« 早くもイルミネーションが輝く池袋 | Blogホーム | ラインナップを一新した docomoの秋冬モデル »

家計簿ソフトの再構築を計画中

現在利用している家計簿ソフト。おこづかい帳なみの機能しかありません。

こんにちは。 家計簿の変更を検討している岩崎です。

2000年から家計簿を付けています。1円単位で付けており、ほとんど狂いはありません。過去 8年間の入出は、いくらでも遡るコトが可能です。

家計簿ソフトは自作のモノを利用。ただ、最低限の機能しか備えていないため、ココ最近の変化に対応しきれていないという問題が発生していました。
変化する資金繰りに対応できず、正確な管理が行えていないのが現状です。破綻しつつある家計簿を立て直す為、家計簿ソフトの再構築を計画するコトとなりました。

家計簿を付け始めた当初、優秀な家計簿ソフトが見つからず 自作してしまったのが全ての始まり。それから何度かのバージョンアップを繰り返し、市販ソフトに乗り換えないまま過ごしてきました。
結局、自分で作成した方が入力しやすいし、融通が利きます。毎日利用するソフトなので、ストレスなく利用できるコトが、これまでの継続に繋がっていると思います。

ただ、変化する資金繰りに対応できず、正確な管理が行えていないのが現状です。
作成したときは十分でも、成長とともに運用する資産*1が増えてしまい、とても現在のソフトでは対応しきれません。もともとお小遣い帳としてスタートしたソフトなので、複数の資産を管理するには不十分です。

新たにバージョンアップを行えば良いのですが、根本的に作り直す必要があり時間と手間がかかります。
年末が近づきつつある上に、Blogの更新さえも遅れている状況下では、とても開発の時間は取れそうにありません。

*1
この場合の「資産」とは、お金に換算できるものは全て資産として考えるコトとします。銀行やカードなどはもちろん、Edyや Suicaのチャージ分も資産。銀行ローンなども試算として考えます。


市販のソフトも検討してみましたが…

取っつきにくい Microsoft Money。色々と機能はありそうですが…。

これ以上 Blogに影響するようなタスクは増やせません。より簡単に状況を打破できないかと、市販ソフトの検討も行いました。

しかし、自作ソフトを利用する結果となりそうです。色々と検討してはみたのですが、なかなか納得できるソフトウェアを見つけるコトはできませんでした。

  • 入力しやすい
  • 外出先でも入力できる
  • 複数の資産を管理できる
  • 10年先も利用できる
  • インターフェースが綺麗

これらは、市販のソフトに求める条件。
これらの条件を満たすソフトがあればベストなのですが、そう簡単に見つからないのが現状です。

オンライン家計簿。ネットで入力できるのは便利ですが、インターフェースがイマイチ。

総合的に資産を管理するという点で、とりあえず Microsoft Money をインストールしてみたのですが、実に難解。入力も手軽ではありません。そもそも現金管理は推奨されていませんでした。
外出先でも入力できる、オンライン家計簿的なサービスも見つけたのですが、インターフェースが微妙。なにより 10年先も運営しているかが怪しいです。

家計簿を紹介しているサイトなどからも情報を収集していたのですが、イマイチ観点が違う。
8年間、ずっと自作ソフトで管理していたコトもあり、自分の定義する“家計簿”は 随分と独自性を帯びる結果となっていたようです。
そんな独自性に対応できる家計簿が市販されているワケがありません。この数ヶ月間、ずっと探していましたが、結局は自作ソフトを開発する方向で落ち着くコトとなりました。


すべてを管理する家計簿の重要性

やはり、複合機の 2台購入は余計だったか?

8年間も利用していた家計簿ソフト。
少しずつ運用が難しくなっていたのは確かですが、それでも使い方を工夫するなどして利用し続けていました。

混乱のキッカケとなったのは事業主を辞めたコト。
正社員になったのをキッカケに、会社が指定する口座が増え、資金が分散。資金の流れも大きく変わり、対応しきれなくなってきました。

また、収入が激減したために 家計簿の重要性が増していました。
事業主の時で ようやくバランスが取れている状態だったので、正社員では入出のバランスを保つのが困難です。半年以上が経過し、少しずつマイナスが嵩んでいます。

そこに、Netbookやら PS32台の複合機までも購入してしまったため、一気に資金難に陥ります。今月は早くも撃沈。半年分のツケも巡ってくる時期なので、来年の 3月くらいまでは資金難が続きそうな予感です。

こんな状況を打破するため、全体的な資産や負債などを総合的に管理する家計簿を必要としています。
現金や口座だけではなく、クレジットカードやカードローン、さらには電子マネーまでも管理。それらの情報を様々な方向で集計できるような、柔軟な家計簿を計画中です。


家計簿ソフトの再構築に向けて

家計簿ソフトの再構築は、フォント一覧印刷君のバージョンアップに繋がっていく(?)。

改めて、家計簿ソフトを再構築するコトとなったワケですが、あまりゆっくりと開発をしている時間もありません。
家計簿の問題は数ヶ月前から発生しており、既に家計簿は破綻状態。既に正しく管理できていない状態にあるのです。

そして今月、ついに家計簿の入力がストップします。
8年間、毎日のようにつけていた家計簿を中断。それだけ現状の家計簿では対応できない状態にありました。

そもそも、現在の家計簿を作成したのは 19歳の時。とても将来を見据えるコトはできませんでした。
当時は十分だったとしても、現在の状況では不十分です。ココまで管理する資産が増えるとは考えていませんでしたし、電子マネーの日常化など 資金繰りの状況も随分と変化してきました。再構築の時期が来ていることは確かです。

それに、再構築する価値は十分にあると考えました。
SEとしてシステムを設計してきた経験を活かす時でもありますし、久々に開発を行って フォント一覧印刷君のバージョンアップにも活かしていければと考えています。

久々に着手する .netの開発。

ココ数年、仕事でもプログラムを行う機会が減ってしまい、プログラミングをした記憶がありません。
その為、突然 フォント君のバージョンアップを行おうとしても、失敗しそうな予感がします。.net…というか、プログラム自体を思い出す意味も込めて、家計簿の再構築は手頃なプロジェクトです。

唯一の問題は、開発する時間が取れそうにないコト。
この問題はとても難しいのですが、このまま家計簿がつけられない状態では困ります。なんとか改善しなければイケません。

今後 10年以上に渡って利用でき、拡張性のある仕様を目標として 再構築する予定。またも寝れない日々が続きそうです。

…というコトで、無事にソフトウェアを開発できるコトを祈り、今日はこの辺で失礼致します。^-^/~

関連する日記

コメント

この日記には、まだコメントがありません。お気軽にどうぞ。

コメントする





※ HTMLタグは利用できません。URLは自動的にリンクされます。
※ 日本語を含めてください。英文のみのコメントはスパムと判断される恐れがあります。
※ 投稿したコメントが反映されていない時は、画面の更新を行ってください。

送信中...
この日記へのURL:
https://mushikabu.net/blog/2008/11/household-account.html
この日記へのトラックバックURL:
https://mushikabu.net/mt/mt-tb.cgi/453
※ トラックバックは承認後に反映されます。

« 早くもイルミネーションが輝く池袋 | Blogホーム | ラインナップを一新した docomoの秋冬モデル »

Last Update 2017/02/22


2017年2月
最近の日記

最近の日記一覧へ »

最近のコメント
カテゴリー
タグクラウド
バックナンバー
関連するページ