« お気に入りの CONVERSEを再購入してみた | Blogホーム | 今日は会社の最終日でした »

USBステック型の EMOBILEが使いにくい

期待していた USBスティック型でしたが、思うような快適性は得られませんでした…。

こんにちは。USBスティック型の EMOBILEを入手した岩崎です。

これまで愛用してたモデルは、Pocket WiFiとして有名な「GP01」。特に大きな不満はないのですが、バッテリーがスグに無くなってしまうのが残念なところ。本当は無線で接続できるハズなのに、結局 USBに接続して利用しているコトが少なくありません。

だったら、USBに刺すだけで利用できる方が 100倍速い!コンパクトなので携帯もしやすそう!…というコトで入手したのが「D33HW」なのですが、なにげに大失敗でした。確かにバッテリーの問題からは解放されたものの、接続と切断に大きなワナが待ち構えていたのです。

激安で出品されている D33HWを発見!

バッテリーの持ちが悪く、USBケーブルで充電しながら利用するコトが多かった「Pocket WiFi GP01」。

週末利用を目的に契約した EMOBILEだけに、利用するのは 週に 1〜2回。ついつい充電を忘れてしまい、利用したい時に限ってバッテリーが切れているというコトが多発していました。

もちろん、購入する前から懸念はしていたのですが、本体価格が 3万円超えという異常な価格設定だった為、1円の Pocket WiFi GP01を選択したという経緯があります。

ところが、Yahoo!オークションに「D33HW」が出品されているコトが判明。
新品の D33HWが、D22HWとセットで、なんと 1,000円!D33HWだけでも、定価は 3万円超えの商品なので激安!!即決で入札し、落札してきました。


手間すぎる接続と切断の手続き

接続のたびに起動する必要がある「EMOBILE HW ユーティリティ」

勢いで落札した USBスティック型のD33HWですが、期待していたほど快適ではありませんでした。接続と切断という手順が非常にメンドウです。

Pocket WiFiの場合は、EMOBILEの電源を入れれば自動的にパソコンが認識し、インターネットに繋がります。しかし、D33HWの場合は USBに差しただけでは通信が行えず、ユーティリティを起動し、毎回「接続」ボタンを押す必要があります。

接続だけならまだしも、切断も一手間。
接続したままサスペンドにするとエラーが発生するし、イキナリ USBを抜いてもエラーが発生。終了の際には、必ずユーティリティの「切断」ボタンを押す必要があるなど、もはや手間以外の何モノでもありません。

おまけに、接続や切断に時間がかかる…。
Pocket WiFi系は 端末が独立して通信を確立できますが、バッテリーを持たない USBスティック型は、電源が供給されたタイミングで ようやく通信を確立する為、インターネットに繋がるまで 非常に待たされる感があります。


…というコトで、3日もせずに Pocket WiFi GP01に戻ってしまいました。
バッテリーの持ちは相変わらずですが、接続や切断の手間を考えれば許容できる範囲です。

これまでは、断然 USBスティック型の方が使いやすいと考えていたのですが、店頭に並んでいない理由も納得。考えてみれば当たり前の仕様だったのカモ知れませんが、期待していただけに非常に残念でした。落札価格が 1,000円で本当に良かったです。

関連する日記

コメント

この日記には、まだコメントがありません。お気軽にどうぞ。

コメントする





※ HTMLタグは利用できません。URLは自動的にリンクされます。
※ 日本語を含めてください。英文のみのコメントはスパムと判断される恐れがあります。
※ 投稿したコメントが反映されていない時は、画面の更新を行ってください。

送信中...
この日記へのURL:
https://mushikabu.net/blog/2012/11/usb_emobile.html
この日記へのトラックバックURL:
https://mushikabu.net/mt/mt-tb.cgi/4716
※ トラックバックは承認後に反映されます。

« お気に入りの CONVERSEを再購入してみた | Blogホーム | 今日は会社の最終日でした »

Last Update 2017/02/22


2017年2月
最近の日記

最近の日記一覧へ »

最近のコメント
カテゴリー
タグクラウド
バックナンバー
関連するページ