« 朝からの不調は救急車に続く。これは風邪じゃない。 | 過去の日記ホーム | 病み上がりも忙しい。 »

急性胃腸炎で、まさかの入院。明日から仕事です。

この日記は Blogになる以前の『今日の日記』を、ムリヤリ Blog形式に変換したものです。
レイアウトが崩れている場合がございます。予めご了承ください。

こんにちは。 結局、入院するコトとなった岩崎です。

理由は、急性胃腸炎。

急性胃腸炎になった原因は不明のままですが、1日中、病院のベッドで点滴を受けていました。


コトの始まりは昨日から。

突然、調子が悪くなり、部屋で安静にしていても回復の兆しが見えないコトから、救急車で病院に運んでもらうコトにしました。

とりあえず点滴をうって安静にしていたのですが、あんまり熱が下がらないので、肩から注射。

すげー痛い。
こんな重みのある注射は初めてです。


そして、気が付いたら今日になっていて、目が覚めたら随分とラクになっていたって感じでした。

朝と昼に、食事を出してもらったのですが、あんまり食欲はありませんでした。

いつもならペロリと食べられてしまう量でも、ぜんぜん食べるコトができず、かなりグッタリしていた感じです。


1時間おきくらいに看護婦さんが質問に来たりして、なかなか眠れなかったのを記憶しています。

看護婦さん、明るい人で注射もウマくて、なかなか綺麗でした。

お医者さんも、綺麗な女医さんでした。


そして、気が付いたら夕方になっていて、なんとか歩けるほど回復していたので、そのまま退院。

個室のベッドを利用したせいもあって、約2万円の入院費でした。

救急車で運ばれてきているので、お金を持っているワケもなく、とりあえず、いったん帰るコトに。

看護婦さんに「なにで帰るの?」と言われたので、「タクシーで帰る予定です」と伝えました。

マンションから近いとは思うのですが、コートも着ずに歩いて帰って、またぶり返したら笑えません。

ところが「タクシーなんて呼ばないで、歩いて帰ったほうが良いよ!」と、看護婦さん。まだまだ病人に、なかなかの強気だねー。

案内してくれるとのコトなので、とりあえず一緒に病院を出るコトに。

そこの道をまっすぐ行けば、スグマンションだから。
…とのコト。

随分詳しいな…と思ったら、なんとその看護婦さんも、少し前まで同じマンションに住んでいたんだそうです。

マジカー!と、話を盛り上げたいところなのですが、なにより体調が悪くてそれどころじゃない。

とにかく歩いてみたら、本当にスグそこにマンションがありました。

コートを着て、近くのコンビニでお金をおろし、改めて病院へ。

2万円払って、またマンションに帰ってきました。

病院で点滴を受け、ちゃんと治療を受けてきたせいか、昨日よりは随分と回復。

明日は仕事。
このまま安静にしていれば、朝までには、なんとかなりそうな感じです。


しかし、一昨日までは全然元気だったのに、突然、入院するまで体調を崩すとは、本当に未来ってわからないですね。

入院費だってバカにならないし、なんらかの保険とかに入っておいた方が良さそうですね。

これまでは、常に絶好調だよバカヤローと、保険を軽視していた部分があったのですが、今回の件で、ちょっと気にした方が良いかな…と思えてきました。

そして、入院しながら、このまま数日間治らなかったらどうなるんだろう…とも思ったし、改めてフリーの怖さを痛感したり。

友達からは、好い加減に休めよって、警告だったんじゃないの?とも言われました。

なんだか色々と考えるコトのできた、今回の入院事件。

幸い、仕事のほうはリカバリできそうな感じだし、必要なイベントだったのカモ知れませんね。

…と言うコトで、今日はこの辺で失礼致します。^-^/~

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 日記への意見や感想等、随時募集中!!  //www.mushikabu.net/
 岩崎 仁(FZK11464@nifty.com)   2007年 2月 26日 月曜日
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

« 朝からの不調は救急車に続く。これは風邪じゃない。 | 過去の日記ホーム | 病み上がりも忙しい。 »

Last Update 2017/02/22