« 自宅だけで花粉症? | Blogホーム | 素晴らしい 珈琲館の費用対効果 »

東北地方太平洋沖地震

一面から地震を伝える産経新聞。

こんにちは。無事に帰宅してきた岩崎です。

メチャクチャ強い地震が起きましたね。「更新がないですが大丈夫ですか?」と心配の声を多数頂いたので、まずは生きているという連絡をさせて頂こうかと思います。ホント、心配ありがとうございます。

マグニチュード 8.8 を記録し、国内観測史上最大の規模だそうです。その時、岩崎は会社に居ましたが、座っている椅子が動いてしまうほどの揺れ。高層階に居たせいもあって、余計に揺れていたような気がします。地震のネタなんて、イチイチ書くほどの話題じゃないと感じていましたが、さすがに今回は書かずにはいられないですね。こんなに大きい地震を体験したのは初めてです。

友達と連絡が取れない

あの仙台空港が、丸ごと水没。ありえん…。

昨日、地震が起きた時には 会社で仕事をしていたのですが、さすがに中止。帰宅の指示が出たのですが、交通手段がありませんでした。家までの距離は 約20km。休まず歩いても 4時間くらいかかりそうな勢いで、さすがに現実的ではありません。

中には、それでも歩いて帰る!って人もいたようですが、甘ちゃんな自分は会社の近くに住んでいる友達の家に転がり込む計画を立てました。これで一件落着。あとは京浜東北線の再開を待つのみです。

しかし、肝心の友達との連絡が取れません。
電話も繋がらず、とりあえずメールをしてみるものの お互いに SoftBankなので、届いてるのか送られているのか分からない状態に。こうなってしまうと iPhoneの SMSは まったく信用なりません。そんな時に活用できたのが Twitterのダイレクトメッセージ。メールや電話が不調でも Twitterは問題なく利用できるコトが判明し、友達とは Twitter上で連絡を取り合っていました。

ちなみに、友達が送ったとされる SMSは未だに到着していません。
あまりの混雑具合にサーバー上で紛失してしまったのでしょうか。友達のメールは直接見せてもらったので良いとしても、それ以外の友達が送っていたメールも紛失していないかが心配です。


電池も切れて…もうムリだ

自宅に忘れていた eneloop。これさえあれば、もう少しスムーズに迎えたのですが。

無事に連絡も取れたので、後は友達の家に向かうだけ…と思いきや、友達の家は意外に遠いコトが判明。渋谷から 10km近くもあるやんけ。
これは歩ける気配がしないので、タクシーを捕まえるコトに。そもそも iPhoneの電池も切れかけていて、歩いて行くのは困難です。

ところが、一向にタクシーが捕まらない。
タクシー代を節約する意味でも、少しずつ友達の家に向かいながらタクシーを探すコトにしたのですが。気がついたら代官山。さらに中目黒まで歩いてきてしまいました。ライバル多しです。

バス亭にはハンパじゃない行列ができていて、2~3時間待ち。タクシー乗り場はさらなる行列で時間不明。そして、iPhoneの電池も切れてしまいます。こんな時の為の eneloopなんですが、まさか自宅に忘れてしまったとは大ピンチ。
あとどれくらい歩けば到着するのか、そもそも道順が合っているのかが分かりません。どんどん暗くなってくるし、手持ちも少ないし、もうムリだ。


なんとか帰宅

福島県いわき市の様子。あの いわき市が…。

そんな弱気になっていたら、友達が半分くらいまで向かえに来てくれるコトが判明!優しすぎ!
判明って言っても、その判明するまでにも一苦労だったのですが、なんだかんだで友達の家に到着。結局、4時間近くも歩くハメにはってしまい、いやはや大変な夜でした。

友達の家でテレビを見ながら、よーやく状況の把握をしていたのですが、東北はそうとうヤバいみたいですね。
300人あまりもの遺体が流されてきたとか、1,800世帯が壊滅状態だとか、原子力発電所で爆発音とか。東京でもあれだけの揺れだっただけに、震源地近くの被害はハンパじゃなさそうです。福島で生まれ 仙台にも済んでいた岩崎としては、人事ではありません。

コスモ石油の千葉精油所は炎上。これが日本の出来事とは信じにくい。

今日は歯医者の予定があったのですが、さすがにやっていないそうです。建物自体が休館しているそうで、来週に日を改めるコトとなりました。

友達の家に一泊して帰宅。
京浜東北線は、土日のお昼とは思えない混雑ぶり。スーツの人が多いところをみると、みんな帰れずにいたようです。
なんとか自宅に帰宅できて一安心。モノが落ちていたり、姿見が倒れていたりしていましたが、大きな被害はない様子。あの大きな机が動いていたのを発見したときは、さすがに驚きましたが。

あとは、福島で独りで暮らしている母親の安否だけですね。

関連する日記

コメント

サターン (2011/03/13 13:19)

こっち栃木県も震度6のゆれでした。
本当に怖かったです。
昨日の午後3時位まで停電でした。
水道は大丈夫でした。
余震も怖いです。

岩崎 仁 (2011/03/13 20:18)

栃木県も被害が出ているようですね。
東北地方に注目が集中してしまい、なかなか栃木県が支援されないようですが…。

福島の母親も、携帯の充電が難しく、断水状態も続いているようです。

コメントする





※ HTMLタグは利用できません。URLは自動的にリンクされます。
※ 日本語を含めてください。英文のみのコメントはスパムと判断される恐れがあります。
※ 投稿したコメントが反映されていない時は、画面の更新を行ってください。

送信中...
この日記へのURL:
https://mushikabu.net/blog/2011/03/earthquake.html
この日記へのトラックバックURL:
https://mushikabu.net/mt/mt-tb.cgi/4533
※ トラックバックは承認後に反映されます。

« 自宅だけで花粉症? | Blogホーム | 素晴らしい 珈琲館の費用対効果 »

Last Update 2017/02/22


2017年2月
最近の日記

最近の日記一覧へ »

最近のコメント
カテゴリー
タグクラウド
バックナンバー
関連するページ