« 10万円に落ち着いた治療費 | Blogホーム | 東京一低い 飛鳥山に登る »

不振な動きをする CPU使用率 (対策編)

自然な動きに戻った CPU使用率。とても嬉しい。

こんにちは。 ついに問題が解決した岩崎です。

先日、CPUが不振な動きをするという日記を書きましたが、その問題が ようやく解決。「Intel® Matrix Storage Event Monitor」という、一部のサービスが原因でした。

定期的に CPUに負荷がかかっているようで、全体的なパフォーマンスが落ちていた今日この頃。なかなか原因が追及できず日記の話題に出したところ、様々なコメントをいただきました。

いくつかのソフトウェアを紹介して戴き、改めてプロセスの状況などを確認した結果、ついに原因が判明!無事に対応策を見つけるコトができたので、ご報告させて戴きます。


症状 - 休む間のない CPU

不振な動きをする CPU使用率。30秒おきに負荷がかかる。

症状としては、30秒おきに CPUの使用率が高くなります。
タスクマネージャにて確認すると、explorer.exeがリソースを消費しているようで、定期的に 50%以上の CPU使用率を計測します。

操作していない状態でも変化はなく、何時間経っても途絶えるコトはありません。起動時から終了まで、30秒おきに負荷がかかっています。

このおかげで全体的なパフォーマンスが低下している様子。

また、30秒おきと短い間隔で負荷がかかり続けるのも気になります。CPUが休む時間がありません。


調査 - 怪しいアイコン

適当すぎるアイコンの「IAANTmon.exe」。

紹介して戴いた Process Explorerを利用したところ、より詳細なプロセス情報を確認するコトができました。

このソフトウェアにて、プロセスの動きを確認したところ「IAANTmon.exe」というアプリケーションが、定期的にリソースを消費しているコトが発覚。

とても適当なアイコンだったので 信憑性を疑ったのですが、どうやら「Intel® Matrix Storage Manager」関連のソフトウェアのようです。
RAID関係のソフトウェアなので、定期的にハードディスクの状態を監視しているのだと思いますが、あまりにも負荷がかかり過ぎ。

ヘルプなどを確認したのですが、監視する間隔を変更するコトはできないようです。


対応策 - 対象のサービスを停止する

負荷の原因となっていた「Intel(R) Matrix Storage Event Monitor」。

負荷のかかっている原因となっている「IAANTmon.exe」。
このアプリケーションを停止させるには、サービスの停止を行えば良いようです。

コントロールパネルからサービスの一覧を表示し「Intel® Matrix Storage Event Monitor」を停止させれば、定期的な負荷を抑えるコトができます。スタートアップの種類を「手動」にするコトで、次回から自動的に起動されるコトもありません。

ただ、もし利用中の RAIDに問題が発生した場合に、その発見が遅れる恐れがあります。サービスの停止をしたコトで、ディスクの監視が無効となるので、それが心配であればサービスは起動しておいた方が無難です。


現在の RAID状況を確認できる「Intel® Matrix Storage Console」。

岩崎は RAIDを導入しているのですが、サービスは「停止」。リアルタイムな管理は諦めるコトにしました。

万が一の時を考えると怖いのですが、一応 起動時にも確認されるし、サービスを有効にするコトでの代償が大きすぎる気がします。
サービスが動いていなくても「Intel® Matrix Storage Console」の利用は可能のようですし、現在の状況は Matrix Storage Consoleで確認予定です。


こうして、数ヶ月悩んでいた問題が 無事に解決。
CPUの使用率も自然な動きに戻りました。全体的なパフォーマンスも向上した気がしますし、とてもスッキリした気分です。

コメントをくださった方々には 改めて感謝をしつつ、今日はこの辺で失礼したいと思います。^-^/~

関連する日記

コメント

この日記には、まだコメントがありません。お気軽にどうぞ。

コメントする





※ HTMLタグは利用できません。URLは自動的にリンクされます。
※ 日本語を含めてください。英文のみのコメントはスパムと判断される恐れがあります。
※ 投稿したコメントが反映されていない時は、画面の更新を行ってください。

送信中...
この日記へのURL:
https://mushikabu.net/blog/2008/06/cpu_solution.html
この日記へのトラックバックURL:
https://mushikabu.net/mt/mt-tb.cgi/301
※ トラックバックは承認後に反映されます。

« 10万円に落ち着いた治療費 | Blogホーム | 東京一低い 飛鳥山に登る »

Last Update 2017/02/22


2017年2月
最近の日記

最近の日記一覧へ »

最近のコメント
カテゴリー
タグクラウド
バックナンバー
関連するページ