« 車をレンタルして引越準備 | Blogホーム | まだまだ尽きない不用品 »

予期せぬ出費となった不用品の回収

不用品を運び出すぱぱっとレンジャー。

こんにちは。不用品の引き取りで破産状態の岩崎です。

敷金や礼金やらで、既に 40万円の出費。6月までは二重の家賃が発生。新しいカーテンなどでも出費が増えているワケですが、不用品の引き取りで さらなるダメージを負いました。ゴミを捨てるだけでこんなにもかかるとは…。

新しい家具による新生活を楽しみにしていたワケですが、家具を購入する余力が失われました(泣)。

なんだかんだで不用品の処分にかかった金額は、合計63,000円。高くても 2万円程度だと考えていたのですが、その 3倍もの金額でした。処分するのに こんなにもかかるとは想定外です。

  • デスクトップパソコン (自作フルタワー)
  • CRTモニタ (19型)
  • OAチェア (肘付き)
  • 事務用キャビネット (900×600×1,800mm)
  • サーバーラック (1,400×800×1,500mm)
  • デスクラック
  • 衣装ハンガー (幅900mm) ×2組
  • 衣装ケース ×6個
  • 食器類一式 (段ボール 2個分)
  • ポスター入れ (アクリル製)

引き取って頂いたのは上記の通り。
こうやって並べてみると、確かにかかりそうな気もするのですが、捨てるだけに 6万円オーバーとなると、さすがにタメらいます。不法投棄してしまう気持ちが分かるような気がします。

6年間利用してきたパソコンラック。幅は 1,400mmもあり、かなり大きめです。

一応、何社かに見積もりを出して比較してみたのですが、同じような価格になりました。9万円なんて業者もありましたが…。
細かなモノも多いので平米計算となるらしく、1平米が 3万円。2平米なので 6万円という計算になるようです。

それと、電話見積もりと金額が違うコトが多いですね。
パソコン本体も、パソコンラックも、キャビネも、まさかココまで巨大だとは想像していなかったようで、電話で 3万円だったとしても、実際に来てもらうと跳ね上がるコトが多いです。

リサイクルに出せそうなモノも多く、友達には「金を出して引き取ってもらうモノじゃない」と言われたのですが、このまま部屋に置いておくのも微妙だし、手続きをするのも面倒なので 6万円で引取りを承諾。

このタイミングでの 6万円は痛すぎるのですが、おかげで一気に部屋の中のモノが無くなりました。ますます荷造り作業が進んだようで非常に快適。
少しずつ部屋の中で声が響くようになってきて、モノが無くなっているコトを実感しています。

改めて、ムダに購入していた自分にも反省。
なにより、部屋に溢れていた不用品の多さには自分でも驚き。どれだけ不用なモノを買い続けていたのかは、ココ最近の荷造りで痛いくらいに感じています。

これまでは何も考えずに購入していましたが、本当に必要なモノだけを購入する重要性を、ようやく理解できたような気がします。

…というコトで、改めて物のない生活への理想が高まったところで、今日はこの辺で失礼致します。^-^/~

関連する日記

コメント

この日記には、まだコメントがありません。お気軽にどうぞ。

コメントする





※ HTMLタグは利用できません。URLは自動的にリンクされます。
※ 日本語を含めてください。英文のみのコメントはスパムと判断される恐れがあります。
※ 投稿したコメントが反映されていない時は、画面の更新を行ってください。

送信中...
この日記へのURL:
https://mushikabu.net/blog/2009/05/recovery.html
この日記へのトラックバックURL:
https://mushikabu.net/mt/mt-tb.cgi/599
※ トラックバックは承認後に反映されます。

« 車をレンタルして引越準備 | Blogホーム | まだまだ尽きない不用品 »

Last Update 2017/02/22


2017年2月
最近の日記

最近の日記一覧へ »

最近のコメント
カテゴリー
タグクラウド
バックナンバー
関連するページ