« カエルが帰る | Blogホーム | ワイシャツの中には何を着るのか? »

掘り起こされる卵の写真

母ガメの目の前で掘り起こされる卵。

写真は、昨日の SANKEI EXPRESSに掲載されていたモノ。
“ウミガメ「到着(アルダバ)」 小さな命の現実”という記事の写真です。

卵を産み落とすウミガメの姿は、知っている方も多いハズ。海岸に這い上がってきたウミガメは、涙を流しながら 100個以上の卵を産み落とします。

写真は、その卵を掘り起こす村人。隣にいるウミガメの涙が、ますます悲しさを誘う写真です。

インパクトのある写真だったので、思わず紹介してしまった記事。
写真を掲載できただけで満足なのですが、一応 記事の内容を紹介しておくと、卵の採集は認められた行為なんだそうです。

(SANKEI EXPRESS より一部引用)
 コスタリカ政府観光局の関係者によると「アリダバでは、あまりにも対象の母ガメが一斉に海岸に押し寄せるために、後から上陸したカメが、前の産卵巣を掘り起こして壊してしまうことがある」のだという。
 そのため、「アリダバが始まって 1日目と 2日目の 36時間のみ、その地で生まれた 15歳以上の村人で、オスティオナルの自治協会であるオスティオナル総合開発協会(ADIO)の会員に限り採集が認められている」という。
 「卵はすべて市場で売られて、村人の生活を支えます。同時に、売り上げの一部は、海岸の管理や清掃、ウミガメの保護のために使われます」

この記事によると、限られた時間と人間だけが採集可能とのコト。

村人の生活もあると思うし、こんなコトを言い始めたらキリはないですが、悲しい現実ですね。

ちなみに写真の折り線は気にせずに。
本当は もっとキレイに取り込みたかったのですが、時間がとれずに手抜きになってしまいました…。

…と言うコトで、寝ます。

関連する日記

コメント

この日記には、まだコメントがありません。お気軽にどうぞ。

コメントする





※ HTMLタグは利用できません。URLは自動的にリンクされます。
※ 日本語を含めてください。英文のみのコメントはスパムと判断される恐れがあります。
※ 投稿したコメントが反映されていない時は、画面の更新を行ってください。

送信中...
この日記へのURL:
https://mushikabu.net/blog/2007/12/sea_turtle.html
この日記へのトラックバックURL:
https://mushikabu.net/mt/mt-tb.cgi/134
※ トラックバックは承認後に反映されます。

« カエルが帰る | Blogホーム | ワイシャツの中には何を着るのか? »

Last Update 2017/02/22


2017年2月
最近の日記

最近の日記一覧へ »

最近のコメント
カテゴリー
タグクラウド
バックナンバー
関連するページ