« Google カレンダー にアクセスできない | Blogホーム | ようやくセットアップが完了した Aspire one »

Sony Dealer Convention 2008 に参加してみた

Sony Dealer Convention 2008 に参加してみました。

こんにちは。 Sony Dealer Convention 2008 に参加してきた岩崎です。

販売店向けの製品内覧会として開催される SDC 2008
先月の頭に WillVii株式会社様の方から、参加してみませんか?と案内があったので、さっそく参加してみるコトにしました。

展示会がメインの会場ですが、その裏で ブロガー向けの “特別セミナー”が開催されています。
Handycamや Cyber-shotなど、様々な製品に応じた 13プログラム。その中から自由に参加するコトができるというコトで、前々から注目していた Sountinaのセミナーに参加してきました。

やはり魅力的な Sountina

Sountinaの特徴などを、じっくりと聞くコトができました。

“Sountinaの生みの親”と称される方が登場。生み出した理由などを語ってくれました。

「インテリアから音を出したい」というのが最初のキッカケだったようですね。Sountinaの名前は、音楽の Sound、噴水や泉といった意味の fountain を掛け合わせた造語だそうです。最後の na は、優しい響きにする為の工夫。

約1mもの有機ガラス管を トゥイーターの振動板のほか、ミッドレンジの共鳴管としても機能させている点がポイント。パイプオルガンのようなイメージだそうです。確かに、それだけ長いと、他のスピーカーでは表現できない音となりそうです。


本革製のスリーブ以外にも、様々な素材を検討しているのだとか。

3曲ほど ゆっくりと音楽を聴くコトができたのですが、やはり魅力的。
ながら作業をしながら 音楽を楽しむ身としては、部屋に 1本置いておきたいスピーカーです。なにより、そのデザイン性が素晴らしい。

少し暗闇になると、LEDによるイルミネーションも非常にキレイ。ちなみに、イルミネーションのアンバーはロウソクをイメージしている色なのだとか。

その他、楽器に近い構造、部屋中を音楽で満たす線音源、立っても座っても音楽を楽しめる、五感で感じる音…といった特徴を熱く語ってくれました。

セミナーの時間は 約50分くらい。こうして、Sountinaのセミナーが終了しました。
ゆっくりと音楽を聴けたのは良い機会でしたが、それ以外は Sountinaの説明会を聞いているような感じでした。構造上の話や、採用されているシステムなどは、すべてカタログに掲載されていますし、そこまで大きな発見はなかったように思えます。


薄さで争うつもりはない 薄型 BRAVIA

進行が良かった「薄型 BRAVIA」のプログラム。

意外にも楽しかったのは「薄型 BRAVIA」。世界最薄 9.9m を実現した「KDL-40ZX1」の開発秘話などを交えたプログラムです。

もともとは参加する予定がなかったのですが、誘ってくださった WillViiの方が面白いよ!と 絶賛されていたので参加。ただ、それだけの価値がありました。

マーケティング担当の方と、エンジニアさんが 2人。このキャスティングも良かったです。
以前から薄型化を考えていた経験豊富そうなエンジニアさんと、最近やってきた感じの若いエンジニアさん。そこに技術的なコトは一切不明なマーケティングの営業さんと、その掛け合いがなんともユーモアでした。

ぶっつけ本番的な感じでスタートしたのですが、一方的に説明をするのではなく 参加者に問いかけたりといった進行が良かったですね。なにより、エンジニアさんが楽しそうでした。
残業は多かったの?とか、営業さんが気になっている質問をぶつけたりと、自由な感じが良かったです。


エンジニアさんのモチベーションを示したグラフだそうです。

いくつかのキーワードが出たのですが、個人的に良かったのは「薄型の限界」と「無意識の意識」。

数年前、ノートパソコンの薄型化戦争の時期がありました。
他社から次々と薄型のノートパソコンが発売されていた時期でしたが、エンジニアの方はその開発をされていたそうです。薄いモノを出しても、スグに他社から もっと薄い製品が発売されてしまう。

その経験があったので、中途半端に薄いモノは発売しないという信念があったそうです。
スグに他社が追いつけないような薄さを実現する。本当に 今の薄さが限界なのか?を常に考え、薄型の限界を探っていたそうです。

美しい背面も KDL-40ZX1の特徴。本当の価値は薄さだけではない。

「無意識の意識」も経験豊富そうなエンジニアさんの話。

多くの人は、なにが欲しいかが具体的には決まっていない。どんなテレビが欲しいですか?と聞いても、そこまで具体的には考えていない。ただ、目の前に出されたら「そう!これが欲しかったんだよ!」となるコトが多い。

無意識ながら、欲しいモノが決まっている。
こんな商品が欲しかったのでは?という提案型。需要の喚起を目的とする商品。KDL-40ZX1 は、そういった製品になるんだそうです。

セールスポイントの為、どうしても薄さだけが目立ってしまう傾向にありますが、そもそも薄さだけで争うつもりがない。薄さだけじゃないスタイリッシュなデザインがポイントだと、エンジニアの方が仰っていました。


至れり尽くせりの おもてなし

マッシュルームをふんだんに利用したパスタとアイスコーヒーを注文。これらが無料でいただけます。

展示会の方は サラっと巡ってきただけですが、Sonyの様々な製品が展示されていました。

KDL-46W1の 4倍速モーションフローの展示もあったのですが、実際に見てみると違いが明確ですね。
正直、4倍速はやり過ぎじゃないかなぁ…と感じていたのですが、意外にも体感できる差があるようです。素早い動きでも、なめらかにクッキリと表現されていました。

今回は グランドプリンスホテル新高輪で行われたのですが、お食事券も配布されました。
ホテル内のレストランなら、どこでも利用できるようで、1,500円までの食事ができるそうです。帰りにはお土産までいただき、至れり尽くせり。最近のブロガーさんは、本当に恵まれていますね。

ちなみに、お土産はマキシム・ド・パリのお菓子でした。多数の Sonyファンが参加しているワケだし、少しは Sonyのオリジナル感が欲しかったですね。

せっかくなので、別なセミナーも参加してみようかと思ったのですが、前日からの疲れもあって 16時に撤退。一昨日は徹夜だった上に、昨日も深夜まで起きている状況だったので、とても連続でセミナーを受けられる体調ではありませんでした。

…と言うコトで、目的としていた Sountinaはモチロン、BRAVIAのセミナーなども受けるコトができて、なかなか楽しい 1日でした。誘ってくださった WillVii様に感謝しつつ、今日はこの辺で失礼致します。^-^/~

関連する日記

コメント

この日記には、まだコメントがありません。お気軽にどうぞ。

コメントする





※ HTMLタグは利用できません。URLは自動的にリンクされます。
※ 日本語を含めてください。英文のみのコメントはスパムと判断される恐れがあります。
※ 投稿したコメントが反映されていない時は、画面の更新を行ってください。

送信中...
この日記へのURL:
https://mushikabu.net/blog/2008/09/sony_dealer_convention_2008.html
この日記へのトラックバックURL:
https://mushikabu.net/mt/mt-tb.cgi/407
※ トラックバックは承認後に反映されます。

« Google カレンダー にアクセスできない | Blogホーム | ようやくセットアップが完了した Aspire one »

Last Update 2017/02/22


2017年2月
最近の日記

最近の日記一覧へ »

最近のコメント
カテゴリー
タグクラウド
バックナンバー
関連するページ