« フォント君が久々に掲載されました | Blogホーム | 不振な動きをする CPU使用率 (問題編) »

予想以上にダサかったキーボード

予想以上にデザインが悪かった「Microsoft Wireless Laser Desktop 7000」。

こんにちは。新しいキーボードを購入する予定だった岩崎です。

今日は Microsoftの新しいキーボード「Microsoft Wireless Laser Desktop 7000」の発売日。Windows Vistaの Aeroを意識した半透明のデザインが特徴的。豊富なホットキーも魅力的です。

ただ、最終的に購入するのは断念するコトにしました。思っていた以上に、デザインが悪かったのです。

ついに発売されたというコトで、さっそくヨドバシカメラにて確認してきました。
写真の様子は良さそうでしたが、キーボードは実際に打鍵してみないと解りません。

…と思っていたのですが、実物を見たとたんに 打鍵する気力が失せてしまいました。

予想以上にダサい…。
透明な部分が とてもチープで、樹脂感たっぷり。こんなにオモチャっぽいとは想定外です。

仕方なく打鍵してみるものの、全体的にキーが奥まっていて ストロークも浅め。まるでパンタグラフを意識したメンブレン。最初からキーが沈んでいるようで、とても打ちにくい印象でした。

ホットキーのクリック感も、ぐにゃっとして微妙。
これは 14,800円も出して購入するキーボードではない気がします。

マウスの方は悪くなさそうだったので、期待していたのですが非常に残念。
結局、なにも買わずに帰ってきてしまいました。


シンプルながらも高級感のある ENERMAXのキーボード。

やはり、ENERMAXのキーボードが 1番良さそうです。
Microsoftは、優秀なドライバが魅力だったのですが、この際なので ENERMAXにチャレンジです。

前回はメッシュタイプを検討していましたが、スタンダードなモデルもある様子。
先日、実物を確認してきたのですが、シンプルながらも重量感もあるし良さげでした。Microsoftと違い、高級感があって良いですね。

カラーはブラックとシルバーがあるのですが、キーボード単体でみると断然ブラック。

ただ、今のデスクはホワイトベース。
これまで、ディスプレイもスピーカーも、ホワイトやシルバーなどの明るめの色を選択していました。

ココにブラックを取り入れるかが、実に悩ましいところ。
せっかくデザイン重視で購入するのだし、色の組み合わせなども配慮したいところですが、シルバーのキーボードには違和感があります。カラーの選択は、もう少し悩んだ方が良さそうですね。


…というコトで、ENERMAXの購入を検討しているのですが、まったく入荷の予定がないそうです。
一応、1ヶ月以上も前から取り寄せを行っているものの、未だに連絡がありません。

その為、実際の購入は、もぅ少し先の話となりそうです。

それでは、イチ早く入荷してくれるコトを祈りつつ、今日はこの辺で失礼致します。^-^/~

関連する日記

コメント

この日記には、まだコメントがありません。お気軽にどうぞ。

コメントする





※ HTMLタグは利用できません。URLは自動的にリンクされます。
※ 日本語を含めてください。英文のみのコメントはスパムと判断される恐れがあります。
※ 投稿したコメントが反映されていない時は、画面の更新を行ってください。

送信中...
この日記へのURL:
https://mushikabu.net/blog/2008/05/wireless_laser_desktop_7000.html
この日記へのトラックバックURL:
https://mushikabu.net/mt/mt-tb.cgi/294
※ トラックバックは承認後に反映されます。

« フォント君が久々に掲載されました | Blogホーム | 不振な動きをする CPU使用率 (問題編) »

Last Update 2017/02/22


2017年2月
最近の日記

最近の日記一覧へ »

最近のコメント
カテゴリー
タグクラウド
バックナンバー
関連するページ