« 不振な動きをする CPU使用率 (対策編) | Blogホーム | 微妙な画像が公開される au FAN MEETING »

東京一低い 飛鳥山に登る

標高が低いだけに微妙な景色の「飛鳥山」。

こんにちは。 昨日は飛鳥山に行ってきた岩崎です。

東京都で 1番低い山とされているらしい「飛鳥山」。
池袋から 20分程度で行ける距離にあるというコトで、さっそく行ってみるコトにしました。

晴天にも恵まれ、久々に自然を感じられた 1日。なかなか楽しい休日でした。

地元の友達と結成し、東京の名所を巡る「かっぺ東京探検隊」。
2003年に結成し、気がつけば 5周年。東京タワーを始め、浅草の雷門、高尾山、江戸六地蔵巡り…等など、様々な東京の名所(?)を巡ってきました。

そして、今回は「飛鳥山」の襲撃。

東京都で 1番低いと言われていて、港区の愛宕山(25.7m)よりも低いんだとか。
後で調べて知ったのですが、徳川吉宗が江戸庶民のために桜を植樹し開放したとやらで、日本初の公園とも言われているそうです。


貸切ができる都電荒川線

路面電車の都電荒川線。まるでバスのよう。

いつものコトながら、事前確認なし。
「飛鳥山っていう、低い山があるらしいよー」という一言から始まり、ナビウォークで検索、そのまま移動するコトとなりました。

池袋からなので、京浜東北線で王子に移動しても良かったのですが、せっかくなので都電荒川線を初体験。
道路を走る路面電車。「止まります」ボタンがあったりで、まるでバスのようですが、ちゃんを線路を走っています。全区間で 160円と激安。思った以上に混み合っていて、なかなか需要がある様子。

すれ違った車両が「貸切」となっていたので 気になって調べてみたら、Webサイトに貸切の情報が掲載されていました。
10時から 15時半までの間で、1両まるまる貸し切るコトが可能なんだそうです。すげぇ。
価格は、片道1回で 13,820円。そんなに高くないし 実現可能な価格帯。2ヶ月前からの受付で、車両のタイプを指定するコトも可能なんだそうです(9000形とか)。

すれ違った車両内では、みんなでビールを飲んでいました。窓際に空き缶を並べて、完全に貸し切りムード。
2人だけで贅沢に借りるのも悪くないですが、都電荒川線の路線にそこまで興味がないのが残念なところ。三ノ輪橋に移動してもなぁ。


さっそく入山

自然があると、こんなにも心地よいんですねぇ。

都電荒川線には「飛鳥山」という駅があり、そこで降りれば飛鳥山が目の前です。
さすが東京都で 1番低いだけあって、視界を遮るモノがありません。山があるのかも微妙。怪しい古墳よりも小さいカモ?

とりあえず、ふもとでウロウロしても仕方ないので、さっそく入山。もちろん、山頂を目指します。

多目的広場と呼ばれる広場を通り、いよいよ山奥へ…。
中は無数の桜の木に覆われていて 日陰が出来ています。外はあんなに暑かったのに、とっても涼しい。地面がアスファルトじゃないというコトもあって、とても涼やかです。優しく心地よい温度は、自然そのもの。

中里遺跡貝塚層のハギ取り断面。凄まじい貝の量。

山の中には、意外と色々と建てられていて、「飛鳥山の碑」や「桜賦の碑」などがありました。東京都指定有形文化財に指定されているとかで、価値あるモノらしいです。

敷地内には博物館もあるようで、その辺も見所なんだとか。
残念ながら、かっぺ東京探検隊は 経費がないのが伝統なので、入場料が発生する博物館には入れません。

ただ、一部無料で展示されているモノがあると聞き「北区飛鳥山博物館」には行ってみました。

土器、タイガー計算機、幟旗…と、組み合わせが不明な展示でしたが、中里遺跡貝塚層のハギ取り断面は素晴らしい。5mはある貝塚層(実物)が展示されており、その量には圧倒されます。


山頂はどこか?

もしや、ココが頂上じゃないのか?!

こうして一通り回ってみたのですが、気になるコトが出てきました。

結局、山頂はドコなのか?

グルッと一周してきたつもりなのですが、山頂らしき場所が見あたらず「頂上到達!」と喜ぶタイミングがわかりません。

改めて案内図を確認してみるものの、“山頂”の文字は見あたらず、ナビウォークの地図にも、Googleマップにも 山頂のマークがありません…。

仕方なく 1番高そうな場所を探した結果、写真の場所が山頂と判明しましたw
遊んでいる子供たちに混じって、頂上達成!帰りは滑り台で降りてきました。飛鳥山サイコー!

せっかくなので写真を掲載したいところですが、あまりにも見苦しいので控えておきます。

その後も、飛鳥山をウロウロしながら、1時間ほどで出山。
2周近くはウロウロとしたと思うのですが、山自体の規模が小さいので時間がかかりませんでした。


2年ぶりのイート・ラン

2年ぶりの「イート・ラン」。ポテトの味はキライじゃない。

飛鳥山を後にした探検隊は、王子周辺をウロウロした後、十条にやってきました。目的は 2年ぶりの「イート・ラン」。

イート・ランは、あのサイゼリヤが運営するファーストフード。
マクドナルドやロッテリア対抗かと思いきや、まだ 2店舗しかありません。

特に美味しい!というワケでもないのですが、まだ運営しているのかの確認も含め 久しぶりに遊びに行きたくなりました。

久々にやってきたイート・ランは、相変わらずの微妙ぶりですが、激安ぶりは健在。

少し大きめのチーズバーガー + ポテト + ドリンクのセットが、なんと税込み 300円!!しかも、ドリンクは飲み放題。ペプシコーラやなっちゃん、コーヒーや紅茶などが自由に選べます。2人のセットでも、合計 600円。凄まじく安いです。


こうして、イート・ランにて本日の活動を振り返りつつ、池袋で解散。

14時くらいから活動を開始した 本日のかっぺ東京探検隊でしたが、久々に自然と触れあったりで なかなか楽しい 1日でした。晴天だったのが幸い。やっぱり天気が良いとテンションも高まります。

ちなみに、飛鳥山は桜の名所になっているそうで、1,000本以上の桜が植えられているそうです。今度の花見は飛鳥山という選択肢も良さそうですね。
それでは、今日はこの辺で失礼致します。^-^/~

関連する日記

コメント

はまー (2008/06/03 04:53)

飛鳥山公園のスベリ台、今はあんな派手なのか!?
小さい頃よく行ったんだよな~・・・

はまー (2008/06/03 04:56)

こないだふるふるシェイカーを振らずに開けてみたら飲めなかった(笑)

岩崎 仁 (2008/06/03 10:29)

ふるふるは、適度な振り具合がポイントです。

はまーさんは どこにでも出没してますねぇw
滑り台は色合いが派手なせいか、山の中でとても目立ってました。

SYUN (2008/06/05 00:37)

大阪に来たときはぜひとも天保山を登ってください。
標高0mから生えてるの樹木の方が高いです;-)

はまー (2008/06/05 05:23)

大阪・神戸行った事無いんだよね~、京都・奈良・滋賀・兵庫・広島は行ってるんだけど・・・

あ、ちっちゃい頃大阪万博行ったっけ!!(笑)

岩崎 仁 (2008/06/05 22:08)

>SYUNさん
樹木の方が高いって、それ相当低いですねw

大阪に行ったら、もちろん通天閣に行っちゃいますよ~♪

岩崎 仁 (2008/06/05 22:14)

>はまーさん
はまーさんが行ったコトがない場所なんて意外。
しかも、大阪や神戸って、メジャーな土地なのに。

panda (2008/06/06 21:20)

山登りが苦手な私でもこういう山なら登れるかもしれませんw
いい運動にもなりそうですしね!

SYUN (2008/06/08 00:28)

相当低い、というか日本一低い山ですよ。
ただ、どう見てもちょっとした丘のある単なる公園なので海遊館の方が良いかと(^^;)

岩崎 仁 (2008/06/08 00:58)

>pandaさん
コメントありがとうございます!

飛鳥山だと、あまりの低さに ちょっと物足りないカモ知れませんね。

個人的には、ドラマの舞台となった高尾山がオススメですよ~。
途中まではリフトで行けたりするので、天気のいい日は最高です!

岩崎 仁 (2008/06/08 01:08)

>SYUNさん
飛鳥山も公園みたいになってましたw

でも、“日本一低い”という称号があるのなら行ってみる価値はありですね。

はまー (2008/06/08 21:08)

でも、そう言えば東京一低い山は我が故郷の「待乳山」だと思うんだが・・・

岩崎 仁 (2008/06/08 21:31)

一応、Wikipediaが情報源なんですが、低いを言い始めたらキリがないですからねぇ。
ちゃんと認定された山としては、愛宕山(25.7m)が低いらしいのですが…。

SYUN (2008/06/09 01:47)

まぁ、天保山は横に標高よりはるかにでかい観覧車があるので価値は低いですが……
登山証明は発行してもらえるそうですよ(^^;)

岩崎 仁 (2008/06/09 02:13)

登山証明の発行とか熱いですねー!
そういうサービス大好きですw

コメントする





※ HTMLタグは利用できません。URLは自動的にリンクされます。
※ 日本語を含めてください。英文のみのコメントはスパムと判断される恐れがあります。
※ 投稿したコメントが反映されていない時は、画面の更新を行ってください。

送信中...
この日記へのURL:
https://mushikabu.net/blog/2008/06/mt_asuka.html
この日記へのトラックバックURL:
https://mushikabu.net/mt/mt-tb.cgi/304
※ トラックバックは承認後に反映されます。

« 不振な動きをする CPU使用率 (対策編) | Blogホーム | 微妙な画像が公開される au FAN MEETING »

Last Update 2017/02/22


2017年2月
最近の日記

最近の日記一覧へ »

最近のコメント
カテゴリー
タグクラウド
バックナンバー
関連するページ