« ついにCS2を購入だ! | 過去の日記ホーム | 失敗だったヨコ持ちマウス。 »

@nifty10周年。まだまだ拡張したいMyパソコン。

この日記は Blogになる以前の『今日の日記』を、ムリヤリ Blog形式に変換したものです。
レイアウトが崩れている場合がございます。予めご了承ください。

こんにちは。 @niftyに加入して10周年が経過していた岩崎です。

@niftyからメールが届いたので、なにかなーと思ったら、こんなメールが届いていました。

 |【入会10周年】ご利用ありがとうございます
 |弊社サービスを長年にわたりご愛顧いただき、誠にありがとうござい
 |ます。2007年6月5日は、岩崎仁様が@niftyにご入会されてから、ちょ
 |うど10周年となります。

@niftyは、自分が始めて契約したプロバイダ。

つまり、自分がインターネット(当時はパソコン通信)に触れてから、ちょうど1年が経過しているコトになります。

当時は16歳だったコトもあり、まだまだ若かったと思うのですが、あれからもう10年も経つんですね。

さすがに10年も経っていると、インターネットのない生活は考えられない気がします。

ちょっとした調べモノや、疑問点なども、インターネットさえあれば調べるコトができますし、辞書や地図など、様々なサービスも受けられます。

今じゃ、インターネットでしか新人を募集していない会社もあるようですし、もう、大事なライフラインの1つですね。

               - * -

さて、新しいパソコンの購入で、出費しまくりの今日この頃ですが、まだまだ、その物欲は落ち着いていません。

パソコンが、まだ“完全体”ではないと感じているので、さらなる拡張が必要だと感じています。

DVDドライブの追加や、レガシードライブの廃止など、まだまだやりたいコトがあるのですが、せっかくVistaにしたコトだし、Vista特有の機能は活用したいところ。

たとえば、ReadyBoostや ReadyDriveといった、パソコンの高速化をおこなう機能です。

前者は、以前はハードディスクに保存していたキャッシュを、ランダムアクセスに強いUSBメモリに保存コトで、高速化を狙う機能。

後者は、ハードディスク内にフラッシュメモリを搭載するコトで、読取速度の高速化、省電力化、静穏化などを狙う機能です。


前者はメモリの増設が困難な、ノートパソコンなどで効果を発揮する機能なのですが、デスクトップでも、少なからず効果を発揮するそうです。

実際、タスクマネージャを確認してみると、ハードディスクにキャッシュされているデータはあるようで、このデータがUSBメモリに保存されれば、ある程度の効果は期待できると考えられます。


…というコトで、さっそく購入を検討してみたのですが、高速なUSBメモリは、意外に高価なコトが判明。

バッファローからは、高速なUSBメモリとして、「RUF2-Rシリーズ」が発売されているのですが、1GBが、12,800円(ヨドバシカメラ価格)。

2GBともなると、22,800円もします。

どうせやるなら最速だとは思うものの、1万円オーバーは抵抗があります。


そもそも、1万円以上だすのなら、普通に内臓メモリを購入した方が安いコトに気がつきました。

自分が購入したUMAXのメモリは、現在1GB×2枚で、14,000円前後で購入できるそうです。

USBメモリを購入するのなら、コチラを購入した方が、ダンゼン良さそうですね。


…というか、もう少し安くなったら購入予定。

どうせメモリを購入するのなら、同じメモリがあるうちに購入しておこうと思うのです。

32ビット版だと、最大3GBまでしか認識されないそうですが、Creative Suiteも購入したコトですし、増設しておこうと思っています。


そして、ハードディスクにフラッシュメモリを搭載する、ReadyDriveですが、これはけっこー予定外でした。

こういったハードディスクを、ハイブリッドHDDというらしいのですが、これらが一般的に発売になってきたら、手持ちのハードディスクを全て交換する予定でした。

明らかに効果があると思うので。

ところが、搭載できるハイブリッドHDDの台数は、1台までという制限があるようで、RAID環境で利用できるのかも微妙。

おまけにシステムドライブのみという制限もあるようで、自分の構想は実現できないコトが判明しました。残念。

ただ、ソフトウェア的な問題だと思うので、今後ハイブリッドHDDが一般的になってくれば、改善してくるのではないかと思います。

               - * -

そう言えば、秋葉原のヨドバシカメラに、日立の新しいハードディスクが入荷していました。

MTBF(平均故障間隔)が120万時間という、大容量&高信頼性の新型ハードディスクです。

一応、自分の持っているハードディスクと比べてみると↓こんな感じ。

Deskstar T7K500 A7K1000
MTBF - 120万時間
インターフェース SATA(3Gbps) SATA(3Gbps)
回転速度 7,200rpm 7,200rpm
平均シークタイム 8.5ms 8.2ms
平均回転待ち時間 - 4.17ms
バッファメモリ 16MB 32MB
最大内部転送速度 998Mbps 1,070Mbps
騒音 30dB 29dB
記録方式 水平 垂直

平均シークタイムなどが向上していますが、なによりのポイントは垂直磁気記録方式を採用しているところ。

ハードディスクは、コッチの方が良かったかなぁー?とは思うものの、値段が倍くらいするので、なんとも言えない感じです。

ヨドバシカメラでは、750GBが43,300円、1TBが54,900円で販売されていました。

ちなみに、自分のハードディスクは9,540円。
8,860円で購入したので、密かに値上げしていますね。

なんせMTBF120万時間の高信頼性のハードディスクですからね。

垂直磁気記録方式という時点で、なんだか欲しいですし、今のハードディスクが怪しくなってきたら、検討してみようと思います。


理想を言えば、このハードディスクを4台くらい購入して、USB接続のケースに入れて、バックアップ用として利用したいところ。

さらに現在利用しているハードディスクも、すべて入れ替えたいところですが、そんなコトをしたら、ドライブ代だけで40万くらいになっちゃうので辞めておきます。

…というコトで、まだまだ欲しいモノは尽きないのですが、今日はこの辺で失礼いたします。^-^/~

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 日記への意見や感想等、随時募集中!!  //www.mushikabu.net/
 岩崎 仁(FZK11464@nifty.com)    2007年 6月 5日 火曜日
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

« ついにCS2を購入だ! | 過去の日記ホーム | 失敗だったヨコ持ちマウス。 »

Last Update 2017/02/22