも驚き。

顔検出機能「顔キメ」も搭載されていて、顔の位置を自動的に検出。
ピントや明るさなどはもちろん、ホワイトバランスや赤目軽減、美肌コントロールまでしちゃうらしいです。


同じようなコンパクトカメラが、次々と発売される今日この頃。

毎回、発表されるデジカメを話題に出すコトは少なかったのですが、なんだかW200には魅力を感じてしまいました。

最初に目を引いたのは、ISO6400という高感度。
撮影サイズが1/4になってしまうようなのですが、それでも3M(2,048×1,536ドット)で撮影できます。

そこは1,210万画素という、余計すぎるほどに高い解像度がフォローしています。

そもそも1,210万画素(4,000×3,000)なんかで撮影していたら、あっというまにメモリが無くなってしまいそうなので、感度を優先してもちょうど良いくらいです。


…とまぁ、その程度でSonyのページを眺めていたのですが、なかなかデザインが魅力的であるコトに気がつきました。

最近は、なんとか個性を出そうと、変わったデザインのモノも増えていたところだったので、こういったシンプルなデザインを待っていたという感じです。

上位モデルながらも、背面もスッキリしていてキレイです。

アルミを採用したフルメタルのボディが魅力的ですし、ダイヤカットのロゴも高級感が溢れて好印象。

さっそくヨドバシカメラでも予約を受け付けていて、ヨドバシ価格は、10%還元の49,800円。

コレって、意外に買いなんじゃないのか??とか考えているのですが、デジカメを利用する機会がないのが悩みどころです。

6月1日に発売予定。
発売されたら、とりあえず現物を確認してみようと思います。


そう言えば、昨日の日記には3つの選択肢がありました。

 |[1]. 最初に悩んでいた、三菱の「RDT261WH」を購入する
 |[2]. いっそのコト、上位モデルの「LCD2690WUXi」を購入
 |[3]. ポイントを諦め、別店舗で購入する

購入を予定していた液晶ディスプレイ「LCD2490WUXi」が、ヨドバシカメラで扱っていないため、どうしようか?という選択肢です。

結局、ポイントを諦め別店舗という、最悪のパターンになりそうな感じなのですが、そんな落ち込んでいるところに、書き逃げ板に書き込みがありました。

 >ていうかさん
 |[4] 発売後にリクエストする
 |https://order.yodobashi.com/estate/servlet/request

おぅー!ヨドバシカメラには、こんなページがあったのですね!?

…というコトで、思わずリクエストw
発売後と言われていたのですが、待ちきれませんでした。

 |【ご要望商品の情報】
 | JANコード 4541225003231
 | 商品分野 パソコン用液晶モニター
 | 商品名または型番 LCD2490WUXi
 | メーカー名 NEC

他にも、製品のホームページや他のサイトなど、書けるコトはすべて書いて送信。

後日、メールにて連絡が来るそうです。
無事に扱ってもらえると嬉しいですね。

ダメだった場合は、また発売後にリクエストしてみる予定です。

また、最後の望みとして店頭で粘ってみようとも検討中。

新宿本店とか秋葉原とか、ちょっと大きめの店舗に言って、ちょっとエラそうな感じの人にお願いしてみようと思います。

               - * -

この頃「DoCoMo2.0」という言葉を頻繁に見かけます。

もちろん、ドコモが頻繁に広告などを行っているせいですが、その広告に対して、こんな意見がありました。

 「最近、負け組ドコモが必死になって広告してるよね。」

負け組ドコモとは面白い発言ですが、どうやらMNPで加入数が1番悪かったコトから、負け組ドコモという言葉が広がっているようです。

加えて、ソフトバンクがホワイトプランで大ブレイク。
ますます負け組ドコモという印象が強まった様子。

実際、ドコモを「負け組」とする記事も多く、中には、ドコモも終わったな…という書き込みもありました。


ドコモは負け組なんだろうか???
個人的には、少し疑問に思っています。

こんなコトを書くと、またドコモの肩を持って…なんて言われてしまいそうですが。

そもそも、ドコモは1番のシェアを誇っているので、新規にユーザ取り込むような戦略は、多キャリアほどしていません。

1番利用者が多いコトから、auと同じ比率で解約者が居た場合、とうぜんながら解約数も多くなります。

もちろん、auの方が魅力と感じてMNPを利用した人も多いと思うので、同じシェアだったとしても、auがTOPになる可能性はありますが、もし同じシェアだった場合、ドコモもauも現在のようなマーケットは行っていないハズです。


そんなドコモが、いよいよ反撃を開始する。

MNPがある程度落ち着いてきた、このタイミングは絶妙だし、予想以上にタイミングをズラしてきた904iシリーズは、明らかにウラがありそうなラインナップ。

そして、「さて、そろそろ反撃してもいいですか?」という、挑戦的なキャッチコピーからも、ヤバそうな雰囲気を感じます。

ドコモの宣伝力とブランド戦略は非常に強力。

現在、DoCoMo2.0として発表されているだけでは、とても終わるとは思えない。

むしろ、現在発表されているサービスや端末などは、DoCoMo2.0を印象づけるための材料に過ぎないと思います。

浅野忠信、長瀬智也、妻夫木聡、瑛太、吹石一恵、土屋アンナ、蒼井優、北川景子…等など、さすがのキャスティング。
妻夫木聡など、auでも起用されていた人などをキャスティングする辺り、反撃の体制が伺えます。

明日、なにかしらの発表があるらしいのですが、本当の反撃は、もっと内部的にやってきます。

それがドコモだし、負け組だと言われている今が、本当に怖い時期なのです。

こうして、結局ドコモはTOPの座を揺るがない。

でも、ドコモがそうであるからこそ、auが面白いのです。

               - * -

パソコンに、ハードディスクの最適化を行うソフトウェア、「Diskeeper」を導入してみました。

Vistaが起動してから、様々なソフトをインストールしたし、書いたり消したりを繰り返している状態だったので、最適化を行いたいところでした。

100GB近いファイルが、消えたり増えたりしているので、そうとうファイルが分散しているハズです。


ところが、Vistaに付属している最適化を実行したら驚きました。

「最適化しています…」的なグラフィカルな画面が表示されず、パーセントの進捗状況のみ。ヘタなフリーソフトよりもシンプルです。
どれくらいバラバラかも、視覚的にとらえるコトができません。

色々とGUIが進化しているVistaだったので、最適化ツールも、ずいぶんと進化しているだろうと期待していたのですが、進化どころか、大きく退化していました。

XPまではグラフィカルな表示がされていたので、とっても分かりやすかったのですが、Vistaは最適化ツールが不完全なようです。

あまりにもスゴい退化ぶりで、思わず終了。

そもそも、RAIDの環境に最適化が行えるのかも微妙だったので、処理の続行はしませんでした。

そこで、RAIDの環境でも実行できる(らしい)、市販ソフト「Diskeeper」で最適化を行うコトにしました。

O&OやPerfectDiskなど、色々と最適化ツールは発売されていますが、Diskeeperを選んだのは、以下の理由。

会社のパソコンや、昔のパソコンなどの実績がある上、Windowsに付属している最適化ソフトは、Diskeeperが元になっています。

また、RAID環境下で利用している人がいたので、そんな実績と信頼性から、Diskeeperを選択しました。


しかし、現在発売されているDiskeeper10は、Vistaに対応していません。

どうやら、まだ日本語化されていない最新バージョン、「Diskeeper2007」にて対応するそうです。

そこで、Diskeeper2007の英語版を導入しています。

以前使っていたコトがあったので、ある程度の操作は可能。
そもそも、最適化するだけのソフトなので、そんなに難しいコトはないです。

なにより嬉しいのは、英語版でも体験版があったコト。
現在は、30日間機能無制限で利用できる、体験版が導入されています。

そう言えば、毎日バリバリ利用しているATOKも体験版だし、当たり前のように利用してたLightroomも体験版ですね。

試用期限が切れる、30日後は大変なコトになってそうです…。


…と、話はズレてしまいましたが、Diskeeperを導入したおかげで、バッチリ最適化が完了しました。

RAIDの環境では、あんまり最適化をしない方が良い…なんて情報もあったので、無事に動作するのか心配していましたが、なにごともなく終了しました。

まず、「Analyze...」を行うと解析が行われ、見慣れたグラフィカルな画面が登場します。

さらに「Defragment」で、最適化を開始。
次々とファイルが集まりだり、4時間ほどで最適化が完了しました。

おかげで起動時間が短縮した気がするし、全体的なパフォーマンスも向上したように思えます。

自分の場合、RAID1(ミラーリング)を行っているのですが、なんの問題もなく最適化は行えるようです。

この調子で、データ用のハードディスクも最適化する予定です。


とりあえず、日本語版が出るまでは体験版を使う予定ですが、30日以内に日本語版が発売されなかった場合、そのまま英語版を購入してみようかな?とも思っています。

どうやらVectorで英語版を購入すると、無償で日本語版にアップデートできるそうなんですよね。

現在のところ、OS付属のツールで最適化をするのは不安なので、どちらにしても、購入しないと最適化が行えません。

ゴチャゴチャになったハードディスクが、スッキリと最適化されるアノ感じは、けっこー快感なので、最適化ができないのは困ります。

なので、日本語版が出ないときは、そのまま英語版を購入しようと思っています。

いずれ日本語版になるのであれば、既に購入しておいた方が良さそうですし。


ただ、英語版にはHome版が無いんですよねぇ。
前バージョンにはHome版ってのがあって、3,570円と値段もお得。

自分の場合、複数のドライブに対して最適化かけちゃうとか、2TBのドライブに最適化かけちゃうとかってコトはないので、Home版で十分なのですが、Vectorではダウンロードできないみたいです。

製品がないのかと思ったのですが、本家のホームページにはHome版があったので、単純にVectorで扱っていないみたいです。

日本語版と同時に登場するのであれば、やっぱり日本語版を待ちたいなぁ。

とりあえず試用が切れる直前までに、しっかりキレイにしておいて、保留にしてみるってのもアリかもですね。

               - * -

小さいコトなんですが、Vistaの電源ボタンが変更できるコトに気がつきました。

パソコンの電源を切るには、スタートメニューを利用するのが一般的です。

自分も、スタートメニューから電源を落とす派なのですが、Vistaには「スリープ」と「ロック」がデフォルトで表示されています。

電源を落とす場合は、その横にある三角ボタンを押して、「シャットダウン」を選ばなくてはイケません。

けっこー手間だなーと思っていたのですが、ココを変更する方法があったみたいです。
しかも、レジストリを直接操作せずGUIで変更できます。

方法は、コントロールパネルの「ハードウェアとサウンド」にあります。

そこから「電源オプション」を選択して、お気に入りのプランから「プラン設定の変更」をクリックします。

ページが切り替わるので、下の方にある「詳細な電源設定の変更(C)」をクリック。

電源オプションウィンドウが開くので、ツリービューから「電源ボタンとLID」を選択。
そのまま「[スタート]メニューの電源ボタンの操作」をたどると、ようやく「設定:スリープ状態」という設定にありつけます。

あとは、シャットダウンなど好みの設定を選ぶだけ。

OKを押すとスタートメニューのスリープのアイコンが変更され、シャットダウンなどになっています。
これで電源を落とすのが、ずいぶんとラクになりました。

昔のパソコンだと、サスペンドから復帰するのに、ぜったいエラーが発生したりしていたので、中途半端に起動させておくってのが嫌いなんですよね。


…というコトで、既に夜中の5時を過ぎていますが、これから部屋を片付けなくてはイケません。

仕事も忙しいし、本当にヒマがないなぁ…。
気がついたら、もう外が明るいじゃないかー。(=д=;

…というか、この日記に4時間もかかったのか…。
書き始めると止まらないなぁ。ドコモの話題が余計だったろうか…。

とりあえず予定も詰まっているので、今日はこの辺で失礼いたします。^-^/~

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 日記への意見や感想等、随時募集中!!  //www.mushikabu.net/
 岩崎 仁(FZK11464@nifty.com)   2007年 5月 15日 火曜日
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

« ディスプレイ購入に、まさかの問題!?ポイントが…。 | 過去の日記ホーム | 更新できない切番ゲッター。 »

Last Update 2017/02/22