« WipEout HD の為に PLAYSTATION 3 を購入! (プレイ編) | Blogホーム | 日本百景の筑波山に登る »

SoftBankに CASIO端末が登場

auに続いて発表された SoftBankの秋冬モデル。今回は「Touch」がキーワード。

こんにちは。 珍しく SoftBankの新モデルに注目してみる岩崎です。

先日、auの秋冬モデルが発表されましたが、続いて SoftBankからも秋冬モデルが発表となりました。
auユーザーとしては、やっぱり気になるのが CASIOの存在。これまで auだけに端末を供給していた CASIOが、ついに他キャリアにも参入したというコトで、その端末は非常に気になるところです。
NECのソフトウェアを利用しているそうですが、写真を見る限りでは良さそうな感じです。良い意味で CASIOらしさも残っており、最近の au端末よりも魅力的な気がしてなりません。

SoftBankならではの 手堅いラインナップ

高解像度の液晶を搭載する「FULLTOUCH 931SH」。液晶のSHARPならではのモデル。

今回の秋冬モデルは「Touch」がキーワードになっているようで、その他にもタッチ式の液晶を搭載するモデルが多数発表されています。OMNIA 930SCTouch Diamond X04HTなどは、そんなコンセプトを強化するモデルたち。

1番の主力モデルは、もちろん FULLTOUCH 931SH
3.8インチという大型液晶は、マルチタッチに対応したタッチパネル。しかも、1,024×480という高解像度。液晶だけに注目しても、ハイスペックさを感じる 実に豪華な仕様です。
“液晶のSHARP”に相応しいモデル。
6軸加速度センサーや 地磁気センサーを搭載し、新サービスの「モバイルウィジェット」にも対応。様々な機能を詰め込みつつも、コンパクトな携帯性を実現している点も 大きな魅力です。

ただ、奇抜なモデルだけではなく 一般的なモデルも発売されており、実に手堅いラインナップ。
W63CA対抗となる 高解像度カメラを搭載した 930SHも用意されている辺りは、さすが SoftBank。挑戦的に見せておいて、外すところは外さない。抜かりは無さそうです。


良き時代の CASIOを彷彿させる 830CA

特にオレンジは CASIOらしいカラーリング。

830CAが、今回 SoftBank初となる CASIO端末。
最近の(ダメな) CASIOというよりも、魅力的な端末を出していた頃の CASIOを感じさせるデザイン。主に女性をターゲットにしているという時点で、以前の CASIOを彷彿させます。

A3012CAA5302CAなど、あの頃の CASIOも、女性をターゲットにしていた端末がメインでした。あの頃の CASIOが大好きだった自分としては、それだけで嫉妬してしまいます。

内部のソフトウェアには NECと共通のモノを利用しているそうですが、人気のアデリーペンギンを採用するなど 気合いは十分。早くも CASIOらしらが溢れています。

改めて W63CAを確認しましたが、比べてみると やはり魅力が薄い。
最近の傾向を見ても あの頃の CASIOは戻ってきてくれそうにありませんし、ますます 830CA が魅力的に見えてしまいます。ただ、921SHiPhone 3Gと 立て続けに失敗しているので、当分は SoftBankを契約する予定はありません。

今後、docomoにも端末を供給してくれるコトを期待したいと思います。


auの秋冬モデルは docomoの前夜祭に終わるのか

W63CAで秋冬戦略を乗り越えられるか?

docomoの秋冬モデルは、来週に発表を予定しているようですね。
これまでの 90xシリーズなどを廃止して、新たなラインナップを展開。かなりの数を発表する予定だそうです。ただ、実際には春モデルも含まれているそうで、秋冬モデルだけをみると そこまでの数ではないそうな…。

ただ、一気に魅力的なモデルを発表してくるインパクトは大きそうですし、SoftBankの秋冬モデルの話題が持つのも docomoが発表されるまでの数日間のような気がします。auの秋冬モデルなどは問題外。docomoの新機種発表までの前夜祭にしか過ぎず、あっという間に忘れ去られてしまいそうな気がします。

auは春モデルで型番を一新。CA001HI001となるようですが、そこまで auが持つかが心配。今以上に失速していなければ良いのですが…。

…と言うコトで、今後の auに期待しつつ、今日はこの辺で失礼致します。^-^/~

関連する日記

コメント

サターン (2008/11/05 14:41)

今ケータイウォッチを見たら、ドコモの新機種の発表がありましたね。
4つのシリーズに分けられての展開ですが、個人的には魅力的な端末はありませんでした。
4つのシリーズの展開も消費者に浸透するには時間がかかりそうです。
今改めてみると新型番も分かりづらい感じだし。

私は多分、価格が下がった頃にオークションでW63CA
を購入すると思います。

auでは正式発表前の機種も幾つか控えている様ですから、こちらにも期待したいです。

岩崎 仁 (2008/11/06 02:32)

5日が発表の日と聞いていたので、私もチェックしていました。

4シリーズの展開は予告通りですが、なかなか未来を見据えた対応ですね。詳細は別記しますが、さすが docomoだなぁ…と感じるラインナップでした。
個人的には気になる端末もあったのですが、このままだと自分も W63CAを購入する結果となりそうです。。。

auは春モデルで一新する予定のようですね。au自身も、次のフェーズを戦略的な区切りとして考えているようです。
新学期や入社など タイミング的には良いのですが、夏や秋冬などを手抜きしただけの価値があるのかは微妙なところのようです。

コメントする





※ HTMLタグは利用できません。URLは自動的にリンクされます。
※ 日本語を含めてください。英文のみのコメントはスパムと判断される恐れがあります。
※ 投稿したコメントが反映されていない時は、画面の更新を行ってください。

送信中...
この日記へのURL:
https://mushikabu.net/blog/2008/10/softbank_casio.html
この日記へのトラックバックURL:
https://mushikabu.net/mt/mt-tb.cgi/450
※ トラックバックは承認後に反映されます。

« WipEout HD の為に PLAYSTATION 3 を購入! (プレイ編) | Blogホーム | 日本百景の筑波山に登る »

Last Update 2017/02/22


2017年2月
最近の日記

最近の日記一覧へ »

最近のコメント
カテゴリー
タグクラウド
バックナンバー
関連するページ