« 襲撃!2008年 箱根強羅夏まつり | Blogホーム | 朝まで更新 »

ユネッサンに行ってきました

まさにイモ洗い状態の「ユネッサン」。

こんにちは。 ユネッサンに行ってきた岩崎です。

昨日、箱根強羅夏まつりに参加してきたワケですが、その前にユネッサンにて遊んできました。箱根小涌園ユネッサン

そもそも存在を知らなかったのですが、様々な温泉があって プールのように楽しめるんだとか。土日の休みが取れたので、さっそく行ってみました。

とりあえず箱根湯本まで電車で移動し、そこからバスで移動したのですが、バスの切符売り場で前売り券を購入するコトができました。通常は 大人4,000円のところが、500円くらい?割引になるみたいです。

混み合う受付。前売り券も持っていても並ぶ必要があります。

ユネッサン内に入ると、混み合う受付に泣けてきます。
時期が時期だけに仕方ないのですが、前売り券を購入していても無関係というのが残念。同じように待たされてしまいます。

受付が済めば、あとは自由に移動するコトができます。
施設内での支払いは、基本的に後払いとなるので、財布なども持ち歩く必要がありません。水着やタオルなども無料で貸し出してくれます。


…と言うコトで、さっそくユネッサン内を探検。大きく 3つの施設(ゾーン)があるようです。

ユネッサン内の主な施設
ユネッサン水着を着て、プール感覚で楽しむ アミューズメントスパゾーン。
湯~とぴあ水着を着て、様々な温泉を楽しむ露天風呂ゾーン。
森の湯全裸でまったり楽しむ温泉ゾーン。男女別々。

ユネッサンと 湯~とぴあは水着を着用するので、男女一緒に楽しめます。


ユネッサン - アミューズメントスパゾーン

ウォータースライダー「ロデオマウンテン」。

まず、プール感覚で楽しめる「ユネッサン」に行ってきました。
ウォータースライダー「ロデオマウンテン」などがあり、まさにプール。地元の近くにあった、ハワイアンズを思い出します。

野外の施設で遊んでいたのですが、少し肌寒い印象でした。
微妙な曇り空だったので、そんなに気温が高くなかったのが原因。温泉の大遊園地と言いながらも、そこまで水温は高くありませんでした。
あまり水温が高いと のぼせてしまう恐れがあるのか、温かいというか ぬるい。温泉に来たつもりでいると、湯冷めしてしまいます。

上級者?の方は、小さめのレジャーシートを持参していました。
タオルなどはプールに入る時は邪魔になるので、その辺にかけておくしかありません。ただ、レンタル品なので全員同じ。誰が誰のモノかが分からなくなるのですが、レジャーシートなどに置いておくと目立ちます。

それと、ビーチサンダルもあると便利。
ユネッサン内は石がゴツゴツして痛いので、ビーチサンダルがあると歩きやすいです。


湯~とぴあ - 露天風呂ゾーン

香りがすごい緑茶風呂。

ユネッサンで遊んだ次は、温泉感覚の「湯~とぴあ」へ。

少し冷めた体を温めようと思ったのですが、こちらも水温は低めでした。
ゆっくり温泉を楽しむというよりは、様々な種類の温泉を楽しむスタイル。緑茶風呂や酒風呂、コーヒーやワインなど、飲物を利用した変わり風呂が目立ちます。

赤ワインを求めるお客さんたち。

ワイン風呂などでは、実際にワインを投入するといったパフォーマンスも。時間が決まっているようで、1日に数回行われているようです。

ちょうどイベントを見るコトができたのですが、ワインボトルを持ったお兄さんが、お風呂に赤ワインを投入していました。お風呂の中では、お客さんが手を伸ばしてワインを求めていたのですが、まるでサイババから砂を受け取るような光景ですねw
コーヒー風呂などでも、時間を決めてイベントが行われているようです。


森の湯 - 温泉ゾーン

やっぱりお風呂上がりはコーヒー牛乳ですね。

最後は、水着を脱いで ゆっくりできる温泉ゾーン「森の湯」へ。

これまでは、ぬるま湯に浸かっていたので、温泉に来た感じがありませんでしたが、ようやく本格的な温泉に入れたという感じ。
温度も熱々で、露天風呂でゆっくりまったりできました。内湯や露天風呂の他にも、 樽風呂といったお風呂もありす。

全裸になるために、ココだけは男女別になってしまいますが、カタログをみると貸切風呂などもあるようです。ただ、1時間 3,000円~と 微妙に高いのが悩みどころ。

ユネッサンなどで遊んだ後は、ココでゆっくりするのが良さそうです。

ただ、あがってから休憩できる場所が限られているので、混み合っている時期は座る場所がありません。湯上がりに立ち状態で待ち合わせなどをしていると、けっこうツラいです。


1回目は十分に楽しめる施設

1度は楽しめるユネッサン。

こうして、ユネッサンを堪能してきたワケですが、1度行けば十分カモ知れません。楽しいとは思うのですが、わざわざ都心から移動してまで行くほどの魅力はないように思えます。

温泉なのか、プールなのか、どっちつかずの辺りが実に微妙。
温泉のつもりで来ると、そこまでゆっくりは出来ませんし、プール感覚で来るとアトラクションが少なめで楽しめません。

そう考えれば、1度で全てを楽しんだ方が良いワケですから、空いている時期に行くコトをオススメします。
今回も それなりに楽しむコトができましたが、人気のスポットなどは行列ができています。そもそも、そこまでの大人数をカバーできる施設ではないように感じました。館内が微妙に匂うのも気になるところです。

もしかすると、箱根園の方が楽しめたカモ知れませんね。

…と言うコトで、イモ洗い状態のユネッサンでしたが、空いている時期に行けば十分楽しめる施設だと思います。

関連する日記

コメント

この日記には、まだコメントがありません。お気軽にどうぞ。

コメントする





※ HTMLタグは利用できません。URLは自動的にリンクされます。
※ 日本語を含めてください。英文のみのコメントはスパムと判断される恐れがあります。
※ 投稿したコメントが反映されていない時は、画面の更新を行ってください。

送信中...
この日記へのURL:
https://mushikabu.net/blog/2008/08/yunessun.html
この日記へのトラックバックURL:
https://mushikabu.net/mt/mt-tb.cgi/386
※ トラックバックは承認後に反映されます。

« 襲撃!2008年 箱根強羅夏まつり | Blogホーム | 朝まで更新 »

Last Update 2017/02/22


2017年2月
最近の日記

最近の日記一覧へ »

最近のコメント
カテゴリー
タグクラウド
バックナンバー
関連するページ