« パソコンの仮置きが決定 | Blogホーム | 祝!『今日の日記』 12周年! »

iPhone用の Bluetoothのヘッドセットを探してみるイチ押し日記のマーク

OSのバージョンアップにより、ますます便利になる iPhoneの Bluetooth機能。

こんにちは。Bluetoothのヘッドセットを探してきた岩崎です。

iPhoneを持ち歩くのであれば、iPodは廃止したい所。容量も大きいし、iPodの機能も備えているので、ダブルで持ち歩く必要はありません。コードがゴチャゴチャするのは面倒ですが、iPhone OS 3.0 の登場により、対応プロファイルが強化されています。Bluetoothを利用して、ワイヤレスで音楽が楽しめるようになりました。

せっかく iPhoneを購入するのであれば、Bluetoothによる解決が得策です。快適な音楽ライフを実現するため、さっそく Bluetoothのヘッドセットを探しに出かけました。

TM-B10.IPによる iPodの Bluetooth化。

これまで、何度かワイヤレスに挑んできたワケですが、どれも失敗に終わっています。ウマくいっているようでも 1ヶ月程度で飽きていました。

その原因は、本体に Bluetoothの機能が標準搭載されていないコトだと思うのです。やはり本体に内蔵されていないと、使い勝手は半減。アダプターを抜き差ししたりと、イマイチ手間がかかります。せっかくのワイヤレスですから、スマートに利用したいところです。

これまでの iPhoneには、Bluetoothが内蔵されていたものの、ワイヤレスで音楽を聴くコトはできませんでした。AVRCPA2DPといったプロファイルに対応していなかったコトが原因ですが、iPhone OS 3.0 の登場により改善されています。
iPhone 3G S では、内蔵されている Bluetoothもバージョンアップされ、ペアリング手順などが簡略化されている点も見逃せません。

Bluetooth機能が本体に内蔵されているからこそ快適なワイヤレスライフが実現します。iPhone購入に先駆けて、新しいヘッドセットを探しに出かけるコトにしました。


シンプルなデザインが魅力的な「HBH-DS205」。

1番の注目は、Sony Ericssonの「HBH-DS205」。以前から欲していたモデルです。
発売されてから 1年ほど経過しているモデルですが、古くささを感じないシンプルなデザイン。液晶ディスプレイやノイズリダクションなど機能的に優れていますが、1万円近い価格がネックです。

価格的にアドバンテージがあるのは、BUFFALOの「BSHSBE06BK」
同じく小型なヘッドセットですが、5,980円と良心的な価格。液晶ディスプレイはないものの、Bluetooth 2.1に対応しており、消費電力が優れています。iPhoneが せっかく 2.1に対応しているワケですから、ヘッドセットも同じバージョンで揃えておきたい所です。

ただ、安いだけあって作りがチープ。HBH-DS205も作りが微妙と言われるコトがあるのですが、それよりもチープ感が目立ちます。


以前利用していたヘッドホン型の「DR-BT21G」。

結局のところ、どちらにするかは決めかねている状態ですが、予算があれば HBH-DS205の方向で検討しています。電池の持ち時間が魅力的ではあるのですが、小まめに電源を切るようにすれば問題はないハズです。*1

ヘッドホン内蔵型も出回っていますが、今回はペンダントタイプ(?)を選択しています。
以前、DR-BT21Gといったヘッドホン内蔵型のヘッドセットを利用していたコトがあったのですが、やはり受信感度に問題があります。以前と比べれば実用的な範囲にはなっているのですが、まだまだ快適ではありません。途切れることなく利用するには、少しでもプレーヤーに近づけた方が良いですし、操作性・デザイン性の面でもペンダントタイプの方が優れています。好きなイヤホンを利用できるという点でも、メリットは大きいと考えています。

*1
Sniff Subratingにて実現された消費電力の改善。使用していない時(低電力モード時)の電力を抑えるコトで、電池の持ちが 最大5倍になると言われています。利用中の消費電力が改善されたワケではない為、利用していないときに電源を切るようにすれば大きな差はなさそうです。


世界最小ステレオBluetoothヘッドセット「HBH-IS800」。

以前は、「結局レシーバーをぶら下げてしまうなら意味がない」と嫌っていたペンダントタイプですが、iPhoneともなれば話も別です。
それでなくても大きくて扱いに困ってしまう iPhoneなので、イヤホンのケーブルまで繋がってしまうとスマートな扱いはできません。手元のレシーバーにて操作しつつ、本体はポケットに入れておく。これなら iPhoneという巨体でも、快適な音楽ライフが実現できそうです。

海外では、Appleが iPhone Bluetooth Headsetという、ちょっと格好良いヘッドセットを発売しているようですが、上記の理由もあって購入は考えていません。音質も宜しくないようで、残念ながら音楽を聴くには耐え難いようです。

同じヘッドホンタイプでも 「HBH-IS800」まで極小化されれば立派なモノですが、音量の調整ができないという残念な仕様なので候補からは外しました。まだ国内で入手するのは難しい上に、価格が高いというのも理由の 1つです。


…と言うコトで、そもそも iPhoneが購入できるかは不明ですが、無事に購入できるコトを祈りつつ今日はこの辺で失礼致します。^-^/~

関連する日記

コメント

<う> (2009/06/23 00:14)

リダイヤル機能が誤操作しないようにしてあるやつでないと,音楽止めようとして変なところに電話するはめになりますよ~。
結構使ってみるとそういった誤操作しないことが一番大事だと思う。

あと,間違って電源が入ると電池なくなるので,ロック機構は欲しいですよね。

岩崎 仁 (2009/06/23 10:56)

> <う>さん
た、確かにロック機能がないと変なところで電話を取ったり、音楽が鳴ったりと、妙な誤動作をしそうですね…。
これまではiPodに接続するだけだったので判りませんでしたが、電話に接続するとなると色々と考える必要がありそうです。まったく気にしていませんでした。。。

ぽん (2009/07/13 13:19)

一番最後のくだり、HBH-IS800のことですかね。?
型番が間違っているような。。

それにしてもHBH-IS800のデザインは魅力的ですよね。

岩崎 仁 (2009/07/14 10:43)

>ぽんさん
ご指摘ありがとうございます。
最後のくだりは見事に HBH-IS800のコトでした。さっそく修正させて戴きました。申し訳ございません。

HBH-IS800は魅力的ですよねぇ…。
ボリュームが変更できないそうですが、その割り切ったデザインは嫌いじゃないです。

コメントする





※ HTMLタグは利用できません。URLは自動的にリンクされます。
※ 日本語を含めてください。英文のみのコメントはスパムと判断される恐れがあります。
※ 投稿したコメントが反映されていない時は、画面の更新を行ってください。

送信中...
この日記へのURL:
https://mushikabu.net/blog/2009/06/iphone_bluetooth.html
この日記へのトラックバックURL:
https://mushikabu.net/mt/mt-tb.cgi/629
※ トラックバックは承認後に反映されます。

« パソコンの仮置きが決定 | Blogホーム | 祝!『今日の日記』 12周年! »

Last Update 2017/02/22


2017年2月
最近の日記

最近の日記一覧へ »

最近のコメント
カテゴリー
タグクラウド
バックナンバー
関連するページ