« 浅草&東京タワーで 2つの初体験 | Blogホーム | Mushikabu.net × Google »

SoftBankを解約してきましたイチ押し日記のマーク

SoftBankから発売された「キティケータイ」の広告。

こんにちは。 結局 SoftBankを解約するコトとなった岩崎です。

あまりにも使えない…というのが、正直な感想。恐らくソリが合わないのだと思います。まだ契約して 1ヶ月ちょいですが、5月からは auに戻るコトとなりました。

当分は SoftBankに魅了されるコトもないでしょう。

J-PHONE時代から乗り換える予定のなかった SoftBank。
au・DoCoMo・WILLCOM…と所有していながらも、SoftBankだけは契約せずに過ごしていました。

しかし、921SHをキッカケに乗り換えが決定。

ついに 3大キャリアを手にしたワケですが、SoftBankは 2ヶ月も保たずに解約するコトとなりました。


入力機能に不満があった 921SH

入力機能に不満が残る「921SH」。

921SHの入力に関する機能が、あまりにもお粗末。

レスポンスの悪さは言うまでもありませんが、特に 予測変換(近似予測)は痛々しい。
予測変換を ONにすると、さらに処理が遅くなるどころか、通常の連文節変換が行えなくなります。おまけに、予測候補は微妙な単語ばかり。

しかたなく予測変換は OFFにしますが、変換効率も非常に悪く、実用的に耐え難いものがあります。

一般的には気が付かれにくい部分ですが、メールを多用する自分には不向きの端末。特に ATOKのカシコさを知っているだけに、その差をハッキリと感じます。

決して悪い機種ではない 921SH。
外で見やすい液晶パネルなど、隠れた魅力も少なくありません。

ただ、文字入力は基本的な機能。それだけに使い勝手が悪いのは残念です。


SoftBankへの不満

SoftBankの多くは SHARP製。

機種が問題であれば、機種変更をすれば良いだけの話。

ただ、9万円近い価格で発売されていた上位モデルだけに、この機種を上回るような機種が見あたりません。

そもそも、SoftBank端末の多くは SHARP製。ダントツ的なシェアを誇るメーカーだけに、SHARPが合わないとなると、SoftBankを継続していくのは難しいと感じました。

また、SoftBankのサービスの一貫性のなさにも戸惑いを感じています。

様々なサービスは提供されているモノの“されっぱなし”という状態で、SoftBank側で監視を行っているような様子がありません。各社が勝手にサイトを開設し、勝手にサービスを提供しているような印象。
良く言えばオープンな環境とも思えますが、悪く言えばメンテナンスがされていないとも言えます。

多くのサービスが DoCoMoの使い回し。
特化したサービスというのが見受けられず、SoftBankを継続する意味を見いだせませんでした。

それにメールの遅延や、電波の悪さも目立ちます。

一般的に SoftBankは電波が悪いと言われますが、基地局が少ない為。利用できる基地局数が、他キャリアに比べると圧倒的に少ないのです。ずっと auも一緒に持ち歩いていたのですが、SoftBankだけが圏外というのは珍しい光景ではありませんでした。

細かいサービスうんぬんは妥協したとしても、電波が入らないのは致命的。携帯電話そのモノとして、利用するコトができません。


値段相応のサービス

おサイフケータイなどとは無縁の WILLCOM。

完全に割り切って利用するような WILLCOMと違い、一通りのサービスを受けるコトができるのは、“携帯電話”である SoftBankの魅力。

しかし、多くのサービスが不十分であるコトは否めません。まさに「値段相応」という感じ。信頼のおけるサービスが少ないです。

決して SoftBankを批判しているワケではなく、単純に自分に合わなかったのです。生活の多くを携帯電話に頼ってしまい、依存率が高まってしまった自分にとっては、不十分なキャリアでした。

購入して 1ヶ月程度でしたが、日常生活に支障が出てくるため、今回の解約が決定しました。

もちろん、値段を重視するなど SoftBankへのニーズは必ず存在します。
一概に SoftBankがダメというワケではなく、自分の使い方にあった選択をするのが 1番良いと思います。


またも auへ

とりあえず戻ってきた「W53CA」。

会社の帰りに解約処理を行ってきました。
新スーパーボーナスなどに加入しなかったコトもあり、解約料などはかからず 10分ほどで手続きが完了。

結局、auに戻るコトにしました。
最初は、今度は DoCoMoに…と思ったのですが、良い機種がなかったので断念。仕事も忙しく遊んでいる余裕もないので、とりあえずは auに戻ってきました。

一部の人にしか SoftBankのアドレスを教えていなかったので、「アドレスが元に戻りました」メールは簡単に済んだモノの、多くの人が SoftBankのアドレスを登録していませんでした。
「スグに解約すると思っていたよ」など、知り合いの大半が解約を予想していたようです(笑)。

せめて半年くらいは利用する予定だったのですが、皆さんカンが良いですね。

なんとなく地味な auなので、思わず DoCoMoや SoftBankに乗り換えてしまいそうになるのですが、auもなかなか考えられているキャリアだったコトを感じました。921SHの機種代はイタイですが、良い経験になったと思います。

…と言うコトで、明日からは auが復活。改めて auの良さを感じながら、今日はこの辺で失礼致します。^-^/~

関連する日記

コメント

マジェント (2008/05/02 09:26)

やはりユーザとキャリアとの向き不向きというのは大きいですよね。うちはキャリアとしてソフトバンクが合っているので長期間に渡って使い続けて現在に至っていますが、岩崎さんがおっしゃっているように、どうしても合わないというユーザもいるわけで、どのキャリアを選ぶにせよ、結局は向き不向きなんですよね…。

シャープはドコモ向けやau向けも含めて全般的に日本語入力機能があまり良くないので、どうしてもダウンロード辞書が頼みの綱になってしまいます…。シャープがメーカーサイトで配布しているものや個人ユーザが作成して配布しているものが多数ありますので、有効に活用しています。

解約された後のアドバイスになってしまい大変申し訳ありませんが、今後何らかの形で参考になればと思います。

…この文も921SHで入力してますが、結構もっさりしてて大変っス!!

岩崎 仁 (2008/05/02 10:57)

>マジェントさん
コメントありがとうございます。ヤヤコシクなる恐れのある日記なので、最初のコメントがマジェントさんで助かりました。

あのキャリアが悪いとか、このキャリアが良いとか、個人的な会見で言い争うコトはしたくなかったので、とても嬉しいコメントです。

やはり向き不向きはありますよね。
マジェントさんのように向いている人もいるワケで、3大キャリアの方向性の違いは意味があると思います。

ダウンロード辞書も さっそく活用性はしてみたのですが、活用順序が悪いので、ノイズになるコトも少なくなかったです(泣)。さっそく利用してますよ-!的な出しゃばりがキツいw
ATOKは、利用してるの?というくらいにさりげないので。

はまー (2008/05/02 19:33)

ほ~、解約したんだ。 珍しいw

岩崎 仁 (2008/05/03 00:37)

DoCoMoは今後契約する予定もあるので残っているのですが、SoftBankは継続する意味がなさそうだったので解約しました。
長期割引などもなさそうですしね。

それに、さすがに 5回線は不要かなぁ…とw

ばなな (2008/05/03 10:28)

こんにちは。
ソフトバンクに関する御意見とっても参考になりました。
反撃?を気にされているようですが、岩崎さんの文章からそのような印象(ソフトバンクの悪口を言っている等)は感じませんよ。心配御無用です。
むしろ、いちユーザーとしての素直な感想…「自分には不向きだった」というのが伝わってきます。高額な出費をされたのに、痛い学習費でしたね。
でもこれだけ携帯に詳しい岩崎さんのこと、今後の「その人に合った正しいキャリア選び」に関しての助言力はUPされたことと思います。

私は今までドコモとauしか使ったことがありません。
現在はauユーザーですが、「足あと」に書かせていただいたようにドコモへのMNPを検討しています。理由は家族間通話無料サービスw
離れた家族と無料で通話できるのはありがたいですし、そういう環境を作ることが親孝行にもつながるかな?と勝手に思っています。今のところ他には何のメリットも思いつきませんが、2年もつならドコモ?なんていう偏見もあります。
それというのも、はじめて携帯をもったときから『憧れのドコモ』 『手頃なau(関西セルラー)』という強いイメージがあるからです。
一度は憧れのドコモを手にした私ですが、およそ6年前にauに乗換えました。ネット情報で調べてauのメールの便利さを痛感したためです。
PCへの無料転送は、なくてもいいのですがあればかなり重宝します。それにドコモと比べてリトライが抜群にイイ!これは感動的でした。ドコモ(初FOMA)に戻って最初に不満に感じる点は、間違いなくこの「メールリトライ機能」でしょうね。
ここだけはあらかじめ覚悟の上でお引越ししようと思います。

ただ、岩崎さんも書かれているように、最近のauは地味ですね。
機種変するにも魅力を感じるモノが見つかりません。
私が携帯に求めるのは、1:メールの使いやすさ、2:カメラ機能、3:ワンセグ(&防水)ですね。
お風呂でテレビが見れるW61CAが理想的です。
でも欲を言えば、というかドコモ機種を見るようになってからは、もう少し画面が大きくてもいいんでは?なんて思うようになりました。求めてばっかりな私です。

長々と長文で申し訳ありません。
auもドコモも夏には新機種が出るとのこと。
どちらに転ぶかわかりませんが、納得のいく機種に出会えるといいなと思います。
岩崎さんの今後の携帯ライフ、とっても興味があります。これからもROMさせていただきますのでよろしくお願いします。

サターン (2008/05/03 10:46)

まさか、そんなに短期で解約するとは思っていませんでしたが、人それぞれですよね。

ソフトバンクの今現状が参考になりました。

私は勿論W61Sですよ。
フフフ・・・。

岩崎 仁 (2008/05/03 15:59)

>ばななさん
温かいご意見ありがとうございます。
足あと掲示板では書ききれないコメントだったので、こちらにもコメントしていただいて助かりました。

「その人に合った正しいキャリア選び」という部分、とても嬉しい言葉です。
昔から、キャリアのカラーは大きく違っていて、その人にあったキャリア選びがとても大切だと感じています。今回の SoftBank事件?で、その大切さを改めて痛感しました。この経験が、Blogに反映できればと考えています。


auの地味さは、恐らくなかなか改善されなさそうです。

…というのも、auは、昔から DoCoMoと共に成長してきました。
DoCoMoがあって、auがある。DoCoMoユーザーになりきれないユーザーを、auがキャッチするようなビジネスモデルでした。

その結果、ずっと 2番手という状況が続いていたワケですが、数年前に逆転しようと考えました。そのおかげで、一時的に盛り上がったような印象を得ましたが、結局は DoCoMoを超えるコトができません。

もともと auの性質が 1番手向けではないし、最近の auはそれを理解(失敗と認識)しているようです。


MNPの失敗から、DoCoMoへ乗り換えるコトを時代と逆行しているという意見がありましたが、それはマスコミの影響かな?と感じています。
もともとシェアが大きい DoCoMoですから、同じ割合で MNPを行われても どうしても DoCoMoが負けてしまいます。それに、DoCoMoは MNPされやすい状況にあった上、auが「勝った!」といった表現を行ったため、「DoCoMoの一人負け」という評価になりました。

多くの人が、その評価に踊らされている状況ですが、DoCoMoはそこまで深刻には考えていないように思えます。
それどころか、その意見をうまく利用して、ブランドの一新へと繋げています。この辺のマスコミの動かし方のうまさは、さすが DoCoMoです。


新機種は気になるところですね。
恐らく、DoCoMoには魅力的な機種が多いでしょう。
現在の auはKCP+の不具合対応で精一杯ですから、そこまで新機種が練られているようには思えません。逆に DoCoMoは新ブランドとしての初の機種となり期待が持てます。

“来年”の夏モデルには、両者の機種が落ち着くと考えています。その時がキャリア選択の時期なのかな?と、勝手に考えています。

以上、色々と書きたいコトがあったのですが、とてもこのコメント欄では対応しきれませんでしたw

岩崎 仁 (2008/05/03 16:03)

>サターンさん

自分でも、ココまで早く機種変更するとは思ってもいませんでした。
浅草に遊びに行ったのがキメテですね。ナビウォークが使えず非常に不便でした。

W61S、ついに発売ですね!!!!

…でも、あの巨大さは持ちきれません(泣)。
最近は手頃なデジカメも多いので、携帯とデジカメを分離しようかな?と計画中です。

そして、岩崎は W62S購入…とw

ばなな (2008/05/04 22:21)

私へのレスどうもありがとうございました。

auの地味さはしばらく続くようですね。
ま、仕方ないかな?とは思います。それも岩崎さんの説明のおかげですけどw
来年の夏まで待てそうにないので、今年の夏に結論を出そうと思います。

>DoCoMoユーザーになりきれないユーザーを、auがキャッチするようなビジネスモデル

なるほど!と思いましたw
うますぎる表現です。
そういう意味でキャッチされたauユーザーは、ドコモに戻っても不満が多いんでしょうね。
私がドコモに移ることになるときは、そういう利点をいくつかあきらめなければ・・・と思っています。

岩崎 仁 (2008/05/05 01:09)

auはネーミングセンスの悪さも相まって、ますます地味に見えます。
「WIN」が発表されたときのガッカリ感は、未だに忘れませんw


そう言うビジネスモデルの結果、DoCoMoと auでは随分と方向性が異なります。
auから乗り換える場合は、ある程度の割り切りも必要になります。それができないと DoCoMoを使い続けるのは難しいと思います。

もちろん、普通に利用する分には問題はないとは思いますが。。。

ばなな (2008/05/05 13:15)

WIN発表時は、そんなにガッカリされたのですか?
私は「au」だった頃のロゴが、あんまり好きではありませんでしたね。
ちょうど2台目を買った頃に「au by KDDI」と変わってくれたのでホッとしたものです。
WINもFOMAも私にとっては同じです。
今でも「通信方式が違う」ということくらいしかわかりません。

昔はキャリア比較サイトなんていうものもけっこうあったのですが
今は見当たりませんね。キャリア替えし放題な今こそ、あのようなサイトが役に立つと思うのですが…。逆に、簡単に元に戻れてしまうからこそ必要性がなくなっているのでしょうか…。
そんなわけで、岩崎さんのHPはかなり昔から拝見させていただいております。
ROMしてるだけでも、携帯に関するいろんな情報が入ってきて重宝します。

auからDoCoMoへの乗り換えは、ある程度の割り切りが必要とのこと。そうですよねw
6年前にドコモからauになったときに感じたメリットは全て捨てる覚悟が必要かなとは思っています。
時代に逆行、と書きましたが、たしかにメディアに踊らされて使った表現でもありますが、私の中ではまだauがNo.1なんですよね。
やっぱりメールのリトライ=信用性、と思ってしまう私です。
電波問題だけなら、もうDoCoMoもauもそんなに大差ないでしょう。
何気にP905iが良いと思ったのですが、横向きに写真を撮る時に苦労しそうな点でどうしても妥協できませんでした。個人的な事情もあり、今は完全に機種変のタイミングを逃してしまったので、このまましばらくはW51CAで待機します。

岩崎 仁 (2008/05/05 14:25)

ネーミングの話ですが、WINが登場したときは とてもガッカリしました。

2003年、DoCoMoが FOMAに苦戦している頃に登場したのが「WIN」でした。
前々から登場はアナウンスされていたのですが、新しい通信方式を採用するなど、当時としては期待の存在でした。その通信方式を採用するコトで、定額制という当時では画期的なサービスが実現する可能性を秘めていたからです。

そして、いよいよ発表。これで DoCoMoも敵じゃないぜ!…と意気込んで情報を確認したら、「WIN」というブランド名にガッカリしました。ウィンって…。勝っちゃったよ…みたいな。

それより数年前に登場した FOMAの方が未来性を感じます。
その頃から、auのネーミングセンスには諦めを持っていますw


最近は比較しきれないというの現状だと思います。
特に MNPで、各キャリアが同一のサービスを提供するようになったので、見かけではわかりにくい部分が増えています。そこを比較するのは難しい上に、そこまでマニアックな情報を求める人も少なくなったというのが現状だと思います。
(私のサイトなんて まだまだ氷山の一角ですよ…)

メールをする上では、やっぱり auですよねぇ。メールを多用するので、なかなか DoCoMoには切り換えにくいです。
もちろん、auから DoCoMoにする上でのメリットも存在するので、決して悪化するだけではありませんが。

W51CAも良い機種ですから、まだまだ活用できる機種だと思いますよ。

コメントする





※ HTMLタグは利用できません。URLは自動的にリンクされます。
※ 日本語を含めてください。英文のみのコメントはスパムと判断される恐れがあります。
※ 投稿したコメントが反映されていない時は、画面の更新を行ってください。

送信中...
この日記へのURL:
https://mushikabu.net/blog/2008/04/softbank_close.html
この日記へのトラックバックURL:
https://mushikabu.net/mt/mt-tb.cgi/271
※ トラックバックは承認後に反映されます。

« 浅草&東京タワーで 2つの初体験 | Blogホーム | Mushikabu.net × Google »

Last Update 2017/02/22


2017年2月
最近の日記

最近の日記一覧へ »

最近のコメント
カテゴリー
タグクラウド
バックナンバー
関連するページ