« 誕生日なので イチゴ狩りに行ってきた! | Blogホーム | 今年も 誕生日に CONVERSE頂きました♪ »

Sony初の BAイヤホンを今さら購入イチ押し日記のマーク

今さら購入した「XBA-1SL」。遮音性が高いウレタン入りのイヤーピースも付属。

こんにちは。今さら XBA-1SLを購入した岩崎です。

去年の末に発売され 既に半年が経ちそうですが、1ヶ月ほど前に購入しました。
愛用していた MDR-EX77SLが壊れてしまい、インナーイヤーのイヤホンが 手持ちに無い。そんなタイミングで夜行バスで移動する機会ができたため、耳栓のかわりとして購入しました。

購入したのは、バランスド・アーマチュア・ドライバーを 1基だけを搭載した 廉価モデル。理想は 低音重視の XBA-2SLでしたが、次に出るだろう改良モデルに期待して、廉価モデルを選択しました。コストパフォーマンスの高さが魅力です。

バランスド・アーマチュアを採用した「Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic」。

XBAシリーズは、Sonyが初めて バランスド・アーマチュア・ドライバーを搭載したヘッドホンシリーズ。

従来のダイナミック型よりも反応が良く、繊細な描写ができると言われています。Apple In-Ear Headphones with Remote and Micが登場した時も話題になりました。ドライバー自体の遮音性も高く、音漏れしにくいのも特徴です。
その後、各社からもバランスド・アーマチュア型のイヤホンが続々と登場していますが、ついに Sonyからも登場。

Sonyのイヤホンを愛用している岩崎としては、さっそく購入をもくろんでいたのですが、タイ洪水の影響で発売が延期。気が付けば購入するタイミングを逃してしまいました。


価格以上の透明感が魅力

ムダに大きすぎないコンパクトなフォルムもポイント。

レンジの狭さが少し気になりますが、解像度の高さは絶品。
一般的に利用されているダイナミック型のこもりがちな音からすると、かなりの透明感。バランスド・アーマチュアの特性が良く出ています。

話題の製品でもあったので、様々なサイトでも取り上げられています。今さらレビューを掲載する価値はないと思いますが、せっかく購入したので簡単に。

ちなみに、iPhone用の XBA-1IPもあるのですが、Y型コードだったので辞めました。この辺りは好みの問題ですが、首の後ろにコードが回る U型コードが好み。コードが 1.2mもあると取り回しも大変ですしね。


4基搭載の「XBA-4SL」ともなると、さすがに大きい…。

1ヶ月ほど利用した感じとしては、やはりドライバー 1基だけでは物足りなさを感じます。ただ、選択としては後悔していません。

理由としては、次のモデルに期待しているため。
なんせ 1発目の バランスド・アーマチュアモデルなので、もう少しチューニングできるんじゃないのかな…と期待しています。その為、次のモデルは前向きに検討したい。
そうなると、このモデルの寿命は短いと考えられるので、無理に XBA-2SLを狙うコトはしませんでした。

なにより お手頃価格ですし、なかなかのコストパフォーマンス。
比較的ハイエンドなモデルに採用されるバランスド・アーマチュアが、5,000円未満で購入できる手軽さ。
おそらく一発目というコトもあって、ずいぶんと価格を抑えていると思います。


初体験のウレタン入りイヤーピース

低反発ウレタンが仕込まれている「ノイズアイソレーションイヤーピース」。遮音性が高く、騒がしいカフェで大活躍。

今さらながらノイズアイソレーションイヤーピースを初体験。

傘の中側に 低反発ウレタンが仕込まれているイヤーピースですが、その効果はなかなかのモノ。
周りの音が ずいぶんと遮音されるので、夜行バスでも大活躍でした。周辺の雑音が緩和される分、小さいボリュームでも聴き取りやすいです。

ただ、なにも入っていないイヤーピースから比べると 耳への反発が強く、何時間も付け続けていると少し耳が痛くなります。
この点は Sonyも懸念しているようで、説明書には耳によりフィットするため、耳への負担が大きくなる おそれがあります。違和感のある場合には、使用を中止してください。という注意書きが添えてありました。

また、あまりにも周辺の音が聞こえなさすぎて、外で利用するのは危ないくらい。
後ろから近づいてくる自転車に気が付かず、驚く場面もしばしば。調子に乗って 普通のイヤーピースを捨ててしまったのですが、残しておいても良かったカモ。


予算があれば XBA-2SLがオススメ

フルレンジに加えてウーファーユニットが追加された「XBA-2SL」。

5,000円未満のイヤホンを探しているなら、ぜひ検討いただきたい選択肢。
ただ、予算があるならば ウーファーユニットが追加された XBA-2SLもオススメです。

XBA-1SLに慣れたところで XBA-2SLを視聴すると、より低音が出ているコトが分かります。
個性付けのためか、少しオーバー気味に追加されているので、低音が好きな人にはオススメ。クリアな解像度を維持したまま低音が追加されるのは実に魅力的です。

それに、XBA-1SLの作りが少しばかりチープです。
コードのつなぎ目、付け根などの作りが 上位モデルとは全然違うので、ただ ドライバーが 1基増えるだけではないのも XBA-2SLのポイント。付属のケースまで異なります。

いつもの Sonyさんなら、スグに改良モデルを発売してくれるハズ。その時こそ 2基搭載モデルを購入する予定なので、チューニングされた次期モデルに期待しています。

関連する日記

コメント

この日記には、まだコメントがありません。お気軽にどうぞ。

コメントする





※ HTMLタグは利用できません。URLは自動的にリンクされます。
※ 日本語を含めてください。英文のみのコメントはスパムと判断される恐れがあります。
※ 投稿したコメントが反映されていない時は、画面の更新を行ってください。

送信中...
この日記へのURL:
https://mushikabu.net/blog/2012/05/xba-1sl.html
この日記へのトラックバックURL:
https://mushikabu.net/mt/mt-tb.cgi/4665
※ トラックバックは承認後に反映されます。

« 誕生日なので イチゴ狩りに行ってきた! | Blogホーム | 今年も 誕生日に CONVERSE頂きました♪ »

Last Update 2017/02/22


2017年2月
最近の日記

最近の日記一覧へ »

最近のコメント
カテゴリー
タグクラウド
バックナンバー
関連するページ