« au 春モデル を確認してきた! | Blogホーム | スタートページが英語になってしまいました »

TM-B10.IP レビュー - 大失敗だった PTM-BAHIDイチ押し日記のマーク

大失敗だった「PTM-BAHID」と、新たに購入した「TM-B10.IP」。

こんにちは。 先日「TM-B10.IP」を入手した岩崎です。

以前から気になっていた maxellのトランスミッター。発売日に入荷しておらず ヤキモキしていましたが、29日に ようやく入手するコトができました。

数ヶ月ぶりに戻ってきたワイヤレスなミュージックライフ。まずは前回の失敗談から、購入に至るまでの経緯を振り返ってみたいと思います。

少ない選択肢

出力する電波が弱すぎた「PTM-BAHID」。

Bluetoothの環境を整えようと思ったのは、Sonyのヘッドンホン「DR-BT21G」がキッカケ。
それまで、微妙なデザインしかなかった Bluetoothのヘッドセットでしたが、このヘッドホンの登場で Bluetoothへの興味が湧いてきました。

さっそく環境を整えようかと思ったのですが、なかなか良いアイテムが見つかりません。その時に発売されていたトランスミッターは数種類程度で、DR-BT21Gと接続できるモデルは限られていました。

色々と悩んだ結果、Princetonの「PTM-BAHID」に決定。
iPodから電源を供給するタイプを探していて、デザインがシンプルなモノを選択しました。


電波の弱さが想定以上

FMトランスミッターでワイヤレスを実現できた「SHR-M1」。

Bluetoothのヘッドホン、そして iPod用のトランスミッター。合計 17,960円もするシロモノでしたが、ついにワイヤレスの環境が整いました。

ワイヤレスというだけなら、FMトランスミッターでなんとかなりそうですが、Bluetoothの場合 ヘッドホンから iPodの操作ができるというのも大きなポイント。
iPodに触れるコトなく、曲をスキップしたり、ボリュームの変更ができるのは感動モノです。

…と、感動しているのも束の間。
実際に利用してみると、音飛びがハンパじゃない事実を知るコトになります。

室内で聴いている分には問題がなかったのですが、いざ室外に出てみると通信が切れまくり。1曲さえもまともに聴くコトもできません。

トランスミッターが目視できる状態じゃないと通信できないようで、iPodをポケットに入れられません。カバンの中なんて問題外。手に持っていないと通信できないのでは、ワイヤレスの意味がありません。

購入前から情報は得ていたのですが、電波の弱さは想像以上でした。
結局、初めてのワイヤレスの夢は大失敗。1週間ほどで耐えられなくなってしまい、これまでのワイヤード生活に戻ってしまいました。


国内メーカーからの登場

国内メーカーの品質に期待。

ワイヤレスなので ある程度の音飛びは仕方ないとしても、実際はどこまで実用的なモノなのか?
優秀なトランスミッターに変更したとしても、どこまで改善できるかは不明です。

最初は別なトランスミッターに買い換えようかと考えていたのですが、変更しても改善されるのかが不安になってきました。いくら PTM-BAHIDの電波が弱いと言っても、結局は同じ規格だし、そこまで差のあるとも考えれません。

Bluetoothそのものに不信感を抱いてしまい、新しいトランスミッターが発売になっても購入するまでには至りませんでした。何気に数千円もするアイテムなので、再度 失敗するとダメージも大きいです。

そんな結論が出てから 1年近くが経過。
軽く Bluetoothの存在を忘れていた頃に、気になるトランスミッターが発表されました。

それが今回購入するコトとなった「TM-B10.IP」。
国内メーカー maxellからの発売というコトで、これまでとは期待のレベルが違います。

調べてみると、「DR-BT21G」とのペアリングも可能な様子。国産の質の高さを信じたい…というコトで、さっそく購入してみるコトにしました。

関連する日記

コメント

通りすがり (2008/02/04 13:00)

はじめまして
PTM-BAHID+DR-BT21Gの組み合わせは、ここ1年近く
使ってました
DR-BT21Gの設定で転送レートを変えてあげると問題は
ほぼ無くなります(JOG長押し・それでも切れる時は
切れるけど)

現在、サンワダイレクトのMM-BTAD10を使っていますが、
ついにSONYのTMR-BT8iPを個人輸入しました

今はBT50を使っていて、まだペアリングしてないん
ですが、どうなることやら
品名ご存じないようでしたらググってみてください

以上、通りすがりでした

岩崎 仁 (2008/02/04 22:17)

はじめまして!コメントありがとうございます。

転送レートの変更は確かに効果があるのですが、自分の環境では それでも安定しませんでした(泣)。音質の低下も気になります。

TMR-BT8iPなんてアイテムがあったのですね!
…でも個人輸入とかしたコトがないので、不安です。値段も高そうですし。

最終的にペアリングできたのかが、とっても気になります。

通りすがり (2008/02/09 00:26)

書き込みおそくなりました

ペアリングは普通にできてます
そして、同じClass2なのにカタログスペック通り
10m離れても、トランスミッターを手で握っても
音が途切れません、スゴい

掛かった費用はおよそ80USDでした
参考まで( ・ω・)∩

岩崎 仁 (2008/02/12 13:00)

外国で発売されたモノでも、規格が一緒なのでペアリングできちゃうんですね。
大きさもコンパクトそうだし、なにげに便利そうです。

80USDってコトは、8,600円くらい?意外に安いんですねー!!
海外から取り寄せたコトがないので、2万とか 3万とか、メチャクチャかかるもんだと思ってました。空送とか…税金とか…。

コメントする





※ HTMLタグは利用できません。URLは自動的にリンクされます。
※ 日本語を含めてください。英文のみのコメントはスパムと判断される恐れがあります。
※ 投稿したコメントが反映されていない時は、画面の更新を行ってください。

送信中...
この日記へのURL:
https://mushikabu.net/blog/2008/01/tm-b10_ip-wh.html
この日記へのトラックバックURL:
https://mushikabu.net/mt/mt-tb.cgi/181
※ トラックバックは承認後に反映されます。

« au 春モデル を確認してきた! | Blogホーム | スタートページが英語になってしまいました »

Last Update 2017/02/22


2017年2月
最近の日記

最近の日記一覧へ »

最近のコメント
カテゴリー
タグクラウド
バックナンバー
関連するページ