« かっぺ隊で 勝浦を攻めてきたの巻! | Blogホーム | 初めての 板橋区立図書館 »

襲撃!2011 神宮外苑花火大会

グループならではの楽しみができた「2011 神宮外苑花火大会」。

こんにちは。神宮外苑花火大会に行ってきた岩崎です。

8月の第1土曜日は市川市民納涼花火大会の日なのですが、震災の影響で まさかの中止。代わりに よこすか開国祭 開国花火大会に行こうと思ったのですが、グループで花火大会が観たくなったので 神宮外苑花火大会に足を運んでみるコトにしました。

今年の軟式球場にはゲストの出演はありませんでしたが、花火や会場の様子などは 以前の日記の方が参考になるカモ知れません。

公式 Webサイトでは、中止を案内するメッセージ。ナゼか 2009年になってますが…。

基本的に平日に行われていた神宮外苑花火大会ですが、集客的な問題からか 珍しく土曜日に実施。
それだけでも集客率が高まりそうですが、今年は中止になる花火大会が多く、1つの花火大会に集中しがちです。

先日行ってきた 葛飾納涼花火大会では、最寄り駅が例年以上の大混雑。いつものノリで向かったら、後半しか鑑賞できないという残念な状態でした。

ただ、神宮外苑花火大会の場合は 交通機関に選択肢があるので、そこまで駅が混雑するような印象はありません。また、軟式球場のチケットも購入しておいたコトから、大きな混雑に巻き込まれるコトもなく鑑賞できました。

あえて言うとすれば、男だけが集まってしまうという手配ミスが最大のトラブルだったでしょうか。


念願のグループ参加

軟式球場の写真。あまりにも写真が無かったので 以前の写真を引用です。

グループで花火を観るなんて、本当に数年ぶり♪
以前の日記でも触れていますが、みんなでワイワイ盛り上がるのには 神宮外苑花火大会の 軟式球場が最適です。

チケットも手頃で確保しやすく、都心部なのでアクセスしやすい。レジャーシートも配布されますし、なにかしらのイベントも行っているなど 花火以外の要素が多いのも魅力。花見感覚のような気軽さで 花火が楽しめます。

…というコトで、今年はチケットを 5枚ほど購入。
とりあえず 知り合いの子に話を持ちかけてみたのですが、結果として 男男女男…という残念過ぎる構成に。女男女男女という構成になる予定が、どうしてこうなったのか(泣)。
さすがに女の子が 1人では可哀想だと 急きょ電話をしてみるものの、当然ながら捕まらず。そもそも、今から向かっても花火に間に合う可能性も低く、そのまま会場に向かうコトにしました。


小玉ながら楽しめる花火大会

大きな花火は上がらない反面、演出の工夫は観られます。

会場に入ったのは 30分前。
そこから飲み物などを購入し、席を確保した頃には 10分前でした。なんとか通路の端を確保したところ、偶然にも花火の真正面。十分に花火を楽しむコトができました。

都心部で打ち上げる花火のため、玉の大きさは小ぶり。3号玉くらいでしょうか。協賛社ごとにグループ分けされているので、「次は ぴあの提供で…」と案内を挟みながら打ち上がる形式も従来同様。

どかーん!と視界を埋め尽くすような花火が打ち上がるコトがないため、江戸川などの花火と比べると迫力は劣ります。
純粋に花火を楽しむ場合は 少し物足りなさが残る花火大会ですが、抽選大会などの催し物を楽しめるのも 神宮外苑花火大会の醍醐味。今年の軟式球場には ゲスト出演がなかったのですが、神宮球場のステージを巨大スクリーンに同時中継していました。


終わりよければ すべてよし?

もっと様々なところを写真に収めてくれば良かった…と、写真を見返して反省中。

こうして、まったく出会いのない花火大会が終了。
まさか野郎だけが揃ってしまうとは残念すぎる状態。以前は仲間と出会えないなど、神宮外苑花火大会は なにかとトラブルが多いですねw

しかし、結果としては楽しい会だったと思います。やろう同士で集まってしまった瞬間、そのまま解散しようかとも思いましたが、面白いメンバーだったし、グループならではの楽しみも味わえました。また 1つ、記憶に残る花火大会に参加できたのかなと感じます。

会場を去る際に、中村雅俊がバラード的な曲を歌っていたのが印象的。

次回は 13日(土)の熊谷花火大会ですが、ずいぶんと退屈な印象があるので、向かうかどうか微妙なところ。やはり、市川市民納涼花火大会が中止になってしまったコトによる モチベーションへの影響は大きいですね。

…というコトで、来年こそは市川の花火が見られるコトを期待して、今日はこの辺で失礼致します。^-^/~

関連する日記

コメント

はまー (2011/08/08 04:24)

とうとう『ぴあ』も休刊か~・・・

岩崎 仁 (2011/08/13 12:55)

>はまーさん
あんまり紙面のぴあって見たコトがないので、なんとも感情移入しにくいでございます。。

はまー (2011/08/13 18:46)

あ~・・、そう。

岩崎 仁 (2011/08/15 02:55)

なんか期待にそえない回答で、大変申し訳ないですw
紙より Webを活用して生きてきたモノで。(>_<)

ビバら☆パース (2011/08/17 00:25)

私の地元の花火大会も協賛社ごとに順番に打ち上げていく形式なんですが、あれってなんか微妙ですよね…
おっあそこの会社のはすごいな、みたいな感じで、
なんか花火を純粋に楽しめないというか…
まあしょうがないんですかね〜。

岩崎 仁 (2011/08/19 09:56)

>ビバら☆パースさん
コメントありがとうございます!
なんか地方に進めば進むほど、協賛社ごとに打ち上げる花火が多い気がします…。

大手さんならまだしも、「○○ちゃん、誕生日おめでとー!」どーん!みたいな個人協賛だと、ますます残念な花火が打ち上げるので より純粋に楽しめなくなりますね。

コメントする





※ HTMLタグは利用できません。URLは自動的にリンクされます。
※ 日本語を含めてください。英文のみのコメントはスパムと判断される恐れがあります。
※ 投稿したコメントが反映されていない時は、画面の更新を行ってください。

送信中...
この日記へのURL:
https://mushikabu.net/blog/2011/08/fireworks-jinguhanabi.html
この日記へのトラックバックURL:
https://mushikabu.net/mt/mt-tb.cgi/4582
※ トラックバックは承認後に反映されます。

« かっぺ隊で 勝浦を攻めてきたの巻! | Blogホーム | 初めての 板橋区立図書館 »

Last Update 2017/02/22


2017年2月
最近の日記

最近の日記一覧へ »

最近のコメント
カテゴリー
タグクラウド
バックナンバー
関連するページ