« 四ツ谷か ときわ台で悩む 物件選び | Blogホーム | 3連休は断捨離に夢中 »

新しい住みかは ときわ台に決定!

ときわ台の駅前の様子。駅前にはTSUTAYAもあるし、まぁまぁ盛り上がってる…かな。

こんにちは。ときわ台のゲストハウスに決めた岩崎です。

先月から物件を見始めて、先週から実際に内見を始めている今日この頃。最後まで「四ツ谷」か「ときわ台」かで悩んでいましたが、「ときわ台」に決定しました。“板橋の田園調布”とも呼ばれてるそうです。

四ツ谷の立地は非常に魅力的だったのですが、当初のコンセプト通り価格を優先。少なくとも今の環境よりは都内に近いし、初めてのゲストハウスなのでムリをしない方向にしました。スグに引越ができるのもゲストハウスの特徴なので、もっと荷物を最適化してから 都心に繰り出す予定です。

生活を慣らしていく 準備期間として

ムダに巨大なデスクトップパソコン。2007年に撮影した写真。

今回の引越は、本格的なゲストハウスへの移行を進めるための “準備期間”としました。目標は家賃を抑えるコトですが、その為には もっと荷物を最適化して身軽になる必要があります。

デスクトップパソコンも、荷物を減らす上でネックとなっているので、こちらも準備期間で改善予定。
フルタワーのパソコンを組み上げてしまった為、どこに行くにも非常に不便でした。個人事業主として内職をしていた頃は大活躍でしたが、最近はまったく利用していないのが現状です。

これをノートパソコンに移行してしまえば、物件の選択肢が随分と広がります。荷物の最適化が進めば、より家賃の安いドミトリーも選択できるハズです。


また、普通の独り暮らしに戻りにくいというリスクもあるので、少し段階を踏みました。

基本的に洗濯機も冷蔵庫も すべての家電が揃っているのがゲストハウスなので、今回の引越で ほとんどの家電や家具を手放す必要があります。持って行っても置く場所がありません。
もう 10年以上使っている家電ばかりなので どちらにしても処分する予定でしたが、やっぱりゲストハウスがダメだった場合でも、家電を買い直す余力はありません。

その為、みんなでシェアを楽しむ!というイベント性の高い物件ではなく、ある程度 プライバシーが保たれている物件(今と生活環境が変わらないだろう物件)を選びました。数十人規模のコミュニティが完成している物件に、いきなり飛び込むのは辞めておきました。スグに引越ができるのもゲストハウスの魅力ですし、徐々に生活を慣らしていき 経験値を蓄えていこうかと考えています。

「麻布十番クラウド」という物件の写真。もちろん、今回の引っ越し先は こんなに豪華ではありません。

四ツ谷ではなく、ときわ台の物件を選択したのも、そんな理由から。
規模的にもちょうど良いですし、まだ 3人くらいしか入居者が居ないので入りやすいと感じました。シェアと言っても、とにかく色んな物件があるようなので、どのような物件が自分に合っているかも手探り状態。
例えば ラウンジが非常に充実しているソーシャルアパートメントなんかも楽しそうですし、実際に暮らしていきながら 今後の方向性を検討していこうと思います。


環境が改善する魅力

とにかく価格を重視していた今回の引越。ときわ台の物件に引っ越すコトで、毎月 10,000円以上の出費を抑えられる予定です。

気になる家賃は 48,000円。管理費どころか、光熱費やプロバイダ料金も含まれています。シャワーだけが有料ですが、3,000円/月なので、それを足しても充分に安い。共有部の備品も勝手に揃えてくれるので、トイレットペーパーなども購入する必要がありません。

敷金や礼金もないので、最初に発生するのは 9,000円のクリーニング代のみ。引っ越し代に 2万円くらいかかったとしても 3ヶ月で取り戻せる計画です。


通勤経路は 池袋で乗換が発生してしまいますが、大きな問題では無さそう。
ココ最近は 副都心線の終電に間に合わず、東武東上線で帰るのがデフォルト経路になっていたので、むしろ定期圏内になって良かったくらい。なんだかんだで 毎週池袋にやってきているので、池袋へのアクセス性も魅力です。地下鉄じゃないから iPhoneの電波も入りますしね。

なにより、今の物件よりも環境が改善するというのが 1番の魅力。
会社に近づくし、虫さんも激減するだろうし、木造から鉄骨鉄筋コンクリート造にグレードアップ。駅までの距離は 600mと、7分ほど歩きますが、1.5kmも歩かされる今の物件よりは改善されます。おまけに家賃も減るとなれば、とりあえず引っ越しておいて損はないハズ。猫ちゃんのイタズラともオサラバです。


副隊長の居ない引越し

本人以上に新居を楽しむ副隊長。とりあえず寝そべるのが恒例の行事でしたが…。

唯一痛手なのは、これまで引越を手伝ってくれていた かっぺ東京探検隊の副隊長が、実家に帰ってしまったという点。

和光市に引っ越してきた時もそうですが、常に副隊長が引越を手伝ってくれていました。思い返してみると、実家を出て初めての独り暮らしの時も、仙台を離れた時も、常に副隊長が手伝ってくれていました。まず最初にトイレでマーキングするのも副隊長だった気がします。

その為、今回が 初めての独り引越しですね。
今のアパートはエレベータがないので、とても独りじゃ運べそうにないし、これは業者さんにお願いするしかなさそうカモ。最近は 安い業者さんいっぱいあるし、日本通運ならヨドバシポイントも貯まるそうです。これは魅力的。

…と言うコトで、明日の午後には契約書を FAXする予定。年末年始に荷造りをして、1月上旬には引越してしまおうと計画中です。コメントや意見を送って下さった皆さま、本当にありがとうございます。

関連する日記

コメント

はまー (2011/12/19 22:08)

ウチの住所に微妙に似てるw

岩崎 仁 (2011/12/24 00:03)

ホントだ。ビミョーに似てるw

コメントする





※ HTMLタグは利用できません。URLは自動的にリンクされます。
※ 日本語を含めてください。英文のみのコメントはスパムと判断される恐れがあります。
※ 投稿したコメントが反映されていない時は、画面の更新を行ってください。

送信中...
この日記へのURL:
https://mushikabu.net/blog/2011/12/tokiwadai.html
この日記へのトラックバックURL:
https://mushikabu.net/mt/mt-tb.cgi/4616
※ トラックバックは承認後に反映されます。

« 四ツ谷か ときわ台で悩む 物件選び | Blogホーム | 3連休は断捨離に夢中 »

Last Update 2017/02/22


2017年2月
最近の日記

最近の日記一覧へ »

最近のコメント
カテゴリー
タグクラウド
バックナンバー
関連するページ