« 微妙な画像が公開される au FAN MEETING | Blogホーム | au 夏モデル を確認してきた! »

W62S と re (W63S) を比べてみる

夏モデルの第1候補となっている「re (W62S)」。

こんにちは。 re (W63S)を検討している岩崎です。

昨日、発表された auの夏モデル。
先日の日記で話題にしていた通り、やはり CASIOは G'zでした。G'zが似合うキャラでもないので、やはり re (W63S)を狙うコトとなりそうです。

そこで、re はどこまで進化したのか、W62Sと比較してみました。

夏モデルを狙うに辺り、ふと思うのは「そもそも今の機種で十分」というコト。
割りきって利用するコトに慣れてしまい、無理にハイスペックな端末を狙う必要がないのです。

そうなると、ますます夏モデルを購入する必要性がなくなるワケですが、ついつい新しいモノを求めてしまうのが悪いクセ。

とりあえず、手持ちの W62Sと、新製品の re (W63S)を比べてみるコトにしました。

W62S と re (W63S) の 比較表
 W62Sre (W63S)
プラットフォームKCPKCP+
サイズ約48 × 101 × 16.9 mm約50 × 105 × 16.4 mm
重量約119g約122g
連続待受時間約350時間約230時間
メインディスプレイTFT 約2.7インチ
(240×432px)
TFT 約2.7インチ
(240×400px)
サブディスプレイ有機EL 約1.1インチ
(128×36px)
有機EL 約1.1インチ
(128×36px)
カメラCMOS 201万画素CMOS 319万画素
顔検出・笑顔検出機能
ムービー撮影QVGA 30分VGA 90分
受信メール保存数約4.0MB (最大1,000件)約2.5MB (最大1,000件)
送信メール保存数約2.0MB (最大500件)約1.0MB (最大500件)
データフォルダ約60MB (最大2,000件)
(BREW領域含)
約100MB (最大5,000件)
+ 約50MB (BREW専用領域)
スケジュール/ タスクリスト300件/ 100件 200件/ 50件
発信履歴/着信履歴30件/ 30件50件/ 50件
ワンセグ機能-対応
音源/ スピーカーMX 73i/ 2基 φ14 mmAE-2/ 2基 16×8mm
文字入力POBox Pro 2.0 + Pro EPOBox Pro 3.0
新たに対応したサービス-LISMO Music & Video
ナカチェン
アレンジメニュー
Full Game! (EZアプリ)
au one ガジェット
Touch Message
緊急地震速報
その他GSM対応
ジュラルミン採用
フェイク着信
ツインプラネットクロック
グローバル電卓
ハンズフリー機能
フルチェン
マルチプレイウィンドウ

こうして比べてみると、思った以上に違いがあるコトが分かります。
re は、W62S + フルチェンといった印象でしたが、まったく違う端末と考えた方が良さそうです。むしろ W61Sに近い構成です。

プラットフォームの違いが 1番の影響だとは思いますが、全体的な使い勝手も大幅に変更されていると思います。W62Sで感じたような使い勝手の良さが保証されているとは限りません。

密かに液晶の解像度が落とされており、待受時間やメールの保存容量なども減っています。
その反面、カメラやムービー機能が向上し、ワンセグ機能までも搭載されています。

個人的に嬉しいのは、着信履歴の保存件数が増え、Touch Messageに対応したコト。
Touch Messageはメアド交換時に絶大な効果を発揮するため、対応していないのは不便でした。

着せ替えとワンセグを搭載しながらも、サイズ的には W62S同等のサイズに収まっているのは魅力的。
コンパクトなフォルムを継承しながらも、確実に機能が強化されています。

問題は、本当に購入まで至るか?というコトですが、KCP+に興味もあるので、今のところは前向きに検討したいと思います。


全体的な強度が心配な「フルチェン」。

ただ、前回の日記でも心配していたとおり、フルチェンの影響で、全体的にモロくなっていないかが心配です。
これだけは実際に触れてみないとなんとも言えないですし、実際のデザインも気になるところです。恐らく W62Sまでの魅力はないとは思いますが…。

おまけに、自分で交換するコトができないコトが正式発表で判明しました。
フルチェンをする場合は、毎回 auショップに持参する必要があるそうで、おまけに手数料も発生するのだとか。せめて無償でやって戴きたい。

あとは、どこまでパネルの種類が増えていくかにかかっているのですが、今のところシンプルなカラーしか発表されていませんね。カラーバリエーションにブラック系の選択肢がないのも珍しいです。

…と言うコトで、なかなか気になる端末であるものの、まだまだ懸念事項が多い re (W62S)。
明日、早めに退社できたら KDDIデザイニングスタジオに行ってみたいと思います。それでは今日はこの辺で…。^-^/~

関連する日記

コメント

この日記には、まだコメントがありません。お気軽にどうぞ。

コメントする





※ HTMLタグは利用できません。URLは自動的にリンクされます。
※ 日本語を含めてください。英文のみのコメントはスパムと判断される恐れがあります。
※ 投稿したコメントが反映されていない時は、画面の更新を行ってください。

送信中...
この日記へのURL:
https://mushikabu.net/blog/2008/06/w62s_re_w63s.html
この日記へのトラックバックURL:
https://mushikabu.net/mt/mt-tb.cgi/306
※ トラックバックは承認後に反映されます。

« 微妙な画像が公開される au FAN MEETING | Blogホーム | au 夏モデル を確認してきた! »

Last Update 2017/02/22


2017年2月
最近の日記

最近の日記一覧へ »

最近のコメント
カテゴリー
タグクラウド
バックナンバー
関連するページ