« PSN Card 届かぬままに... 国内版 WipEout HD 発表 | Blogホーム | すべてがイヤになる時 »

EPSON プロセレクションから 複合機へ移行イチ押し日記のマーク

ついに購入してしまった複合機。

こんにちは。 ついに複合機を購入した岩崎です。

これまでは、ずっと単機能機を使い続けてきました。複合機は 1台で色々できる反面、どうしても機能が劣ってしまいます。とても専門機には敵いません。
しかし、複合機のラインナップが充実してきた最近は、専門機に迫る勢いです。単機能機に なかなか新機種が発売されないコトもあり、思い切って複合機を購入してみるコトにしました。

購入したのは EPSONの EP-801A
上位モデルも検討したのですが、印刷機能に大差はなかったので EP-801Aに決定。FAXも ADFも自分には不要な機能でした。なにより、スッキリとしたデザイン性に惹かれたので EP-801Aに決定しました。

発売日前に、ヨドバシ・ドット・コムで注文。
最近、ヨドバシ・ドット・コムで注文するコトが増えてきましたね。送料が無料になる上、ポイントの還元率も店頭よりも高かったので、大変オトクでした。


意外にも高画質な印刷結果

元データと印刷結果の比較。EP-801Aの方がオリジナルに近い。

さっそく印刷してみると、思ったよりも高画質で驚き。やはり今日の複合機は一概に画質が悪いとは言えないようです。

自動設定にて 手持ちの画像を印刷し比べてみたのですが、PX-G930に引けを取らない高画質です。
方向性が異なるので 正確な比較は難しいのですが、コントラストが高く、メリハリの効いた印刷が行えました。印刷したモノを、改めて取り込んで比較してみたのですが、オリジナルに近い印刷をしているのは、意外にも EP-801A。染料インクならではの鮮やかな印刷で、クリスピアの光沢感も活かされています。

一滴水を垂らしただけで 滲みが発生。“君臨し続け”の文字もシャープ感が失われている。

こうして比べてみると、やはり染料インクの画質も捨てがたいのですが、普通紙となると とたんに画質が劣ります。インクが滲んでしまい、全体的なシャープ感が失われています。
耐水性も弱く、少し濡らしただけで滲んでしまいました。

また細かく比較してみると、ギャップの調整が甘いような気がします。こういった細かな部分に プロセレクションとの表われるのカモ知れません。

ただ、比較しない限りは気がつくコトができませんし、染料インクならではの特徴を活かした画質となっています。耐水性などは心配ですが、高品質な用紙に印刷するのであれば なかなか満足できる画質です。


複合機ならではの機能

CD/DVDトレイがプリンタに内蔵されている。

せっかく複合機を購入したので、複合機ならではの機能も活用してみました。

パソコンを利用せずに メモリーカードの写真を印刷したり、用紙をコピーしたりと、なかなか便利です。液晶画面も付いているので、色々と細かな設定もできる様子。パソコンで編集するのが面倒な時は活用できそうですね。

なにげに便利なのが、CD/DVDのレーベルコピー
原稿台に CDをセットして CD-Rをセットすれば、自動的にレーベル面をコピーしてくれます。これまで必要としていた CDトレイが内蔵されている為、より簡単にコピーできます。

また、デスクの上にスペースが増えたのは嬉しい限り。
複合機を購入したのをキッカケに 手持ちのスキャナも廃止したので、その分のスペースが空きました。用紙ボックスを置いているのですが、それでもスペースが空いていますし、色々と有効活用ができそうです。この辺りも複合機ならではの魅力でしょうか。

尚、プリンタのみでの操作は 少しコツが居るようです。
作業中、多くのボタンは無効となっており、「押したボタンは無効です」と表示されます。押せるボタンは限られており、多くのボタンがムダになっています。つまり、よりボタン数を抑える余地があり、もっとシンプルな操作にするコトが可能です。
この辺の作り込みは、あまり EPSONは得意としていないのか、まだまだ調整が必要な印象を受けました。


安っぽい質感、頼りない作り

写真で見る分には問題はないのですが…。

デザインを重視する自分にとって残念だったのは、全体的な安っぽさ。これまで、ずっとプロセレクションを愛用していたせいか、特に安っぽい印象を受けます。

動作音が大きく、ガチャ!ガチャ!というメカニカルな音からは、あまり質感の高さを感じられません。排紙カバーの自動オープン機能も備えていますが、裏から叩かれたように開くため、かなりダサい。おまけに自動では閉じてくれません。

用紙カセットも何度も取り出していると壊れそうな感じで、耐久性が無さそう。3万円もしない商品なので、仕方ないのかも知れませんが、とても頼りなく 数年使うには頼りない作りです。
上位モデルも全体的な作りは同じようなので、そこまで変わりは無さそうです。次回作は、もう少し高級感が出てくれるコトを祈りたいですね。


廃止となった背面給紙

去年のモデルには搭載されていた背面給紙。

今年のラインナップから 背面給紙ができなくなったようです。
利用できるのは、用紙カセットからの前面給紙のみ。様々な用紙を駆使する場合、便利なハズの用紙カセットが 裏目に出る場合があります。

インクジェットプリンタは、様々な用紙を利用できるのも特徴の 1つ。
普通紙から光沢用紙まで 用途に合わせて利用したいのですが、前面給紙のみとなると使い勝手が悪いです。普段利用する普通紙は用紙カセットから、特殊用紙は 1枚ずつ背面から利用できるのが理想でした。

現状のままでは、特殊用紙を利用するたびに セットされている普通紙を取り出し、特殊用紙をセットしていく必要があります。用紙によっては 1枚ずつセットする必要があります。その度に用紙カセットを開閉するのは非常に手間だし、用紙カセットが壊れてしまわないか不安になります。

また、必ず用紙がカールするので、利用できる用紙に制限が出てきます。シールのように剥がれるタイプや、名刺のようにミシン目が入っている用紙は、用紙詰まりの原因となる恐れがあります。

この点、背面給紙を残している Canonは使い勝手が良いと判断できます。様々な用紙を駆使する方は、この点を注意した方が良いでしょう。用紙を変えるたびに用紙カセットを開閉するのは とても不便です。


Canonの方がオススメか?

実は EPSONよりオススメかも知れない。Canonの「MP980」。

後半は不満が目立つ結果となってしまいましたが、画質は満足。スキャナ機能は想定内の範囲。予想外だったのは、全体的な作りの悪さ。デザインは悪くないだけに、頼りない作りが残念です。

ただ 3万円以内で購入できるコトを考えれば、妥協できる範囲でしょう。
印刷機能しかない PX-G930が 3万円以上もするコトを考えれば、スキャナやカードリーダーが搭載されている EP-801Aが 3万円以下というのは破格です。
既載の通り、数年使うには頼りない作りですが、気軽に購入できるプリンタだと思います。

最後に Canonのプリンタとの比較ですが、もしかすると今年は Canonの方が良いカモ知れません。
印刷の解像度も高いですし、背面給紙や 両面印刷機能も標準で搭載されています。ブラックに顔料インクを採用するバランスも良く、店頭で見る限りでは EPSONのようなチープ感もありません。

改めて画質を確認してみないと判断しきれませんが、スペック面では Canonの方が優れており、今のところ EPSONを推奨できるポイントが見つかりません。CDトレイが内蔵されている点は確かに便利ですが、それだけでは十分なアドバンテージにはなりません。
あと 5,000円程度出せる余裕があるのなら、Canonという選択肢もありでしょう。両面印刷ユニットの同時購入も考えれば、2,000円程度の価格差に収まるかと思います。

関連する日記

コメント

はまー (2008/10/15 20:04)

お~、複合機仲間だ!


って、ウチのはもう相当古いな・・・

岩崎 仁 (2008/10/16 00:28)

やってきました複合機!!
確かに、1台で何でもできるってのは便利ですね。

毎年、どんどんオトクになっていきますが、その反面どんどんチープ感が増していますね。
今回の EP-801Aも、壊れそうで頼りない気がします。

にんじん (2009/08/20 22:38)

EP-801A買ったけどすごく使いやすいよ!

岩崎 仁 (2009/08/22 03:12)

>にんじんさん
コメントありがとうございます!

結局、私も EP-801Aを愛用しています。
やっぱりプロセレクションとの違いは感じるのですが、ある程度の画質は実現できますし、トータル的なバランスは良いかと思います。

あとは、今年の末に発売されるモデルに期待ですね。

コメントする





※ HTMLタグは利用できません。URLは自動的にリンクされます。
※ 日本語を含めてください。英文のみのコメントはスパムと判断される恐れがあります。
※ 投稿したコメントが反映されていない時は、画面の更新を行ってください。

送信中...
この日記へのURL:
https://mushikabu.net/blog/2008/10/ep-801a.html
この日記へのトラックバックURL:
https://mushikabu.net/mt/mt-tb.cgi/434
※ トラックバックは承認後に反映されます。

« PSN Card 届かぬままに... 国内版 WipEout HD 発表 | Blogホーム | すべてがイヤになる時 »

Last Update 2017/02/22


2017年2月
最近の日記

最近の日記一覧へ »

最近のコメント
カテゴリー
タグクラウド
バックナンバー
関連するページ