サイト名とドメイン名が異なる悩み

こんにちは。サイト名とドメイン名の違いに悩む岩崎です。

先日も個人ブロガーと話題に上がったのですが、サイト名とドメイン名は 一緒が良いかどうか。
このサイトは「mushikabu.net」というドメインで、「岩崎仁の俺は語りたい!」というサイト名のため、もはや関連性もなにもありません。

まったく一緒ではなくても、多少の関連性があった方が良いだろうと、悩むこと数年。ただ、17年も愛用し続けてきたサイト名を変更するには なかなか踏みとどまれずの日々が続いています。

サイト名とドメイン名が異なる悩みのメインビジュアル
ブラウザには「岩崎仁の俺は語りたい!」とサイト名が表示されるため、ドメインの関係性が分かりにくい。

サイト名を決めたのは 1998年のこと。

当時は 独自ドメインも珍しい場合も多く、サイト名は自由に付けていた方が多かったと記憶しています。なにより当時高校生だった自分には、そこまでの計画性はありませんでした。

その後、サイトを拡充していく中で 自分の中での整理はしていたつもりなのですが、先日のサイトリニューアルで 改めて頭を抱えています。

サイト内で利用しているサイト名やロゴなどを、整理するとこのようなイメージ。

Sonyさんや SUNTORYさんと、同列にヘタレなロゴを並べてしまう失礼を許して頂きたいのですが、要は 「mushikabu.net」はコーポレート的な立ち位置に存在しており、「岩崎仁の俺は語りたい!」は その 1コーナーでした。

ただ、先日のリニューアルで Blogをより全面に押し出した結果、結局 サイト名と ドメイン名は同じような立ち位置となり、その区分けが難しい状態になっています。

いっそ mushikabu.netに統一しても良さそうですが、「岩崎仁の俺は語りたい!」のサイト名とロゴには、それなりのインパクトもあると感じており、より個性が無くなってしまうのも悩ましいところです。

本名とハンドル名の違い

フッターのプロフィール部分には、本名とハンドル名を並べています。

さらに言えば、「岩崎 仁」も整理したい問題の 1つ。

もし、サイト名とドメイン名を統一し スッキリ整理できたとしても、mushikabu.netという意味不明さが残ります。なぜならサイトのどこにも mushikabuが登場しません。

プロフィールを見れば、岩崎仁が mushikabuというハンドル名を利用していることは理解できますが、そこまでくみ取れる人は少ないと思います。

いっそ、岩崎仁を消してしまい mushikabuというハンドルネームだけに統一してしまえば、読者の理解も進みそう。「mushikabuさんの mushikabu.netなんだな」と。
こんにちは。@mushikabuです。なんて、Twitterアカウントに紐付けちゃったりすると、よりイマ風ですね。

ただ、本名で運営することに意味もある側面もあり、そこまで踏み切るのもいかがなものか…。こうして、大した結論も出ずに数年の日々が過ぎています。


…ということで、これからサイトを構築しようとされている方は、是非その辺りを考えて置いた方が良いですよ…という取り留めのないお話しでした。それでは今日はこの辺で…。^-^/~

関連記事:

ようやく Blogの画像圧縮を自動化した

ようやく Blogの画像圧縮を自動化したのメインビジュアル
コメント機能を Facebookから MT標準に切り替えた
404 エラーページをリニューアル