« 体調不良 | Blogホーム | 映画 アバター3D と 久々のジンギスカン »

意外と実用性の高い VAIO Xイチ押し日記のマーク

ついに届いた VAIO X。これまで利用していたパソコンと比べても非常に小さい。

こんにちは。早くも VAIO X が届いてしまった岩崎です。

予定では 1月中旬と言われていたので、15日前後の到着を考えていました。そう思っていたところに、まさかの「商品発送のお知らせ」メールが届きます。もう?!と驚いていたら、あっという間に到着しました。
長野県を出たかと思いきや、翌日の早朝には東京に到着。そのまま 朝 10時には自宅に到着してしまったようです。なんという素早さ。さすがクロネコヤマトです。

最近、体調不良でぐったりしていましたが、非常に“良い薬”がやってきました。

まずは不要なソフトの整理から

VAIO関係のソフトウェアは、これらを残してアンインストール。

市販のパソコンなら仕方のないコトですが、とにかく余計なソフトウェアが多い VAIO X。まずはソフトウェアの整理から始めました。

VAIO特有の付属ソフトから McAfee、Skypeといった市販ソフトまで、どんどん削除。30個以上のソフトウェアは削除できたと思います。
中には「VAIOが不安定になる」という地雷的なサービスもあるようで、インターネットの情報を確認しながら削除していきました。*1

余計なソフトウェアを排除できたこともあり、プログラムの一覧も非常にスッキリ。Cドライブの使用領域も 15GB程度となりました。不要なサービスも無効とし、全体的な動作も改善されたように思えます。

*1
VAIO Updateが なかなか常駐から消えてくれずに苦労しましたが、タスク スケジューラに登録されていました。その他 Prepare Your VAIOなどもタスクに登録されているので、すべて削除してしまうとログイン後の負荷も軽減できそうです。


快適な操作性

CrystalDiskMarkによるベンチマーク結果。Ultra ATA 接続としては良好でしょうか。

気になる動作速度ですが、なかなか使える速度です。
これですべての作業が行えるかは微妙なところですが、メールを送るのはモチロン、簡単な資料作成などは行えそうな感じ。定評のある Windows 7 も相まって、実に快適な操作性です。

HP Mini 1000SSDには、随分とプチフリに悩まされましたが、今のところプチフリのような現象は見受けられません。全体を通して非常にスムーズなアクセスが実現されており、VAIOオーナーメイドで Samsung製を選択した価値がありました。

ただ、どこでも言われているようにキーボードが入力しにくいようです。
キーボードの手前にある段差が厄介で、スペースキーを押すたびに親指に当たってしまいます。タッチ感も安っぽく、コストダウンの影響が感じられます。慣れの問題もあるとは思いますが、決して快適でないコトは確か。薄型化のために仕方ないとは思いますが、少し残念な部分です。

HDBENCH Ver 3.40 beta 6 ベンチマーク結果
 VAIO X
VPCX11ALJ
HP Mini 1000
NE576PA-AAAB
Aspire one
AOA150-Bw
ALLALL41,90432,20434,135
CPUInteger101,39192,23792,251
Float71,15264,43763,373
MemoryR55,91247,73546,726
W56,11447,85747,256
RW97,88884,65082,578
VIDEORectangle2,96373,80016,773
Text18,7415,9866,716
Ellipse11,1923,5204,280
BitBlt6,171249253
DirectDraw32930
DISKRead79,01237,00748,878
Write22,62912,22547,805
RRead51,66433,0858,161
RWrite10,0513,46520,349

せっかくなので、これまで利用していた Netbookでのベンチマーク比較も行ってみました。

Aspire oneに比べると 約 1.2倍のパフォーマンスが出ています。
数値だけで見ると大差は無さそうですが、メモリやディスクパフォーマンスの影響は大きく、随分と体感速度が違います。ただ、描画に関してはモタツキを感じるコトも少なくありません。恐らく Windows 7 の影響だと思いますが、ベンチマーク上でも VIDEOの数値は低いです。


大満足の VAIO X

どこにでも持ち運べる 激薄フォルムは 最大の武器。

まだ購入したばかりで、本格的な稼働は行っていませんが、モバイル性の高さは非常に魅力。

やはり、13.9mmのフルフラットボディ& 780gという軽量ボディのインパクトは強力です。これまで 2.5kg近いパソコンを持ち歩いていたコトを考えると、比べものにならないくらいに快適。

多少キーボードの操作性が悪いですが、全体的なパフォーマンスも悪くないですし、もう昔のパソコンを持ち歩く気にはなれません。実際の業務でも、メイン端末として利用できそうな勢いです。

また、Windows 7 が予想以上に改善されており、様々な点で操作性が向上しています。
Vistaと比べて大きな変更がないと思っていましたが、大きな誤解だったようです。「フォルダー」や「プリンター」など、語尾が伸びるようになってしまったのは違和感がありますが、タスクバー関連の操作性は優秀。
細かなところでは「通常使うプリンターの管理」が便利。ネットワーク環境を認識し、通常利用するプリンタを自動的に変更してくれるのです。常駐先や会社、自宅など、様々な場所で活躍する VAIO X だからこそ、手放せない機能です。

…と言うコトで、購入して大正解だった VAIO X。今月から本気で仕事が増えていますが、これまで以上に多くのタスクをこなせそうです。あとは体力勝負ですね。

関連する日記

コメント

この日記には、まだコメントがありません。お気軽にどうぞ。

コメントする





※ HTMLタグは利用できません。URLは自動的にリンクされます。
※ 日本語を含めてください。英文のみのコメントはスパムと判断される恐れがあります。
※ 投稿したコメントが反映されていない時は、画面の更新を行ってください。

送信中...
この日記へのURL:
https://mushikabu.net/blog/2010/01/vaio-x_arrival.html
この日記へのトラックバックURL:
https://mushikabu.net/mt/mt-tb.cgi/4462
※ トラックバックは承認後に反映されます。

« 体調不良 | Blogホーム | 映画 アバター3D と 久々のジンギスカン »

Last Update 2017/02/22


2017年2月
最近の日記

最近の日記一覧へ »

最近のコメント
カテゴリー
タグクラウド
バックナンバー
関連するページ