« ポメラの購入を諦めた 3つの理由 | Blogホーム | x64 に挑戦したい Window 7 »

新ファームウェア 1.0.3 で iPod nano の不満が改善イチ押し日記のマーク

1.0.3 にアップデートされた iPod nano。

こんにちは。 iPod nano のアップデートに喜ぶ岩崎です。

本日、Appleから新しいファームウェア 1.0.3が公開されました。
安定性の向上など 細かな不具合が修正されているようですが、個人的に大きいのは回転時の動作を設定できるようになったコト。これにより以前の不満が解消されるので、使い勝手が大幅に向上しました。

これまでは、ポケットにしまうたびに Cover Flow が出現。ボリュームの調整さえもままならなかったのですが、ようやく不満が改善されました。

意外に不便な 加速度センサー

非常に邪魔くさい Cover Flow の表示機能。

iPod史上 最も薄型化された iPod nano 4th ですが、加速度センサーの搭載は余計だったと感じています。予期せぬところで誤作動するシャッフル機能に、不用意に表示される Cover Flow。メリットを感じる機会がありません。

これらの機能はマーケティング的な要素が強い。
決して実用性があるワケではなく、なにかしら変更を加えなければイケないというプレッシャーから搭載された機能だと考えています。

特に厄介なのは、本体を横へ倒すと表示される Cover Flow。
シャッフル機能は無効にできますが、Cover Flow は無効にするコトができません。ポケットにしまうたびにたびに切り替わってしまうなど、マイナス要素の 1つでした。


Cover Flow の設定が可能

一般設定に「回転(Rotate)」という項目が追加されている。

最新のファームウェアを適用したところ、「一般」の設定メニューに「回転」が追加されました。Cover Flow と オフ が選択できます。
さっそくオフにしてみたところ、本体を横に倒しても Cover Flow が表示されなくなりました!
これでボリュームの調整が簡単になり、再生中の操作性が随分と向上します。

ミュージックメニューから廃止されていた「Cover Flow」も復活。別途 Cover Flow を表示したい場合は、ミュージックメニューから表示するコトが可能です。

縦横の操作が入り乱れてしまい、全体的な操作性が統一されていないなど、まだまだ課題の残る iPod nano 4th。液晶が縦に搭載されている為に 限界はあるとは思いますが、より操作性が向上するコトを祈って 今日はこの辺で失礼致します。^-^/~

関連する日記

コメント

この日記には、まだコメントがありません。お気軽にどうぞ。

コメントする





※ HTMLタグは利用できません。URLは自動的にリンクされます。
※ 日本語を含めてください。英文のみのコメントはスパムと判断される恐れがあります。
※ 投稿したコメントが反映されていない時は、画面の更新を行ってください。

送信中...
この日記へのURL:
https://mushikabu.net/blog/2008/11/ipod_nano_4th_firmware.html
この日記へのトラックバックURL:
https://mushikabu.net/mt/mt-tb.cgi/460
※ トラックバックは承認後に反映されます。

« ポメラの購入を諦めた 3つの理由 | Blogホーム | x64 に挑戦したい Window 7 »

Last Update 2017/02/22


2017年2月
最近の日記

最近の日記一覧へ »

最近のコメント
カテゴリー
タグクラウド
バックナンバー
関連するページ