« 松屋のネギ塩豚カルビ丼がウマイ! | Blogホーム | 襲撃!第33回 足立の花火 »

塩だれ豚ねぎうどん はなまる渋谷は別仕様?

こちらが渋谷仕様の「ネギ塩豚カルビ丼」。汁たらず。

こんにちは。ネギ塩が食べたい!と嘆いている岩崎です。

松屋のネギ塩豚カルビ丼突然の終了。美味しいネギ塩が食べたい!…と、ちょっとした禁断症状が現れています。

そんな気持ちを救うかのように、大好き はなまるうどんから登場したのが塩だれ豚ねぎうどん。テスト販売では異例の売上を記録したとかで期待は高まるばかり。10月3日より全国発売が開始というコトで、発売日の早朝から 渋谷のはなまるうどんで食べてきました。

こうして、連日のように食べまくっていたのですが、渋谷で食べていた塩だれ豚ねぎうどんは “ニセモノ”だったコトが判明。どうも味のバランスが悪いと思っていたんですよ!

同じ はなまるうどんなのに、ニセモノだとはどういうコトか。

ニュースリリースの画像。…あれ、汁が多い。

どうも渋谷の塩だれ豚ねぎうどんは、作り方が間違っているようで 汁が入っていないのです。つけだしのような形で出てくるのですが、メニューの写真をみると どうみても汁に浸かっています。。。

あまりにも肉の味が濃いので、どんだけ不釣り合いなのかと Blogの記事を書こうかと思ったら、メニューの写真と異なっているコトが判明。「僕の知っている塩だれうどんじゃない…。」

さっそく成増駅前店にかけこんでみたところ、見事なくらいに汁に浸かった 塩だれ豚ねぎうどんが到着。やはり渋谷の塩だれは作り方が間違っているようでした。


こうして、改めて食べるコトとなった塩だれ豚ねぎうどん

こちらが本来の「塩だれ豚ねぎうどん」の様です。天かすが多いのは岩崎仕様。

渋谷で食べたときは 肉の塩っ気が強すぎて、うどんにマッチしないと感じていましたが、今度こそ肉の味が汁に浸透していました。

超絶するような衝撃はありませんが、無難に美味しいです。
他の うどんと同様の価格設定というのが嬉しいですね。わかめを食べるなら、ダントツ塩だれの方がコストパフォーマンスは高いハズ。厚みのある豚肉で、十分な食べ応えです。

この塩豚を利用して、塩豚丼セットも発売中。いい加減 普通のうどんも恋しくなったので、次回は塩豚丼セットを食べようかと思います。

しかし、これだけ大きな違いがあったにも関わらず、連日食べていたとか。どんだけネギ塩に飢えていたのか。そろそろ健康診断だし、塩分の取りすぎに注意しつつ、今日はこの辺で失礼致します。^-^/~

関連する日記

コメント

匿名 (2013/08/04 18:17)

それは渋谷駅西口店ですか?渋谷駅西口店は、かけだしもセルフでかけるので、だしなしで提供されます。

岩崎 仁 (2013/08/05 01:43)

>匿名さん
こんな懐かしい記事にまでコメント戴き、誠にありがとうございます!
その後、他のはなまるにも足を運ぶようになり、かけだしもセルフでかけるというコトを知りました。だしをかけずに食べるとは、お店の人からすると 随分と滑稽な感じでしたよねw

コメントする





※ HTMLタグは利用できません。URLは自動的にリンクされます。
※ 日本語を含めてください。英文のみのコメントはスパムと判断される恐れがあります。
※ 投稿したコメントが反映されていない時は、画面の更新を行ってください。

送信中...
この日記へのURL:
https://mushikabu.net/blog/2011/10/shiobuta.html
この日記へのトラックバックURL:
https://mushikabu.net/mt/mt-tb.cgi/4599
※ トラックバックは承認後に反映されます。

« 松屋のネギ塩豚カルビ丼がウマイ! | Blogホーム | 襲撃!第33回 足立の花火 »

Last Update 2017/02/22


2017年2月
最近の日記

最近の日記一覧へ »

最近のコメント
カテゴリー
タグクラウド
バックナンバー
関連するページ