« 終電逃した。 | 過去の日記ホーム | 眠い。 »

固定電話と携帯電話の融合。

この日記は Blogになる以前の『今日の日記』を、ムリヤリ Blog形式に変換したものです。
レイアウトが崩れている場合がございます。予めご了承ください。

こんにちは。 もぅヘトヘトで、倒れそうな感じの岩崎です、
納期が迫っているので、毎日終電。帰って来るのは深夜の1時過ぎ。
まだ月曜日なんですが、先週くらいから休みなく働いているコトもあって、かなりグッタリしています。

なんだか頭痛もしてきたし、このままだと無事に週末を迎えられるのかが不安です。

その為、今日は帰宅して寝ようかと思ったのですが、このまま日記を止めるワケにもいかないし、昨日、携帯で書いていた日記も載せたいし、パソコンの電源を付けるコトに。

こうして、熟睡できないまま明日を迎えるコトとなりそうです。


そもそも、今日の日記を書いてやろうかと思ったのには、遅れているコトの他に、FMCに関するニュースを発見したから。

なんと、FMCの番号として「090」や「080」が解禁となったのです!

一体、なんのコトを言ってるのよ…って感じの人も多いとは思いますが、携帯関連の話題としては、少し前に注目されたホット(?)なニュース。

そもそも「FMC(Fixed-Mobile Convergence)」とは、携帯電話と固定電話を、1つの電話番号で利用しようというサービスです。

最近は携帯電話の普及によって、家の中でも携帯電話で通話している人は多いかと思います。

おかげで固定電話の利用数が減りつつあり、利益も下がっています。


そこで、自宅にいる時は固定電話の回線を利用しようというのが狙い。

このサービスが実現するコトで、自宅に居る時は固定電話の回線を利用し、外出している時は、携帯電話の回線を利用するコトができるのです。

トータル的な通話料金が減るだけではなく、固定電話と携帯電話の使い分けが不要になり、場合によっては、請求書さえも1つにまとめられるという、様々なメリットがあるのです。

既に、海外では実用されているケースがあるようで、室内でBluetoothを利用しているそうです。


固定電話と携帯電話の融合。
それがFMCなワケで、通話を頻繁に行なうユーザには魅力的なサービス。

また、室内だと電波が安定しない自分の環境でも、室内のアンテナを利用できるようになれば、それだけでもメリットがあります。


しかし、これまでFMCに利用できる共通の番号は、頭が「060」と指定されていました。

それが、ついに「080」や「090」の利用が可能になると、解禁される方向となったのです。

まだ完全に確定したワケではなく、現在は意見を募集している段階のようですが、080などが利用できるように進んでいる様子です。


以前、PHSが固定電話の子機として利用できていて、非常に便利な時期がありました。

自宅に帰ると、自動的に固定電話の子機として切り替わり、PHSから発信しても、固定電話として利用できたのです。

FMCは、これをさらに発展させて、様々な通信網を融合させた形。

現在、固定電話から携帯電話に発信した場合、携帯電話から携帯電話にかける場合より4割ほど安いです。

 NTT東日本 → DoCoMo 16.8円/分
 NTT東日本 → au     18.375円/分
 NTT東日本 → SB     18.375円/分
 DoCoMo → DoCoMo 29.4円/分  ※プランM
 au     → au     29.4円/分  ※プランM

1ヶ月の通話のうち、半分が固定電話になるだけでも、十分に価値がありそう。
IP電話を利用すれば、もっと固定電話の料金が下がるでしょうし、ますます通話料を抑えるコトができます。

なにより、固定電話と携帯電話の使い分けが不要というのが魅力的。

様々な制約がありそうですが、是非とも実現してもらいたいところです。


…と言うコトで、もう限界なので、明日のためにも、今日はこの辺で失礼致します。^-^/~

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 日記への意見や感想等、随時募集中!!  //www.mushikabu.net/
 岩崎 仁(FZK11464@nifty.com)   2007年 1月 29日 月曜日
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

« 終電逃した。 | 過去の日記ホーム | 眠い。 »

Last Update 2017/02/22