« 初任給還元会 | Blogホーム | ひとこと日記に甘える »

W62Sの不具合についてイチ押し日記のマーク

auより告知された「ケータイアップデートのお知らせ」。

こんにちは。 W62Sを愛用している岩崎です。

W62Sで話題となるのが、いくつかの不具合。先日、アップデートによる対応がされていましたが、実際に改善されているのかは微妙なところ。

個人的には、デザインを優先したがための“仕様”だと考えています。

メールが遅延する…電話が着信できない…といった問題があるようですが、結局は電波の弱さが原因のように思えます。

W62Sは、フロントパネルにジュラルミンを採用しています。本来、ケータイに金属フォルムを採用するコトは、あまり薦められる行為ではありません。
金属はケータイの電波を遮断してしまう傾向にあり、電波の安定性を落とします。安定した電波が届かなければ、メールも届かず、着信も困難です。

個体差が多いといった意見や、センターにメールが残っているという動きからも、電波の悪さが影響していると考えられます。

ケータイアップデートのお知らせ より
Eメールの新着メール問合せを行うことで、Eメール受信は可能となります。また、音声着信ができなかった場合、不在着信の履歴が表示されます。


アルミパネルを採用した「W52P」。

これまでにも、金属を採用してきた機種は存在します。

W52P(アルミニウム)、W54T(ステンレス)、W61SH(ステンレス)…。
軽く思い出す程度でも複数の機種が存在しますが、いずれも電波が悪いというウワサがあります。

電波が悪いというのは商品としてどうなの?という一方で、少しくらい電波が悪くても金属が良いという、オカシナ人も存在します。
自分も、そんなオカシナ人間の 1人であり、アルミニウムを採用した SH921iSが発売された時も、異様に盛り上がっていた記憶があります。

一般的に、ケータイの筐体にはポリカーボネートなどの合成樹脂(プラスチック)が採用されています。加工もしやすく、コストが安いのが特徴ですが、金属のような質感は得られません。
金属が採用されるコトで、その質感がググッと高まります。ポイントは、ココにどれだけの魅力を感じられるか?というコトになります。


ワンセグロゴ。

これは、ワンセグ搭載機種にも同じようなコトが言えます。
ワンセグのアンテナなどを搭載するコトで、ケータイの電波に影響が出ています。
ただ、ワンセグというメリットが理解されやすく、少しくらい電波に影響があっても受け入れられています。

W62Sの場合、ジュラルミンを採用というメリットが理解されにくいのも問題です。悪くなるんだったらイラナイという意見が大半でしょう。

それでも、ジュラルミンを採用した Sony Ericssonの判断は評価したいところ。
恐らくジュラルミンを採用するくらいの挑戦的なアプローチが無ければ、ココまで W62Sは売れなかったと感じるからです。

初の GSM対応機種ですが、キャリアを変えてまで買う人は稀だと思います。他キャリアには既に存在している為、目新しい機能ではありません。

また、au内でも GSMにメリットを感じる人は少数です。海外でもケータイを活用している人は、既に MNPで auを離れています。

そもそも GSMを理解している人も数割程度です。
もし W62Sが普通の端末なら、ワケのわからない機種が 微妙に高めの値段で売られているだけ…という悲しい状態で終わってしまったでしょう。

しかし、ジュラルミンを採用した確かな質感で訴えるコトで、新しい層への訴求ができます。

実際、海外データローミングに対応した「A5514SA」も、海外での利用というより、薄くてコンパクトといった部分に魅力を感じて購入していた人が多かったと思います。


デザインケータイかも知れない「W62S」。

実際に利用してみると、確かに電波の入りは悪いようです。
アップデートを行った後でも、そこまで改善されているようには思えません。

これまでは問題なく通話できた場所でも、W62Sでは雑音が入るコトが多く、場合によっては切断されるコトもありました。
電車で移動中などは、スグにアンテナをキャッチできないのか、メールの送受信に時間がかかっているように思えます。

すべては電波の入りが悪いのが原因ですが、圏外になるワケでもないですし、SoftBankほどメールが遅延するコトもありません。ある程度の実用性は確保されており、そこまで問題にはならないと感じています。

なにより、金属好きには魅力的な端末。ひんやりした質感がたまりません。
多少電波が悪くても、このデザインに惚れてしまったのなら「買い」だと思います。

逆に、そこに魅力がないのなら購入しない方が無難でしょう。
アレコレ苦情が出ていますが、バリバリ海外で利用したいのならキャリア替えが正しい選択。無理に W62Sを利用するメリットはありません。

こうしてみると、W62Sは海外ケータイというよりは、デザインケータイなのカモ知れません。

関連する日記

コメント

サターン (2008/05/18 18:23)

久しぶりに価格ドットcomのケータイの方を見たよ。
あら、驚き!!!
何と新機種にまぎれて、W41CAがベスト10に入ってたよ!!!
やっぱり名機だね!!!

岩崎 仁 (2008/05/19 00:18)

偶然にも僕も確認していました!
僕が見たときは 3位くらいだったと思います。もの凄く上位だったので 何事かと思ったのですが、間違いではなかったのですね。

上位機種が発売されているにもかかわらず、未だにランクインとは素晴らしい限り。
自分も長く使っていた記憶がありますし、やっぱり名機だったのですねぇ。

ken (2008/10/19 17:36)

この記事を読んで僕もW62Sにしようと思いました!

岩崎 仁 (2008/10/20 08:28)

>kenさん
コメントありがとうございます。お役に立ててなによりです。
W62Sはコンパクトで魅力的な機種ですよー!自分も 未だに愛用しています。

コメントする





※ HTMLタグは利用できません。URLは自動的にリンクされます。
※ 日本語を含めてください。英文のみのコメントはスパムと判断される恐れがあります。
※ 投稿したコメントが反映されていない時は、画面の更新を行ってください。

送信中...
この日記へのURL:
https://mushikabu.net/blog/2008/05/w62s_malfunction.html
この日記へのトラックバックURL:
https://mushikabu.net/mt/mt-tb.cgi/285
※ トラックバックは承認後に反映されます。

« 初任給還元会 | Blogホーム | ひとこと日記に甘える »

Last Update 2017/02/22


2017年2月
最近の日記

最近の日記一覧へ »

最近のコメント
カテゴリー
タグクラウド
バックナンバー
関連するページ