中望遠レンズ XF90mmF2 R LM WR を購入してきた!

こんにちは。ついに XF90mmF2 R LM WRを購入した岩崎です。

換算 137mm相当の中望遠レンズ。これから本格的になってくるだろう野外撮影に向けて購入。
10万円オーバーと高額でしたが、キャンペーンや ポイントなどを駆使して、実質 74,440円で購入できました。

既に XF35mmF1.4 RXF56mmF1.2 Rを所有しているので、これで 換算 53mm、85mm、137mmの 3つの単焦点レンズが揃い大満足。ようやくレンズ沼から抜けることができそうです。

中望遠レンズ XF90mmF2 R LM WR を購入してきた!のメインビジュアル
いよいよ手を出した中望遠。豊かなボケ味ながらシャープな解像感で、非常に定評のあるレンズです。

広角側ではなく望遠側を強化

以前は XF90mmを購入する予定はなく、もっと広角側にラインナップを揃える予定でした。

ところが、XF16mmF1.4 R WRをレンタルしてみたところ、まったく扱うことができなかったために購入を断念。
XF16-80mmF4 R OIS WRも発売されますし、広角側はズームレンズに任せることにしました。

関連記事:

XF16-80mmF4 , XF16mmF2.8 のモックアップを確認してきた

XF16-80mmF4 , XF16mmF2.8 のモックアップを確認してきたのメインビジュアル

また、XF56mmを中心に利用するようになってから XF35mmでも広く感じてきたことも相まって、改めて望遠側に興味が湧いてきました。

左から XF90mmF2、XF56mmF1.2、XF35mmF1.4。換算 53mm、85mm、137mmの 3つの大口径 単焦点レンズが揃い大満足。

スタジオなどの室内撮影は、XF35mmと XF56mm。公園などの野外撮影は XF56mmと XF90mmと、撮影の幅が広がりそうです。

関連記事: レンズレビュー

XF56mmF1.2 R 非APDを選択した 3つの理由(作例有り)

XF56mmF1.2 R 非APDを選択した 3つの理由(作例有り)のメインビジュアル

不覚にも逃した最安値

購入価格は、税込 104,000円。

決して安いレンズではないのですが、現在実施中のキャッシュバックキャンペーンや ポイント還元などを駆使して、実質 74,440円で購入できました。

XF90mmF2 R LM WR 購入明細
ヨドバシカメラ 店頭価格¥ 112,180
店頭値引き¥ - 8,180
購入価格 計¥ 104,000
キャッシュバックキャンペーン¥ - 15,000
ポイント還元(13%)¥ - 13,520
クレジットポイント還元(1%)¥ - 1,040
値引き額 計¥ - 29,560
実質 購入価格¥ 74,440
Amazonでは 97,600円で発売中。
価格.comでの最安値は 89,980円。

Amazonなどでの価格は上記の通り。
実質 7万円ちょいで XF90mmF2 R LM WRが購入できたのなら、まぁ良いのではないかなと言い聞かせています。

とは言え、2018~2019年の年末年始に価格が下がっていたので、そのタイミングに購入できなかったのが悔やまれる限り。

過去 2年の中でも、最安値だった年末年始。8万円を切るネットショップもありました。

ヨドバシカメラでも 1月初旬に 96,940円 13%還元で発売しているのを確認していたのですが、もうちょい下がるんじゃないかと期待してしまい、チャンスを逃してしまいました。
あれから 15,000円以上も値上げしてしまうとは…泣

そんなタイミングを逃していることもあって、今回は思い切って購入。この夏、大活躍してくれるこを期待しています。

関連記事:

Xマウントレンズの ロードマップに 発売日と価格を追記しました(2019年版)

Xマウントレンズの ロードマップに 発売日と価格を追記しました(2019年版)のメインビジュアル

関連記事:

XF33mmF1 が巨大化し開発中止。代わりに XF50mmF1が爆誕!!!

XF33mmF1 が巨大化し開発中止。代わりに XF50mmF1が爆誕!!!のメインビジュアル
170MB/秒に進化した SanDisk Extreme PRO を購入してきた!
XF56mmF1.2 と XF90mmF2 画質に現れる設計思想の違い