« さすがの展開 映画「ハンコック」 | Blogホーム | おっきくなぁれを飲んでみた »

活用できなかった VGF-CP1

まったく活用できなかった「VGF-CP1」。

こんにちは。 VGF-CP1 をレンタルするコトができた岩崎です。

以前から気になっていたデジタルフォトフレーム。新しいデジカメを購入したコトもあり ますます気になる存在となったワケですが、購入するまでには至っていませんでした。

今回、VGF-CP1 を借りるコトができたのですが、あまり必要性は感じられませんでした。

まずは、「必ず記載してください」と言われている文面から。

※コチラは「みんぽす」の提供でお送り致します。
このレビューは WillVii株式会社が運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。本レビュー掲載によるブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容につきましてはみんぽすやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。(唯一事実誤認があった場合のみ修正を行います) 商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細は こちら

この 1ヶ月、色々と予定が重なっていたコトもあり、VGF-CP1 の本来の活用はできませんでした。
本当はインターネットに接続してニュースを取得したり…といったコトができるのですが、それらの設定までを行っている余裕は とてもありませんでした。

本当に申し訳ないのですが、純粋にデジタルフォトフレームとしてしか利用していません。


活用できず 残念な結果

まったく活用できなかった「VGF-CP1」。

結局の所、デジタルフォトフレームは不要かなぁ…という結論に達しました。

デジカメで撮影した写真を活用するという意味では、デジタルフォトフレームは価値のある製品だとは思うのですが、写真を移動するのが手間。インターネット経由でできるとしても、選別して色々と設定するのが面倒でした。

最初のうちは興味本位で設定すると思いますが、1ヶ月も持たないところを見ると、1年後は電源も入れずに終わってしまいそうな予感です。ムリに購入する必要はなさそうです。

どこかのページで、遠く離れた家族にネット経由で写真を公開したいという使い方がありましたが、それは楽しそう。実家へのプレゼントなどとしては良いカモ知れませんね。

ただ、VGF-CP1 は画像を表示するだけではなく ブラウザも搭載されています。
ブラウザの機能を利用して、デジタルフォトフレームを超えた活用方法を検討していたのですが、時間を取ることができませんでした…。こんな結果で終わってしまうとは、非常に残念です。

関連する日記

コメント

<う> (2008/09/21 10:37)

 岩崎さんのスキルで設定が面倒だったら,私の実家においた日にはあきらかにガラクタになります。
 フォトフレームを超えた利用の仕方をするのなら,コンテンツもまた,自社で咀嚼したものを用意してあげないと難しいでしょう。テレビと同じぐらいでなければ多くの人は使えないわけで。それプラス他のことができる柔軟性なんでしょうね。

岩崎 仁 (2008/09/22 00:05)

> <う>さん
コメントありがとうございます。
簡潔すぎて、ちょっとした誤解を招いてしまったようですね。申し訳ないです。フォローの意味も込めて、長々とコメントさせて頂きます。

設定の方ですが、決して難しいコトはありません。
メモリーカードなら挿してしまえば表示されますし、電源を入れれば写真が表示されます。
ただ、VGF-CP1 は通常のフォトフレーム以上の機能を備えているので、DPF-V700などと比べると、少し複雑カモ知れません。純粋に写真を表示させたいのであれば、DPF-V700をオススメしますという感じですね。
DPF-V700があるからこそ、VGF-CP1を展開できるという見方もできそうです。

用意という点では、Sonyはちゃんと用意しているかと思います。
ソフトウェアの質は悩ましいですが、VGF-HS1をセットで利用すれば、デジカメから写真を取り込んで、それらを VGF-CP1に表示するといった手順がスムーズに行えます。

自分が“面倒”と表現したのは、A型ならではの悩みですね。
個人的には、特定の写真だけを ちゃんと加工して表示したいので、1枚1枚準備していく必要があり、そういった準備作業が面倒だなぁ…と感じてしまったのです。

岩崎 仁 (2008/09/22 00:09)

アルバムの写真に、1枚 1枚コメントを付けるように…と書きたかったのですが、…辞めました。

アナログ時代と違い、デジカメになってフィルムを気にせずに写真が撮れるようになりました。
写真を撮る敷居が低くなったコトに合わせて、写真を楽しむという文化も変わりつつあるのかなぁ…と感じた為です。

そう考えると、デジタルフォトフレームも、昔ながらの考えでは使いこなせるアイテムではないのだなぁ…と。もっと敷居を低くして、楽しむ感覚がないとダメですね。

<う> (2008/09/23 00:20)

なるほど,万人向けであるが故にかえって岩崎さんには会わなかったとw

 でも,SONYは結構こういう分野を拓くのが得意ですから,だんだんと進化していきそうな商品ですね。

流れ者 (2008/09/23 02:13)

またまたお邪魔します。

興味のある製品ばかり記事を書かれているので、読み手としてはかなり参考になります。(笑)

この製品も気になっていました。日本の実家にいる親に孫の写真を気軽に見せたいのですが、メールは苦手なので、「これなら」と思って下調べをしていたところです。

サーバーに写真をアップして、「見れるよ」と言えば、日本で簡単に見れるようになるかなと思っていたのですが、自分もA型なので、面倒になるのかなぁと考えさせられました。まぁ、「放り込んでおいて、後は勝手に見て」みたいなスタンスにしようと思ったので、コメントをつけたり加工をしたりしない分、気軽に使えるのかも知れませんね。

仮に買ったとしても、問題は親が実際に使うかどうかですが・・・(笑)

岩崎 仁 (2008/09/23 11:30)

> <う>さん
いえいえ、決してそんなコトではないですよー。
…と否定形から入ってしまって申し訳ないのですが、万人向けなのは DPF-V700の方ですね。VGF-CP1は、ある程度 用途が限られてしまいます。

万人向けであるが故に…というよりは、多機能すぎてレンタル期間では利用しきなかったというのが今回の話の発端です。

“面倒”というのは、製品固有の問題ではなく私自身の問題ですね。決して VGF-CP1に問題があるワケではありません。

Sonyなりの進化は、デジタルフォトフレームという分野での DPF-V700で十分に確認するコトはできますが、まだまだ発展はできそうです。
ただ、これ以上の盛り上がりがデジタルフォトフレームの分野にあるのかが疑問ですが…。

岩崎 仁 (2008/09/23 11:38)

>流れ者さん
何年経っても、コメントが書き込まれると大変嬉しいので、どんどんお邪魔してください!

確かに、流れ者さんの用途であれば、十分に活用できる用途ですね。サーバにアップしておけば、自動的に新しい写真が表示されます。
頻繁にお孫さんの写真が表示される写真立てなんて、夢のような機械だと感じられると思います。写真を見て電話がかかってきたりと、新たなコミュニケーションツールにもなりそうですね。

両親に見せたい写真だけを選別する作業などが発生するのは、自分の“面倒な作業”に通ずつモノがありますが、そういった用途であればガマンできる範囲かと思います。
自分 1人の場合は、ディスプレイの横にある VGF-CP1に表示させる為に、なにをやっているのだろう?と疑問になるので、スグに飽きてしまうのです。

ただ、流れ者さんの心配通り、実際に両親が利用できるかが問題です。
一度操作を誤ってしまうと、メニュー操作などが複雑になりかねないので、逆に手間取ってしまう可能性があります。
サーバにある写真だけを表示するとか、設定した項目が変更できないといった「親モード」などがあると良いですね。

流れ者 (2008/09/24 07:04)

このモデル、ブラウザも付いてるんですね。実は孫の顔を少しでも見てもらおうと、家にライブカメラを設置したんですよ。このPCを立ち上げずにフォトフレームで見れたら面白いですね。

ただ、ネックなのが、ブラウザをメインに設計されていないので、リモコンでURLを入力したりするのはちょっと面倒(特にうちの親の場合・・・(笑))。せめてタッチスクリーンになってたり、Bluetooth対応になっていたら良かったのですが。もっと欲を言えば、CCDカメラを付けてスカイプ対応!みたいな・・・ 徐々にフォトフレームという趣旨から離れて言ってしまいますが、逆を言えば、フォトフレームでは何か物足りないという人も多いのでは?(笑)

あと、ソニーがコンテンツの提供をしてくれればいいと思います。例えば、世界各国のライブ写真とその土地の音楽を定期的に配信してくれたら、旅行に行った気分になるでしょう。Google EarthのようなGUIや、もっと簡単な世界地図レベルででも、ポインタを合わせて「今日はここに行こう」なんて使い方は面白いかと思います。

個人的な視点からしか見てませんが、後継機はもっと期待したいですね。(現モデルは、「脱落者」のおこぼれちょうだいで、ヤフオクででも探してみます。(笑))

岩崎 仁 (2008/09/24 12:10)

そうなのですよ。ブラウザも搭載されています。
JavaScriptでオリジナルの時計を表示させるといった利用をしている人もいるようです。どこまで JavaScriptが対応できるのかがナゾですが、流れ者さんの要望にも応えられる可能性は秘めています。

たとえば、定期的にライブカメラの映像を取得して表示するとか、世界各国のライブ写真なども、手間さえ惜しまなければ可能です。まぁ、その手間が面倒なのですが…。

それに、仰るとおりブラウザはメイン機能ではありませんからね。
他のサイトにアクセスするにも、ちょっと手間がかかりますし、あくまでも補足機能となっています。

今回の VGF-CP1は、まさに“フォトフレームでは何か物足りない”という人をターゲットにしているでしょうね。これが成功すれば、もっと発展したモノを展開できると思います。

ただ、発展のさせ方が中途半端だったというか、イマイチ魅力を伝えきれていないが為に、イマイチ ヒットしているという実感がありません。

そういった意味でも、今回 VGF-CP1をお借りしたのですが、魅力を伝えきれないまま終わってしまいました(泣)。現状の VGF-CP1でも、色々と楽しい使い方があったのですが、時間が取れずに申し訳ない限りです。

サターン (2008/09/25 13:53)

そんな事はないですよ。

参考になりました。

私は中古探しています。

手頃だったら買いたいですが、来年車検だし、そろそろスタッドレスやラジアルタイヤ買わなくちゃいけないから、節約かな!?

岩崎 仁 (2008/09/26 14:19)

>サターンさん
そういって頂けてなによりです。
きっと追記したコメントなども一緒に読まれると良いカモ知れませんね。今回、みんぽすさんには悪いコトをしてしまいました。もう何にも貸してくれないかなぁ?笑

やっぱり車の維持費は高いですねぇ…。
まだまだ持てる余裕がありませんので、免許証も 当分は「身分証」扱いです。

コメントする





※ HTMLタグは利用できません。URLは自動的にリンクされます。
※ 日本語を含めてください。英文のみのコメントはスパムと判断される恐れがあります。
※ 投稿したコメントが反映されていない時は、画面の更新を行ってください。

送信中...
この日記へのURL:
https://mushikabu.net/blog/2008/09/vgf-cp1.html
この日記へのトラックバックURL:
https://mushikabu.net/mt/mt-tb.cgi/412
※ トラックバックは承認後に反映されます。

« さすがの展開 映画「ハンコック」 | Blogホーム | おっきくなぁれを飲んでみた »

Last Update 2017/02/22


2017年2月
最近の日記

最近の日記一覧へ »

最近のコメント
カテゴリー
タグクラウド
バックナンバー
関連するページ