« W53CAの実機をチェック!!質感はいかに? | 過去の日記ホーム | やっぱり必要そうなMySync。 »

ついに設置したディスプレイ。それはもう別世界。

この日記は Blogになる以前の『今日の日記』を、ムリヤリ Blog形式に変換したものです。
レイアウトが崩れている場合がございます。予めご了承ください。

こんにちは。 ついに新しいディスプレイを設置した岩崎です!

 1999年3月20日 GDM-F400購入。
 2001年4月頃   ディスプレイから異常音。
 2004年5月頃   ディスプレイの歪みが悪化。直らない。
 2007年5月GW  新型パソコン完成!
 2007年5月20日 LCD2490WUXi購入。
 2007年5月27日 ディスプレイが自宅に到着。
 2007年5月29日 ついに設置!!!!!

…と言うコトで、前のディスプレイが故障してから考えると、随分な月日が経過していたようです。

なんせ画面が歪んでからは、約3年が経過。

数cmクラスの歪みだったので、かなりの重度だったのですが、それでも3年も使っていた自分に驚きです。


また、昔のディスプレイは歪んでいるだけではありません。

歪みに合わせてフォーカスが狂い、シャープさが欠け、文字がにじんで、細かい文字は判断するコトが困難です。

明るくすると、ますます文字がにじむので、明るさ0、コントラスト20(最大100)という、かなり暗い設定で使い込んでいました。

そんな状況で3年も使っていただけに、新しいディスプレイの表現力には、感動というよりも衝撃を受けました。


27日。
予定よりも早めに到着したディスプレイでしたが、色々と予定が詰まっていたため、なかなか設置するコトができませんでした。

今日も、そんなに時間があったワケでもなかったのですが、新しいディスプレイが設置したくてたまらず、設置作業を開始。

夜中の2時という、けっこー危険な時間帯でしたが、目の前に置いてある箱を横目に、睡眠を取るコトはできませんでした。


こうして、設置を開始したディスプレイでしたが、設置が終わった頃には、既に4時が過ぎていました。

設置するだけならラクなのですが、デスクの掃除なども始めてしまい、なんだかんだで2時間もかかってしまいました。

昔のディスプレイを数年ぶりに動かしたら、けっこー汚れていたので、掃除をするコトに。

そしたら、この際だからデスクの整理も行っちゃうかー的なノリになり
アレコレしているうちに、あっという間に時間が経過してしまいました。

結局。寝れたのは朝の5時過ぎ。
言うまでもなく、今日の仕事は午後出社。


しかし、新しいディスプレイはもちろん、キレイになったデスクの影響もあり、ついに新しいパソコンが完成したという感じです。

実際にパソコンが完成したのはゴールデンウィークだったのですが、変わったのは本体のみで、デスクの上は何ひとつ変わっていません。

その為、みかけのインパクトが非常に弱かったのですが、新しいディスプレイ、新しいマウス、新しいスピーカーなどの影響もあり、ついに完成を実感するコトができた気がします。


設置をして、まず驚いたのがディスプレイの大きさ。
とにかくデカイ!!

解像度が高ければ、大きさなんてなんでも良かったのですが、やはり大きいと迫力があります。

小型な洗濯機なみの箱で届いたあたりから、普通のディスプレイじゃない雰囲気が漂っていましたが、それがデスクの上に乗ってくると、ますます迫力が違います。

自分の購入したディスプレイは、24.1型なので、画面の大きさは518×324mm。
画面一杯に写真を表示すると、「おぉ!」とか思わず声が出ちゃいます。

幸いにもドット欠けなどの不具合もなく、デスクへの設置は無事に完了しました。


設置が完了し、次はディスプレイの設定。

明るさなど、色々と設定項目はあるのですが、ムラ補正機能と、明るさに対する設定に感激。

最初に液晶を見たとき、左下が暗くなっているのが気になっていました。

ただ、大きい液晶なのでムラが出るのは仕方ないコトですが、ムラ補正機能を利用すると、そのムラが消えるのです!

どうやら、1台1台の特性に合わせて、工場で個別調整を行っているそうで、ムラ補正機能を利用すると、その設定が有効になるんだそうです。

さすが18万円オーバー。
その辺の液晶とは品質が違うようです。


さらに感激したのが、時代の進化を感じた明るさ設定のアレコレ。

この辺の機能は、以前のディスプレイになかった機能というだけで、特にLCD2490WUXiの特性というワケではないのですが、その配慮の多さに、個人的に感動してしまいました。

周囲の明るさに応じて、画面の明るさを設定するくらいは、当たり前の機能ですが、その感知力が凄い。

設定を表示したままでいると、0.1秒くらいで瞬時に反応し、みるみる画面の明るさが調整されていきます。

遅くもなく、早くもなく、自然な早さで調整され、利用中に不快を感じるような動きではありません。かなり自然。

画面に白が増えてくると明るさを下げて、まぶしさを押さえるなどの機能も充実。


さらに感動なのが、周囲の明るさによるパワーマネージメント機能。

パソコンからの信号が途絶えた場合に、パワーマネージメント機能が作動するのはもちろん、周囲の明るさが設定値以下になった場合も、機能が作動します。

長時間の処理などで、パソコンをつけっぱなしで寝る場合などに便利そう。

とりあえず部屋の電気を消せば、一定時間でマネージメント機能が作動。
周囲を明るくすれば自動的に復帰するため、部屋の電気をつけるだけで、パソコンの状況を確認できます。
イチイチディスプレイの電源をON/OFFしなくて済むのでラクそうです。

そのほかにも、色々と機能が充実しているようで、今までのディスプレイとは、かなりの違い。

昔のディスプレイも、決して悪いモノではなかったのですが、さすがに8年も経過すると、様々な改良が行われているようです。


解像度は、以前とそんなに変わっていないのですが、画面が大きく鮮明になった分、フォントを小さくしても読めるので、作業領域は、少し広まった気がします。

また、ようやくタスクトレイのアイコンを識別できるようになりました。
今までは歪みの極致だったので、アイコンを識別するコトは困難でした。

色の表示も、本当に素晴らしいです。

写真などを表示していると、その場所にいるかのよう。

なんせ今までのディスプレイが壊れかけていたので、本当に感激です。


…というコトで、気がつけば今日も朝の5時。

明日の仕事も怪しい雲行きですが、色々と予定もあるので、寝坊するワケにはいきません。

まだまだ書きたいコトもあったのですが、今日のところは、この辺で失礼いたします。^-^/~

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 日記への意見や感想等、随時募集中!!  //www.mushikabu.net/
 岩崎 仁(FZK11464@nifty.com)   2007年 5月 29日 火曜日
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

« W53CAの実機をチェック!!質感はいかに? | 過去の日記ホーム | やっぱり必要そうなMySync。 »

Last Update 2017/02/22